風邪予防に効果的な6つのアドバイス

· 2019年4月5日
季節が変わると大人も子供も風邪をひきやすくなります。この記事では風邪予防について知っておきたいことをお伝えします。

季節の変わり目など天候変化によって、ウィルス感染が起こりやすくなります。そんな時期には健康のための風邪予防をしておくと良いでしょう。正しい方法に従って自然療法することで風邪予防は充分に可能なので、これから紹介する効果的なアドバイスをぜひ参考にしてください。

 

人間の身体はその環境を通して流行っている病気にかかりやすいものです。子どもは特に学校で流行しているウィルスなど風邪がうつりやすいのです。

栄養をしっかり摂ることが健康な身体づくりには欠かせません。ビタミンCを含む食べ物を少なくとも1日3回摂取することで元気をもたらします。

風邪予防について知っておきたいこと

風邪は直に接触することで伝染します。そこで風邪がうつらないように、完全に身体を守ることは不可能です。

しかしシンプルな生活習慣によって、なるべくウィルスが身体に入ってこないようすることが可能です。以下の注意事項をご覧ください。

手を洗う

手洗い習慣を取り入れるだけで、接触によって広がる風邪にかかる可能性を60%抑えることができます。水とせっけんで、手を洗うことをぜひ習慣づけてください。

さらに安心材料として手指用殺菌液を持ち歩くと、他の人や物との接触によって感染する病原菌の殺菌に効果的です。

風邪予防 に効果的な手洗い

子どものかばんに薬用ハンドジェルを持たせておくと安心ですね。特に外で遊んだり、運動した後に、手の殺菌をするよう小さい頃から教えておくとそれが習慣になります。

水分補給

大抵の風邪はのどから始まります。実際に風邪のひき始めは、のどの痛みやイガイガを感じるという症状が見られます。

それから熱、鼻づまり、頭痛へと症状が変化していきます。そこでたっぷり水分補給することで、鼻やのどの粘膜、声帯などを守り感染を防ぎます。

混んだ場所を避ける

病院、交通機関、飛行場など混んだ場所は、ウィルスを持つ人も多くいるものです。寒い日や雨がちの日にはできるだけそのような混んだ場所に行かないようにする方が良いでしょう。

禁煙

風邪のひき始めに、たばこなどの喫煙を避けましょう。喫煙者は呼吸器系が常に危険物にさらされているので、ウィルス感染しやすいのです。

ビタミンCを含む食べ物を少なくとも1日3回摂取することで元気をもたらします。

健康的な食生活

適切な栄養摂取は身体の抗体を強化します。果物や野菜は特にビタミンCなどのビタミンやミネラル多く、外から入ってくる細菌などから身体を守り免疫力を高めます。

寒い季節に身体を守る

外出する時は温かい服を着て、首を守るためにスカーフをするようにしましょう。雨や寒い日は特に気を付けてください。秋から冬にかけて風が強く雨が多い日には、気温の変化が激しいものです。

風邪予防 に効果的なアドバイス

お分かりの通り風邪の完全防止は難しく、ご紹介した予防法の効果は確実ではありません。もし風邪予防にもかかわらず風邪をひいてしまったら、温度が高すぎない静かな部屋でゆっくり休息するのが一番です。

しっかり休むとより薬の効果も見られるでしょう。そして風邪の症状に対処できるようになります。

最後にハーブティーやその他の煎じ茶などの自然療法を利用するのも良いでしょう。風邪薬以外にもウィルスに対抗する家庭療法が役立ちます。

ひどくならない風邪であれば、前述のアドバイスを参考にしてください。しかし異常な症状がある場合は医師の診断を受け、自己治療を避けるようにしましょう。

  • Giesbrecht, G. (2001). Exercise in a cold environment. Deutsche Zeitschrift Fur Sportmedizin.
  • Van Straten, M., & Josling, P. (2002). Preventing the common cold with a vitamin C supplement: A double-blind, placebo-controlled survey. Advances in Therapy. https://doi.org/10.1007/BF02850271
  • Hemilä, H., & Chalker, E. (2013). Vitamin C for preventing and treating the common cold. Cochrane Database of Systematic Reviews. https://doi.org/10.1002/14651858.CD000980.pub4