子どもが一人で遊べるようになることのメリット

27 2月, 2019
一人で遊ぶことは子どもが自主性、自信、想像力を高めるのに非常に役立つことなのです。

親は子どもが家で一人で遊べるように促すべきです。そうすることで新しいスキルを発見し、今ある能力を高めることになるのです。

一人で遊べるようになることは子どもの認知的発達に欠かせないツールであり、子どもの自立性と自主性を高めてくれます。

そうするように子どもを励ますことで、子どもは間違いを犯すことを恐れずに自分で決断できるようになります。また、自分の想像力や空想を使って新しい世界を探検することにも役立ちます。

一人で遊ぶのが好きではない子もたくさんいますよね。怖くなってしまい、親の存在を探してしまうのです。他の人に依存しすぎている人になってしまうので、これは長い目で見るとあまり好ましくないです。

しかし、いつも一人で遊んでいるのも良くありません。そうすると子どもが他の子と関わることを制限することになり、社会への適応や統合をしにくくしてしまいます。常にバランスが必要なのです。

子どもが一人で遊べるようになると、個人的なレベルで利点があります。子どもがグループで遊ぶときにも、他の子と通じ合い、社会スキルや言語スキルを伸ばすのに役立ちます。

子どもが一人で遊べるようになることのメリット

実際に子どもが一人で遊べるようになることのメリットを見ていきましょう。

自立性

子どもが自分で自分の世界をコントロールできるようになります。つまり、自主性が芽生え自分の周りの物や人とつながるための新しい方法を理解します。最初は助けを求めるでしょうが、最終的に子どもは自分で物事を解決しようとすることに慣れていきます。

意志決定

子どもが自分で何かをしようとしたとき、うまくいかないこともありますね。その結果、間違いから学び、解決になるかもしれない方法を探さなければなりません。そして子どもが自分で解決法を見つけられたら、より自分の決断に確信を持ち、自信を高めることになります。

創造性と空想力を育てる

一人で遊ぶ子どもは自分の中の世界を探検し、キャラクターを作り、魔法の場所へ連れていってくれる状況を楽しみます。その結果、子どもの想像力がより速く発達し、自分の望む方法で夢や考えを表現するようになります。

子どもが一人で遊べるようになること

皆でするゲームと一人でするゲーム

子どもが一人で遊ぶと、大人の前ではしないかもしれないことをしたり、言ったりします。こうやって遊ぶことで、うまくいくこととそうでないことを理解するのです。子どもに干渉せず自由を与えつつ、参加している活動で無視されることのないようにするのがベストです。特定の価値観を正したり教えたりするのに理想的な機会として、ゲームを使うことができます。

一人で遊ぶゲームと他の人と遊ぶゲームはお互いを補完しあいます。子どもの正しい認知的・感情的発展のためには、両方とも同じくらい必要なのです。

子どもが一人で遊べるようになるために何ができる?

徐々に始めるのがベストです。時には親が子どもと一緒に遊んであげ、そして自分だけで遊ぶことに慣れることができるように、そのまま自分一人で遊ばせるのです。

ブロックやパズルなどのさまざまなタイプのゲームから始めるのが理想的でしょう。子どもと一緒にゲームをはじめ、子どもに自信が生まれれば、自分一人で遊べるようになるでしょう。

あなたは電話に出たりメールに返信したりしなければならないかもしれませんが、それはお子さんが数分間自分一人で遊ぶための良い機会です。自分が戻ってくるまでそのまま遊んでいてね、と伝えることが子どもが徐々に自信をつけるのに役立ちます。

「子どもに干渉せず自由を与えつつ、参加している活動で無視されることのないようにするのがいいのです。」

5分以上離れない方がいいでしょう。子どもは見捨てられたと感じ、もちろんそれはこの練習で意図することでも目的でもありません。2、3歳ごろから、子どもは一人で遊ぶことを楽しみ始め、自分で作り上げた魔法の世界を探検することをとことん楽しむようになります。

子どもが大きくなるとテレビゲームなどが遊びの中に入ってきます。ゲーム機やパソコン、タブレットなどこのようなのゲームは子どもを依存症にしてしまいやすいので、時間を決めて使わせるようにしましょう。

子どもと親にとって一人遊びと他の子と遊ぶバランスを探すことが必要不可欠です。子どもに一人で遊べるようになってほしいと思うことは、他の人と楽しく遊ぶことを阻害することにはなりません。

一人で遊ぶこととみんなで遊ぶこと 子ども 一人遊び メリット

子どもが一人で遊べるようにするためにお勧めしたいこと

  • 一番肝心なことは、子どもが一人で遊んでも安全な場所を確保することです。
  • 子どもの年齢に適したおもちゃを子どもに与えることが大切です。それにより子どもの認知能力が高まります。
  • 子どもが一人で遊んでいても、目を離してはいけません。子どもが助けを必要とすることがあるかもしれないからです。
  • 一人遊びと、他の子と遊ぶのを交互に行うといいかもしれません。そうすることで子どもが特定のアクティビティに夢中になりすぎることがないようにするためです。
  • 子どもは真似をして学びます。ですので、親は子どもとたくさん遊んであげましょう。子どもの作り出したゲームにも付き合ってあげましょう。

他のプロセスと同じように、子どもに一人で遊ぶよう教えることにはたくさんの忍耐といくぶんの訓練が必要になります。子どもの人生のすべての段階において子どもと時間を共にしたいと思うことはいいことですが、子どもが自分だけの時間を持ち、自分のスキルを発達させることも必要だと言うことを私たちは理解しなければなりません。

一人で遊ぶことは子どもが自主性、自信、想像力を高めるのに非常に役立つことなのです。