子どもが十分睡眠をとっているか知る方法

2019年3月7日
どんなに頑張っても子どもが十分な睡眠をとれていないということに気が付いたら、一番良い治療法を教えてれる専門家のところへ行きましょう。

生まれて最初の2週間は、赤ちゃんは頻繁に起きてしまいます。これは胃がとても小さいために、2、3時間に1度はおっぱいを飲まなければならないからです。当然、これを知らない親は、自分の子どもは十分な睡眠がとれているのだろうかと疑問に思います。

でもご安心ください、時間が経って赤ちゃんが成長するにつれ、睡眠時間はどんどん長くなっていきます。しかし、私たちにもできることがあり、赤ちゃんが十分な睡眠をとれるような心地良い環境を作ってあげなければなりません。

快適なベビーベッドやベッド、薄暗い部屋、気持ちいい温度が子どもがぐっすり寝るためのカギとなります。子どもが寝る直前は家を必ず静かにし、ゲームなど刺激を与えすぎるものは避けるようにしましょう。

年齢ごとに推奨されている睡眠時間

子どもが年齢にあった睡眠時間をとれているかを知っていることが重要です。この睡眠時間は一気にとらなければならないということではなく、一日の中で数回に分けてとることもできます。

生後6カ月になると、赤ちゃんは日中に寝る時間が少なくなり夜寝る時間が増えます。これは親にとってはとっても嬉しいことですよね!

しかし、赤ちゃんはそれぞれ違うので、睡眠のニーズもまた異なります。良く寝る子もいれば、あまり寝ない子もいます。

それでもお子さんが十分な睡眠をとっていないと感じたら、できるだけ早くその原因となっている可能性のあるものを探し出し、解決法を見つけなければなりません。

子どもが十分な睡眠をとれているかどうか

眠くなっているサインに注目

赤ちゃんが見せるあらゆる兆候や疲れに常に気を付けていなければなりません。赤ちゃんは眠くなると、目をこすり、眉毛のあたりが赤くなり、指をしゃぶったりあくびをしたりします。ですので、このようなサインを見たらすぐに、できるだけ早く赤ちゃんをベッドに寝かせましょう。

赤ちゃんを腕に抱いて眠気を誘おうとするのは避けましょう。これはもちろん良かれと思ってやっていることですが、これをやってしまうと、赤ちゃんの目が覚めたときに再び眠りにつくのを難しくしてしまうのです。赤ちゃんはお母さんに抱っこしてもらうことに依存してしまいます。

「それでもお子さんが十分な睡眠をとっていないと感じたら、できるだけ早くその原因となっている可能性のあるものを探し出し、解決法を見つけなければなりません。」

赤ちゃんが頻繁に起きる時はどうしたらいい?

お昼寝の間赤ちゃんが何度も起きてしまったり、寝ているときに落ち着かなく、すぐ泣いてしまうことに気づくかもしれません。これは、一つの睡眠サイクルから次のサイクルへと移るのが上手くっていないだけで、完全に起きているわけではないかもしれません。

ここで必要なことは、ベビーベッドから抱き上げたり、哺乳瓶を与えたりしないということです。静かに赤ちゃんの部屋に入り、何も問題がないことをチェックし、赤ちゃんを触って落ち着かせてあげましょう。

こうすることで、赤ちゃんを完全に起こさないで済みます。赤ちゃんを起こしてしまうと、また眠りにつかせるのがとても難しくなってしまいます。ここ間違えてしまうと、お子さんが睡眠障害を抱えてしまう恐れがあります。

寝ているときに赤ちゃんが泣いたら 子ども 十分な睡眠

子どもが確実に十分な睡眠をとれるようにする良い習慣

毎日同じ時間に子どもを寝かせ、起こしたり、一人で寝させようとすることが、子どもの自信を育てます。また、睡眠障害を抱えないためにもとても良い最初のステップです。

子どもはまっさらな白紙の本として生まれてきて、子どもが習得した行動や経験に沿って私たちがある程度そのページを埋める責任があるということを認識する必要があります。

母親が何かがおかしい、子どもが十分睡眠をとれていないということに気が付いたら、赤ちゃんにどんな日課を教えたか、それは適切なものか、そしてそれは適切に行われているかを分析しなければなりません。

子どもの身体的・精神的健康の責任は親にあります。ですので、子どもの適切な発達に影響するかもしれないことすべてに気を配らなければならないのです。良い睡眠習慣をつけることは、子どもの健康だけでなく親の健康にもメリットがあるのです。

どんなに頑張っても子どもが十分な睡眠をとれていないということに気が付いたら、一番良い治療法を教えてれる専門家のところへ行きましょう。睡眠は子どもの成長と発達に欠かせないものだということを決して忘れてはいけません。

・Hirshkowitz, M., Whiton, K., Albert, S. M., Alessi, C., Bruni, O., DonCarlos, L., … Adams Hillard, P. J. (2015). National Sleep Foundation’s sleep time duration recommendations: methodology and results summary. Sleep Health. https://doi.org/10.1016/j.sleh.2014.12.010

・Paruthi, S., Brooks, L. J., D’Ambrosio, C., Hall, W. A., Kotagal, S., Lloyd, R. M., … Wise, M. S. (2016). Recommended amount of sleep for pediatric populations: A consensus statement of the American Academy of Sleep Medicine. Journal of Clinical Sleep Medicine. https://doi.org/10.5664/jcsm.5866

・Meltzer, L. J., & Mindell, J. A. (2006). Sleep and Sleep Disorders in Children and Adolescents. Psychiatric Clinics of North America. https://doi.org/10.1016/j.psc.2006.08.004