お肌の潤いを保ち完璧な状態にしよう!:6つのコツ

2019年5月21日
お肌の潤いと美しさを保つスキンケアは、特に妊娠出産の時期に重要です。お肌の悩みはあっても、シンプルなお肌ケアのコツをご紹介します。

季節の変わり目、ホルモンの変化、環境汚染、紫外線、悪い生活習慣など、お肌を乾燥させる要因はたくさんあります。でも心配は要りません。皮膚の 潤い を保ち健康的なお肌を守るコツがあるのです。

毎日のスキンケアで、潤いある完璧なお肌を目指す方法を全てご紹介します。

お肌の潤いを保ち生き生きした状態にする6つのコツ

すべすべで、美しく輝かしいお肌を保つことが、それ程大変なことであってはいけません。とってもシンプルな毎日のスキンケアによって、妊娠や環境要因の大敵からお肌を守る方法があります。これらのコツを挙げていきましょう。

水分補給

お肌の水分補給を身体の内側から行いましょう。そのためには、毎日コップ8杯の水を飲まなければいけません。

水分は、顔色を悪くするような毒素を身体から洗い流します。そして推定で、飲んだ水の15~20%は皮膚に供給されると言われてれます。

潤い スキンケア コツ

角質除去フェイシャル

潤いたっぷりのお肌のための2つ目のコツは、週に1度お肌の角質除去をすることです。エクスフォリエーションは必須です。

環境汚染、ホコリ粒子、メイク、不純物などが、お肌の表面に密着してしまいます。そしてお肌をもっと乾燥したように見せるのです。

そこで角質ケアでお肌をしっかりと洗い、皮膚の表面にある死細胞を完全に除去することをぜひお勧めします。

特定の角質ケアや自然な成分の製品を使って、角質を取り除きましょう。これは必要最低限のケアだけに抑えることをよく覚えておいて下さい。そうしないとお肌への刺激が強すぎて、むしろ状態を悪化させる心配があります。そして毎日の洗顔でお肌を清潔に保つようにしましょう。

皮膚の保湿と保護

毎日ローションやクリームを使って皮膚の保湿を心がけて、特に腕、ひざ、ひじを保護しましょう。シャワーを浴びた後は、肌がしっとりしているので水分を保持しやすく、保湿には最適な時間です。

さらに自分の肌に合ったモイスチャーローションを選ぶようにしましょう。それ以外にも、にきびがある場合など、自然な治療製品を補足に使うこともできます。

皮膚の保護に関しては、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)からお肌を守る製品を利用することを忘れないようにして下さい。自分の肌に合わせた日焼け止め製品を選びましょう。そしてSPF値が最低50の製品を選ぶようにして、冬の間もお肌を守りましょう。冬でも日は出ています。

休息とリラックス

休息を取るのは健康に最も重要な点であるにも関わらず、ほとんど忘れられていることが多いです。しっかり睡眠を取り、充分な休息を取ることで、皮膚は「回復モード」へ入り、死んだ皮膚細胞と皮膚組織を復活させます。

休息がないと、お肌が乾燥してきて、老化現象を早めることになります。

お肌の 潤い を保ち完璧な状態にするコツとは 潤い スキンケア コツ

バランスの取れた食事

食べ物もお肌の潤いに重要な役割を果たします。新しい細胞を作るには、たんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂取する必要があるのです。

充分な脂肪と炭水化物を身体に取り入れないと、適切に食べ物を消化することができません。実際にお肌の状態はこのような努力にも影響します。

理想的なのは、繊維質のある野菜をしっかり食べることです。これで消化を助け、要らないものを排出できるようになります。

ビタミンを忘れずに!

お肌の健康に直接影響を与えるビタミンがあります。ビタミン剤として摂取しても、直接お肌に塗ることもできます。例としてビタミンCは、抗酸化作用とコラーゲン生産に関与し、すべすべで柔軟性のあるお肌にする効果があります。

ビタミンB群は繊維芽細胞の生成を促し、皮膚と髪の細胞修復を助けます。一方ビタミンAは肌のトラブルを治していく働きがあります。

最後にこれらのスキンケアのコツは、どれも簡単に保湿ができ、毎日のスキンケアを少し変えるだけで効果があります。自分に合った製品を利用して、ぜひお肌の改善を試してみて下さい。