風邪の季節が始まる秋に身体を守るためにできること

2019年10月10日
秋の季節になると流行り出す、風邪などの病気を防ぐことができるでしょうか。子どもにも大人にも合う、健康維持のための生活習慣を見ていきましょう。

夏が終わると、急に温度変化が激しくなってきます。秋の到来で、みんなの健康に影響を与える温度変化が、寒さと風という形で現れます。例えば、咳や風邪の人がいたる所に現れます。

しかし実際に、冷たい空気が風邪を引き起こす原因なのでしょうか。温度が下がることが病気になる原因ではない、というのが真実です。むしろ寒さに対応する私達の行動が問題なのです。記事を読んで、それを詳しく見ていきましょう。

秋の季節に風邪が流行る理由

寒気の到来で湿度が下がると、空気中のウィルスが伝染しやすくなります。外が寒くなると、人は温かさを求めて屋内で過ごす時間が増えます。人が集中していると、どんどん他の人へウィルスがうつり拡散しやすくなります。

さらに寒気により、鼻が渇きやすくなります。このような状態では、簡単にウィルスが気道に侵入してしまいます。そのため、風邪の症状を総括して一般的な「風邪」と呼びます。

それと同時に寒気により、普段よりも身体を防御する力が弱まります。基本的に寒気はインフルエンザのような症状がうつりやすい状況を作り出します。

抗体力の低下について

鼻の通りが悪くなるのは、風邪により免疫系の機能が低下することに関連していると言われています。私達の体温が低下すると、喉と鼻にある血管が縮小します。

気管での白血球の循環は、その血管に依存しています。これらの血管が縮むと、喉や鼻があまり保護されなくなります。それでウィルスが体内に入りやすくなり感染します。

もっと暖かい気候の国々では2種類の季節しかなく、雨季が感染しやすい時期です。寒いと血管が縮むのとは逆に、熱によって血管が膨張してしまいます。問題はウィルスがもう体内に入ってしまったら、それが繁殖して身体に影響を与えてしまうのです。

風邪 の季節が始まる秋に病気を防止する

ビタミンCを取る効果は?

ビタミンCと身体の抗体との関係は、実際科学的にはまだ照明されていません。気道にウィルスが入ってしまったら、ビタミンCが身体に何の影響も与えることはできません。

一般的に良いと言われる水分摂取も、ウィルス感染が広がるのを防ぐことはできません。しかし風邪をひいてしまった後で水をたっぷり飲むと、尿と共にウィルスを外に出すには役立ちます。

バランスの取れた食事、ビタミンやミネラルを摂取すると、免疫力を高める効果はあるでしょう。ただ身体はそのままでも徐々に回復していきます。どの薬も風邪の症状を緩和することはあっても、実際に回復を早める効果はありません。

「冷たい空気は、インフルエンザのような症状がうつりやすい状況を作り出します。」

秋の風邪の予防対策

以下のガイドラインは、秋の季節に咳や風邪の予防に非常に効果的です。

  • 外出する前に寒さ予防の服を着る。温度変化がウィルスの侵入に影響するのはお分かりですね。そこで身体を温かく保護するのは、理にかなっています。
  • かんきつ系の果物を食べましょう。かんきつ類は、天然のビタミンCやその他のミネラルが豊富です。これらの栄養素が身体の免疫機能を高めるのに役立つでしょう。
  • 手や顔をよく洗いましょう。手を通してウィルスや細菌がうつります。病気の人が触った手すりやドアの取っ手に触れて、その手で顔や口を触ると、それだけで感染してしまいます。
  • 家庭や職場の換気を良くしましょう。家でも職場でも、窓を開けることは重要です。空気が循環して、密封された部屋に新鮮な空気が入ると、細菌の感染を防止します。
風邪 の季節が始まる秋に身体を守る手洗い

秋に風邪防止をするためのヒント

寒い日や雨の日は、子どもと家族を守るために、いつもよりも風邪防止に力を入れましょう。健康的な生活習慣と、栄養のある食生活を心がける所から始めましょう。

秋の数ヶ月の間に、簡単な習慣付けだけでもいいのです。例えば、毎晩最低8時間の睡眠を取ることは大事です。過度な疲労により、身体や喉からウィルスが入りやすくなり、咳や風邪を引き起こします。

ベッドのシーツをひんぱんに変えて、外出した後の洋服を洗うようにしましょう。全てを消毒して、微生物が繁殖できないような環境づくりを目指しましょう。家庭を常に清潔に保つのが大切です。

できる限りの努力をしても、結局は風邪をひいてしまうかもしれません。少なくとも、咳や風邪がどのように流行り始めてうつるのかが分かりましたね。これからは秋の季節に風邪防止を心がけて、健康を保てるようになるでしょう。