初めて親になると出てくる「あるある」:もれなく睡眠不足!

· 2019年4月27日
赤ちゃんは昼でも夜でもよく寝てよく食べます。そこで初めての親はどうしても睡眠時間を確保するのが難しくなるのです。そこで新米親のための睡眠を取るためのコツをご紹介します。

初めて親になると苦労するのは、 睡眠不足になる事でしょう。赤ちゃんが生まれてから最初の数日は特に全てが大丈夫かどうか分からない不安もあって、大変で睡眠不足で疲れてしまいます。

新生児が1日に何時間も寝るのは誰もが知っていますが、赤ちゃんは食べる事も必要です。赤ちゃんは昼でも夜でも同じような生活を続けますが、大人がそれに合わせる最初の数週間は大変になるでしょう。

ここで重要なのは、両親も赤ちゃんも充分に休息する事です。少し難しいと思われがちですが、赤ちゃんがいても睡眠を取ることは可能なのです。

初めての親でも経験済みの親にとっても、赤ちゃんは本当に驚きでいっぱいです。ここで理解しておきたいのは、新生児というのは各個性があり、何を必要としていて、どんな特徴があるか皆それぞれなのです。

赤ちゃんは昼でも夜でもよく寝てよく食べます。そこで初めての親はどうしても睡眠時間を確保するのが難しくなるのです。そこで今回は新米パパママのための睡眠を取るためのコツをご紹介します。

初めて親は 睡眠 不足! 初めて親になる 睡眠不足

問題は赤ちゃんの睡眠能力ではなく、大人が赤ちゃんのスケジュールに対応して、睡眠の機会を利用していないだけです。前述のように赤ちゃんはよく寝る訳ですから、その間に休むようにしましょう。それでも初めて親になる人は一睡もできないこともあるのです。

父親よりも母親の方が睡眠を取っている?

あるアンケートによると、母親の方が父親よりも睡眠を取っていることが分かりました。母親は夜間数時間寝て、赤ちゃんがお昼寝している間に自分も仮寝をします。しかし父親は夜の間少ししか眠れなくても次の日に仕事に行かなければいけません。

赤ちゃんは一日中寝て、授乳のため、またはおむつ替えのためにだけ起きることが知られています。そこで母親の方がたくさん寝ていることになりますが、睡眠時間が分散されて続けて寝るわけではありません。このような睡眠を取っても、疲れやすくなります。

新米親のための睡眠を取るためのコツ

  • 休息する機会をうまく利用する。どんなに短い時間でも休める機会があったら、それを利用することが重要です。赤ちゃんが寝ている間は絶好のチャンスですが、睡眠パターンもいずれ変化していきます。睡眠不足は疲労が増し、気分が変わりやすく、怒りっぽくなります。そこでできるだけ休息のチャンスを逃さないようにしましょう。
  • 辛抱強くなる。出産から3か月経つと、赤ちゃんも毎日の睡眠リズムが落ち着いてきます。場合によっては夜通しで寝る日や、数時間続けて寝ることもあるかもしれません。時間と共に以前程ひんぱんに授乳が必要ではなくなってくるでしょう。そこで辛抱強く待たなければいけないのです。最初の数ヶ月はとても大変ですが、けして不可能ではありません。いつか必ず睡眠が落ち着いてくるはずです。新生児の24時間の生活リズムが整ってきたら、睡眠不足を解消する機会が持てるようになります。
  • チームワーク。夫婦で生活する利点は、チームワークでこの赤ちゃんプロジェクトに挑めることです。この段階では2人の間で、仕事を分担するのが理想的です。毎晩起きて赤ちゃんのお世話をするのを、順番に担当するのはよく使われる方法です。一日目の夜は母親の番で、次の夜は父親の日と決めると、お互いの疲労が少しは軽減されます。しかし赤ちゃんがよく泣くと、誰も眠れないこともあるでしょう。
初めて親になる 睡眠不足

  • 赤ちゃんを休ませる。赤ちゃんには2種類のパターンがあり、良く寝る赤ちゃんと夜よく泣く赤ちゃんがいます。泣く赤ちゃんをなだめるのは難しいものですが、少しでも落ち着くようにする方法はあります。歌ってあげる、一緒に音楽を聴く、ロッキングチェアで揺らすのはお勧めです。よく寝る赤ちゃんが起きるのは、お腹が空いた時と、おむつ替えが必要な時です。その場合は両親がもっと睡眠を取ることが可能です。
  • 食生活を改善する。大人もしっかり休息して健康でいるためには、きちんと栄養と取ることが重要です。コーヒー、炭酸飲料、チョコレートなどは、テオブロミンやカフェイン等の成分が含まれるので、なるべく避けるようにしましょう。時には食べ物によって睡眠が妨害されることもあります。