【家族と離れて暮らす方へ】感情への影響を見てみよう

03 9月, 2020
転勤などによって家族がバラバラになってしまうと、私たちの感情にどんな影響を与えてしまうのでしょうか?

様々な理由から離れて暮らす家族が多く見られます。この記事を読んでいる方の中にも、大好きな人と離れて暮らさなければいけない体験をした人がいるかもしれません。この状況は誰にとっても簡単なものではないでしょう。特に自分達で離れるのを決めたわけではない場合は辛いですよね。そこで、転勤などによって家族と離れることが心にどんな影響を与えてしまうのかを知ることが重要になってきます。

では、家族が離れて暮らす場合の感情面への影響を説明していきたいと思います。

さらに、離れていてもなんとか過ごしていけるようにするためのヒントもご紹介します。気持ちのコントロールができるようになると、落ち着かない状況の中でも心の安定を取り戻すことができるようになりますよ。

家族と離れる:大切な人と離れて暮らす

家族がどうしても離れて暮らさなければいけない状況を強いられることは稀ではありません。これは転勤など仕事が理由になることが多いです。他にも自分達の意思とは反対に、家族が強制的に話されてしまう極端な状況もあるでしょう。

【 感情 への影響】家族と離れて暮らす影響

「私達の感情は心で感じるものであって、日々の生活を支配し、盲目にして、未来を盗み取り、エネルギーを吸い取ることをさせてはならない。そうなってしまうと、感情が毒になってしまうのだ。」

– バーナード・スタミテア –

家族と離れることによる感情への影響

自分の家族から遠く離れて暮らさなければならない人は、愛する人に触れてキスをして、ハグすることができないと非常に大きな孤独感を感じてしまうでしょう。それは生活リズムの変化を受け入れなければいけないことを意味しています。その人の残された家族たちとの関係が、今まで慣れていた方法とは全く違うものになってしまうのです。

転勤などによって長期間家族と離れて暮らしている方は、 定期的にオンラインで家族との時間を持って、それを日課にすることができます。便利な技術にのおかげで誰でも簡単にビデオ通話を通してリアルタイムでつながることができるようになりました。これで家族が離れてしまっても孤独感や寂しい気持ちを抑えやすくなるでしょう。

孤独感にも増して、悲しい気持ちが毎日の生活に影響してしまうこともあるでしょう。それが長期間にわたると、鬱を引き起こす場合もあります。このような状況がストレスとなって、日々の生活にも影響が出始め、自分の好みとは関係なく完全に不安定な状態に陥ることもあります。

さらに、ストレスレベルが高くなると心的外傷後ストレス障害を引き起こす可能性もあるのです。それは非常に極端な例ですが、家族から離れて暮らさなければならない状況によって、怒りや憤慨の感情を引き起こすことも当然の結果でしょう。では、そうならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

「自分の意識に目を向けなさい。自由を得ることの代償は常に警戒することです。自分の意識がどこに向いているかによって、あなたの心とエネルギーの方向が決まります。あなたが集中している意識こそが、あなたの現実となるのです。」

 – マリオ・アロンソ・ブッチ –

【 感情 への影響】家族と離れて暮らす影響と対処法

家族と離れる:感情を整えるガイドライン

健全に感情を整える唯一の方法はマインドフルネスの練習をすることです。MBSR(マインドフルネス ストレス低減法)などのプログラムでは、瞑想によって感情を整える方法を紹介しています。これはジョン・カバットジンによって生み出されたプログラムで、現在では心の内面を見つめることに関与する、感情を整えることに専念するコースなども実践されています。

このようなマインドフルネスに基づいたプログラムは身体を通して心をコントロールできるようになることを目指しています。そこで身体の一部として心を見つめ直してみると、それを意識することができ、心を調整できるようになります。このようにして、感情面での心の中の会話がエスカレートしないように抑えることができるのです。

つまり、自分の身体に気持ちを集中させて心を整えて、最初に感じていたネガティブな気持ちを自動的に生み出す、不要な感情を取り除くことができるのです。どうしても家族と離れなければいけない状況が短期間でもツラくなってしまう人もいますよね。そんな時はこのようなマインドフルネスや瞑想を試してみてください。