子どもの吸収不良症候群ってなに?

2019年4月13日
子どもの吸収不良症候群は深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。悪化させないよう、早めに治療を開始することが重要です。まずは受診して検査を受けましょう。

腸壁が消化中に栄養分をしっかり吸収出来ない場合、吸収不良症候群が疑われます。子どもの吸収不良症候群は、慢性的な下痢、貧血、栄養失調、腸内寄生虫、またはセリアック病などを引き起こします。

吸収不良症候群の原因を突き止めるため、医師は病歴や術歴を知る必要があります。過去の腸壁内での病気や深刻なトラブルが原因となって引き起こされます。

 

適切な診断を受けるためには、検査を受けてしっかりと分析してもらうことが大切です。

こちらもご覧ください 子どもに食べ物で遊ばせてもいいの?

 

診断の過程

消化プロセスは食べ物を小さな粒子に変える過程です。栄養素は血流にのって腸壁を出ていきます。そして各組織に正常に機能するために必要な成分が送り届けられます

吸収不良症候群になると、そういった必要な成分まで便になって外に出してしまいます

下痢を引き起こし栄養素を吸収出来なくするウイルスに対し、吸収不良症候群にはほかに原因があります。ですのでお子さんの下痢が長く続くようなら、小児科に出来るだけ早く連れて行って診てもらいましょう。

子どもの下痢  吸収不良症候群  子ども

 

子どもの吸収不良症候群の症状

2つの明確な兆候があります。ひとつはお腹の痛み、もうひとつは強い匂いのある柔らかい便です。適切な治療を施さなければ、感染症にかかりやすくなったり、骨折しやすくなったり、皮膚が弱くなったりします。

事実、短期間であっても長期間であっても同じことです。これは体が自分自身を守ることが出来なくなっている証拠なのです。

吸収不良症候群になると、気分のムラも出てきます。常に体調が悪いという点でこれは納得できるでしょう。短気で落ち着きがなく、無気力だったりします。

こういった深刻な症状は、下痢や腹痛が始まっても2,3日では出てこず、だいたい1週間から10日ほどで現れます

 

吸収不良症候群の診断と治療

吸収不良症候群の診断に至るまではとても長い時間がかかります。場合によっては腸生検を受けなければならないこともあります。

またはっきりとした原因は分からなくても、細菌によって引き起こされた腸の病気を確認することも可能です。いづれの場合においても、小児科がまず行うのは便の培養です。サンプル内の脂肪分を見るのです。

こちらもご覧ください 子どもの健康にとって最高の食べ物

 

その他の検査

その他受けなければならない可能性のある検査がシリング試験です。ビタミンB12の吸収不良、もしくは呼気検査に焦点を当てています。後者は子供が乳糖不耐性を持っているかどうかを決定します。

原因が見つかるまで検査は続きます。例えば嚢胞性繊維症かどうかを判断するために汗の検査を行います。消化に不可欠な酵素が不足していることを意味します。

重症の場合は、原因を探るため入院が必要になります。原因が分からない限り、食事には極力注意を払わなければなりません。

ですが、乳製品の摂取を控えねばならない時などは小児科医が指示をしてくれるでしょう。症状を悪化させる食材などを教えてくれるはずです。

消化不良  吸収不良症候群  子ども

 

効果的な治療

何が吸収不良症候群の症状に効果があるかを判断したら、治療が始まります

子どもが吸収不良症候群になるとどうなるのでしょうか? 腸壁に細菌が発生します。これは抗生剤で対応できます。2,3日で効果が表れるでしょう。

その他のこの症候群の考えられる原因は、腸が過剰に活動していることです。

その場合は、腸の動きを抑える薬を処方されます。食べ物をしっかり吸収し、体に栄養素が届く余裕が生まれます。

このように子供の吸収不良症候群は健康に深刻な影響を及ぼす可能性を秘めています。早めに適切な治療を始めましょう。どうしても原因が分からない場合は、出来るだけ消化をしやすい食べ物を選ぶようにしてください。