消化不良が起こった時の対処法:子どもの消化不良の原因は?

23 10月, 2019
子どもは消化不良を起こすことがよくあります。このよくある問題について知っておくべきことを、こちらの記事でご紹介します。

子どもはさまざまな病気にかかりやすいため、なにを食べるかなど細部に気を配ることが大切です。子どもの消化不良は、ちゃんとした食事をしないと繰り返し起こる問題になってしまうこともあるのです。

子どもの消化不良はとてもよくあることですが、これについて知っておくべきことがあります。対処法をぜひ参考にしてみてくださいね。

消化不良は子どもにとって不快なものであり、これが起こると子どもは衰弱してしまいます。その特徴は喉の奥が燃えるような感覚になり、胸とお腹に不快感が現れます。

子どもの消化不良は子どもがたくさんの量を食べたとき、急いで食べすぎたとき、または身体が上手く処理できないものを食べたときなどに起こります。また、お腹の張り、吐き気、胃が焼けるような感じ、げっぷなどを伴うこともあります。

しかし、消化不良の原因を特定することはいつも簡単だとは限りません。たいていの場合、家での治療や市販の薬で症状を和らげることができます。子どもの消化不良の原因を理解しておくことが、適切な治療を行う上でカギになります。

消化不良は子どもによくあることなので、安全な家庭療法で効果的な治療を行ってあげるようにしましょう。レモンジュース、オレンジジュース、ミントなどが胃を落ち着かせたり問題を解決するのに役立つこともあります。

子どもの消化不良の原因は?

以下は、子どもの消化不良の主な原因のいくつかです:

1.薬

子どもの消化不良のまず一つ目の原因は、特定の薬を摂取したことです。子どもの助けになる薬もある一方で、胃を酸性にしてしまうものもあるのです。

2.胃酸の逆流による病気

二つ目の状況としては、消化不良が何度も起こることで食道に炎症が起きてしまうことで起こります。この場合はお医者さんに診てもらう必要があります。

子ども 消化不良

3.ストレス

ストレスと不安は不規則な食事や悪い睡眠習慣につながる恐れがあります。ストレスや不安によって引き起こされる消化不良は、その原因を解決することで防ぐことができるかもしれません。お子さんがストレスを感じない環境づくりに努めましょう。

4.肥満

肥満は子どものお腹に余計な圧力をかけることになるため、食事のたびに食道に胃酸が逆流してしまうことがあるのです。

5.ヘルニア

子どもの消化不良の原因の最後の一つはヘルニアです。これは胃が横隔膜を押し上げてしまうことで食道を塞いでしまうという状態です。このため効果的な消化ができなくなり、胃酸の逆流につながるのです。

子どもに消化不良が起こらないようにするには?

消化不良のほとんどの場合において、お医者さんにかかる必要はありません。

しかし、症状が数時間以上続く場合にはお医者さんにかかるのもいいでしょう。お医者さんが子どもの胃のあたりを押すことで、痛みの場所を特定し、診断をしてくれるでしょう。

診断が行われると、一連の薬が処方されるか、あるいはレントゲンや腹部検査などさらなる検査が勧められることもあります。何が見つかるかによりますが、食事の変化や特定の薬などを勧められる可能性もあります。

子ども 消化不良

治療については、体からの信号に耳を傾けるのもそうですが、予防について考えた方がいいでしょう。ある食べ物が子どもの気分を悪くさせているなら、それを買うのはすぐにやめましょう。

お医者さんと協力して胃が酸性になる問題を完全に解決するために食事を変化させながら、一時的に薬を使うこともおすすめです。

最後に、子どもの消化不良は、特定の食事制限を行うことで防ぐこともできるということを繰り返しておきます。例えば脂肪の多すぎる食べ物を避けたり、しっかり噛む癖をつけたり、チョコレートを食べる量を減らしたりすることなどです。

この記事からおわかりになったように、予防することが治療よりもずっと大切です。ですので、お子さんが特定の食べ物を食べる頻度を減らすことをお勧めします。