新生児を初めてお風呂に入れる時の6つのアドバイス

初めて母親になる人にとって、新生児をお風呂に入れることはハラハラしてしまいますよね。お子さんをどうやって支えたらいいのか、どんなことに気を付けておくべきなのかがわからないという方もたくさんいます。でも、心配する必要はありません。今日はこの尊い経験のために必要なアドバイスをご紹介したいと思います。
新生児を初めてお風呂に入れる時の6つのアドバイス

最後の更新: 21 12月, 2018

ちっちゃな新生児のお世話について、わからないことだらけだと感じるのは当然のことです。もちろん、赤ちゃんの最初のお風呂もその内の一つです。

赤ちゃんが滑って落ちてしまわないようにするに気をつけることは?、などの質問は非常に多く聞かれます。

初めて赤ちゃんをお風呂に入れる正しいタイミングについても、悩んでいるお母さんが多いようです。

そしてもちろん、正しいお湯の温度に調節する方法もわからないという方がたくさんいます。

お子さんの初めてのお風呂について、少し怖いな、不安だな、と思っていらっしゃるかもしれませんが、これは忘れられない、かけがえのない経験になるでしょう。

お子さんをお風呂に入れるということは、愛と安心を伝えることのできる素晴らしい機会です。ですので、正しいやり方を学ぶ価値があるのです。

では、赤ちゃんの初めてのお風呂の前に、どんなことを学ぶ必要があるのでしょうか? さっそく見ていきましょう!

1.赤ちゃんの最初のお風呂の正しいタイミングは?

専門家は、赤ちゃんが生まれて7日~15日に最初にお風呂に入れることを勧めています。このころまでに、へその緒がおそらく取れているので、感染症が起こる心配がないからです。

このお風呂は5分以内にさっと終わらせます。

2.新生児の風呂に理想的なお湯の温度は?

赤ちゃんのお風呂の温度は37度くらいがいいでしょう。お湯の温度を調節するには、自分のひじや前腕をお風呂の中に入れます。

水温を測るのに手を使うのはあまりいい考えではありません。手は、頻繁な温度変化になれているからです。

お風呂のお湯の深さですが、10センチくらいを目指しましょう。そうすれば、底に赤ちゃんを置くことができるので、お風呂に入れているときに滑って赤ちゃんを落としてしまうこともありません。

3.赤ちゃんの初めてのお風呂に必要なもの

湯船にお湯をはり、赤ちゃんを入れる前に、必要なものがすべてそろっているかを確認しましょう。

お風呂に入れ始めたら、忘れ物を取りに戻ることはできませんからね。

全て準備をしておけば、生まれて初めて赤ちゃんをお風呂に入れるのも、より安心して行うことができます。

当たり前ですが、赤ちゃんを入れるための洗面器やベビーバスが必要です。

また、赤ちゃんの服を慎重に脱がすことのできる快適な場所も、その近くに必要です。また、すぐ手の届くところに使用するお風呂用品を置きましょう。

このお風呂用品は、目に沁みないベビーシャンプー、ナチュラルソープ、ベビーオイル、体を洗う布、タオル、新しいおむつ、服、くしやブラシなどです。

その他にもワセリン、コットンボール、殺菌したガーゼ、消毒液などを用意してもいいでしょう。

赤ちゃんの初めてのお風呂

赤ちゃんの初めてのお風呂のための6つのアドバイス

多くの赤ちゃんが、家で初めてお風呂に入れてもらうのを喜びます。

それは、赤ちゃんが温かい羊水に囲まれて、お腹の中で過ごした9カ月間を思い出すからです。

始めて新生児をお風呂に入れる際には、以下のことに注意してみてください。

  1. ベビーバスに移動する前に、赤ちゃんをはだかんぼにし、タオルでくるみましょう。
  2. 赤ちゃんをゆっくりとお湯の中に入れ、驚かさないようにします。一方の手で、頭と首を支えてあげます。
  3. 赤ちゃんの体を洗うのには、必要最低限の石鹸を使いましょう。胸から始め、腕、手、脚と洗っていきます。最後に、注意して赤ちゃんをひっくり返し、背中とおしりを洗います。新生児の肌はとてもデリケートなので、洗うときはとても優しく洗い、こすらないようにします。
  4. 体を洗ったら、髪を洗います。
  5. 目の周りは、殺菌済みのコットンやガーゼをきれいなお湯につけて洗います。ベビーバスの中のお湯を使ってはいけません。鼻の外側から、赤ちゃんの小さな目の周りを優しくふいてあげましょう。
  6. これらすべてが終わったら、バスタブから赤ちゃんを出し、すぐにきれいなタオルでくるみます。
  7. 最後に、コットンボールやガーゼを使って赤ちゃんの鼻や耳をきれいにします。ただし、鼻や耳の外側や表面をきれいにするようにし、内側に入れないようにします。

これで終わりです!赤ちゃんに服を着せて、お風呂上りの触れ合いを楽しみましょう!

その他のおすすめ

以下は、赤ちゃんのお風呂について、さらに考慮に入れた方がいいことです:

  • 赤ちゃんをお風呂に入れる時は、一瞬たりともそばを離れてはいけません。
  • 生後1カ月間は、ベビーパウダーや香水の使用は控えましょう。アレルギーや呼吸の問題を引き起こすことがあるからです。
  • ベビーバスは、あなたが快適な位置に置きましょう。また、お風呂の後は洗いましょう。
  • お風呂に入れている間、赤ちゃんに笑いかけ、話しかけてあげましょう。そうすると赤ちゃんは安心し、落ち着きますし、これはお子さんとつながるとてもいい方法でもあります。
  • お風呂中に赤ちゃんが泣き始めてしまっても、がっかりしないでください。愛情をこめて触れ、声をかけてあげ、落ち着いた環境があれば、赤ちゃんはお風呂に入ることに慣れていきます。すぐにお風呂を気にいるようになるはずですよ。
赤ちゃんをお風呂に入れる際気を付けること 初めてのお風呂

最後に、赤ちゃんの最初のお風呂は、親にとって最もうれしく、美しい瞬間の一つです。

初めてお母さんになり、新生児をお風呂に入れることを心配しているなら、これまでのアドバイスがきっと役に立つと思います。

正しいタイミングで、あなたも赤ちゃんもリラックスしていれば、この経験はきっと特別なものになるはずです。

落ち着いて、幸せを伝えてあげてください。どうしても不安なら、誰かに手伝ってもらってもいいですね。

こちらの記事もおすすめです。
赤ちゃんの初めての散髪:知っておくべきこと
わたしママで読むことができます。 わたしママ
赤ちゃんの初めての散髪:知っておくべきこと

赤ちゃんの初めての散髪は医療行為ではありませんし、広く信じられているように、髪を切ったからといって髪が伸びるスピードが上がるということはありません。 赤ちゃんの初めての散髪をいつするかは、親御さん次第なのです。 赤ちゃんは普通髪が少しだけ生えた状態で生まれます。また、ふさふさの子もいれば、細い...