子どものための落ち着く呼吸法のコツを見てみよう

· 2019年4月3日
呼吸法は、子どもを落ち着かせて自制させるための鍵となります。この記事では、お子さんと試すことができる呼吸法をいくつか選んでご紹介します。

この記事では、子どもたちにとって最高の呼吸法をいくつかご紹介します。お子さんに適切な呼吸法を教えることは、精神的にも肉体的にも落ち着くための、簡単なのに効果的なやり方です。自分が今どう感じていて、どうやったら落ち着くことができ、そして感情の制御の仕方に注意を払うための手助けになります。

意識的に呼吸をすることで、子どもは自分の気持ちをコントロールし、精神的そして肉体的な幸福感を向上させることができます。これは、その他の健康習慣と同様です。

そのことを念頭に置いて、意識的な呼吸を実践するために定期的に休憩を取らせることは良い考えです。これから紹介する呼吸法が、感じ方や考え方、そして行動にどのような影響を与えるか教えましょう。

子どもにぴったりな呼吸法

1. 花の呼吸法

最初に紹介する呼吸法は、想像力を必要とします。はじめに、子どもに足を組んで床に座らせるか、体育座りをさせましょう。そして、目を閉じて、自らの呼吸の音に自分を同調させます。このとき、花を手に持っていると想像します。

次に、まるで花の香りを嗅いでいるかのように深く息を吸います。それから花びらに息を吹きかけるように吐き出す。息を深く吸って、ゆっくり優しく吐くのを数分間繰り返します。この呼吸法は、子どもが日頃意識しない行為に意識を向けるのを助けます。

花に息を吹きかける子ども 呼吸法 落ち着く 子ども

2. 深い腹式呼吸

この呼吸法を練習するには、子どもを楽な姿勢で立たせます。右手はお腹に、左手は胸に置きます。

4回深呼吸した後、口を閉じて鼻から息を吐きます。この呼吸法では、お腹が膨らんだりへっこんだりするのを感じます。

深呼吸を数分間続けます。徐々に子どもはリラックスし、その過程で様々なことを考えるでしょう。数回繰り返すことで、親の予想よりずっと早い段階で、心地良く感じるはずです。

3. 象の呼吸

これは子どもにとって最も楽しい呼吸法のひとつ。それに、やり方はとても簡単で、楽しみながらすることができます。まず、両足を離して立たせましょう。

次に、腕を体の前に持ってきて、象のように手を地面に置きます。そうしたら、鼻から息を吸って、腕を頭の上にあげます。

息を吐くときは、手を地面に戻します。これを3回繰り返しましょう。

「意識的に呼吸をすることで、子どもは自分の気持ちをコントロールし、精神的そして肉体的な幸福感を向上させることができます。」

こちらもお読みください:なぜ子どもは恐竜が好きなの?

4. 熱気球の呼吸

この呼吸法では、子どもが自分の想像力を使ってリラックスすることができます。足を組んで口の前に手を添え、楽に座るように子どもに伝えます。

次に、鼻から息を深く吸い、巨大な熱気球を膨らませているように口から息を吐きます。完全に息を吐き出したら、熱気球が空へ飛んでいく姿を見ていると想像しながら息をゆっくり吸うように伝えます。

瞑想する子ども 呼吸法 落ち着く 子ども

5. うさぎの呼吸

こちらも楽しい呼吸法のひとつ。子どもと一緒に、うさぎの真似をして、鼻をクンクンさせながら他のうさぎさんや、ニンジンや隠れ場所を探すふりをします。その間、鼻から息を吸って、鼻から息を吐きます。

間違いなく、子どもが泣きそうになってうまく呼吸ができないときにできる最善の呼吸法のひとつです。このやり方は、自分の呼吸に意識を向け、静かに息をするのを助けます。

今回ご紹介した呼吸法は、子どもを落ち着かせて、パニック発作を制御する手助けになると心に留めておいてください。しかし、辛抱強く、子どもに様々な呼吸法を教えるのに少し時間を費やす必要があります。子どもの幸福度を上げるための方法を教えるこの機会を、どうかお見逃しなく。

こちらもお読みください:ペットに赤ちゃんを迎える準備をさせよう