子供におススメ!ビタミンがたっぷり入った8つの食材

· 2019年3月4日
ビタミンを摂取する最も一般的な方法は食事です。しかし、最近では便利なサプリメントが広く知られています。

子供の食事に必要なビタミンが全て含まれているか心配なら、これから紹介する食材リストを参考にしてみてください。毎日の子供の食事に入っているでしょうか?

食物は子供の肉体的、精神的、感情的な成長に欠かせないものです。基礎的な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。この記事ではビタミン豊富な食物をご紹介します。

ビタミンは必須栄養素です。また、この記事では様々なビタミンと摂取することによって得られる効果を解説します。どういった食物にどのビタミンが含まれているのかの参考にしてください。

なぜ子供にはビタミンが大切なのか?

ビタミンにはさまざまな種類があります。例えば、脂肪に溶けやすいA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミンと呼ばれるものがあります。また、ビタミンBやCをはじめとする水に溶けやすい水溶性ビタミンと呼ばれるものもあります。

子供にオススメなビタミン豊富な8つの食材

ビタミンを摂取する最も一般的な方法は食事です。しかし、最近では便利なサプリメントが広く知られています。では、食事にビタミンを取り入れる上で理想的な食材をいくつか見ていきましょう。

1.野菜

子供は嫌がるかもしれませんが、野菜はビタミン摂取には欠かせない食材です。レタス、ほうれん草、フダンソウと言った葉物野菜や根菜類であるニンジンにはビタミンAが豊富に含まれています。緑の葉物野菜にはビタミンAに加え、ビタミンKとB2が含まれています。玉ねぎ、ピーマン、キャベツ、ズッキーニもビタミンが豊富な野菜です。

2.乳製品、卵

オレンジ色の色素を持つニンジン等、いわゆる黄色野菜と同じように乳製品や卵にもビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAを摂取することで身体に沢山のメリットがあります。

粘膜や肌を健康に保つだけでなく、感染症予防、骨の発達にも効果があります。乳製品や卵にはビタミンDも含まれています。ビタミンDとカルシウムの吸収を助けます。つまり、健康な骨や歯を保つためにもビタミンDが重要なのです。

乳製品-ビタミン

3.魚

魚は非常に栄養価の高い食材と言えるでしょう。また、肉とは異なる食感や香り、味を持ち、子供にも人気の食材ですが、もちろん魚が苦手な子供も多くいるので注意してください。

4.穀物

穀物や豆類にはビタミンBがたくさん含まれています。穀物からできている、子供の朝食用シリアルにもビタミンBが多く含まれているはずです。ビタミンBの吸収効率は乳糖と組み合わさることで上がります。

だからこそ、1日の始めにはシリアルを牛乳やヨーグルトと一緒に食べることが推奨されているのです。ビタミンBはとても重要な栄養素です。エネルギーを供給する成長への鍵とも言えるものです。

ビタミンBは非常に重要です。エネルギーをたくさん提供してくれる成長への鍵です。ビタミンBのもつ効果はそれだけにとどまりません。

5.お肉

肉には豊富なタンパク質だけでなくビタミンBも含まれています。穀物のパートでも紹介したように、ビタミンBには様々な効果があります。それに加えて、神経系や、消化器系、循環器系と言った内臓に良い効果を発揮するのです。

「幼少期は成熟と成長を司る重要な段階です。この時期には、基礎的な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。」

オリーブオイル

6.オリーブオイル

オリーブオイルにはビタミンEが含まれています。

ビタミンEには抗酸化作用があり、細胞を健康に保つために欠かせません。ビタミンEを十分に摂取することが病気の予防にもなります。

7.柑橘類

柑橘類には体の免疫に関係する重要な栄養素が多く含まれています。それがビタミンCです。

ビタミンCはキウイフルーツや、パイナップル、トマト、ピーマン、ナッツ類にも含まれています。

ビタミンCは鉄分と組み合わさることで吸収が容易になります。したがって、肉や魚とサラダを組み合わせて食べることをお勧めします。肉料理を食べた後にフルーツをデザートに食べるても良いでしょう。

柑橘類-子供

8.アボカド

アボカドは栄養価の高いフルーツの代表格で、ビタミンEとDの両方が含まれています。

今回紹介した食材を子供の食材に取り入れることで、子供の代謝要求の大部分を満たすことができるでしょう。

意識的に献立を考えることが、子供や家族の健康に直結するのです。