外出自粛要請中でも規則正しい生活を送りましょう!

2020年5月26日
今日の記事では、外出できない状態でも規則正しい生活を送ることについて提案したいと思います。

コロナウイルス、COVID-19との闘いの中で、外出自粛要請が始まって数週間が過ぎました。そして私たちの多くが外出できないストレスを感じています。ですので、室内に閉じこもっていなければならない外出自粛要請中の今も、規則正しい生活を送ることが重要です。こうすることで、油断して退屈と不安の中に身を置いてしまいにくくなります。

なかなか変わらない状況

日々が重苦しく、つまらないものに感じている方はたくさんいるでしょう。時間が経つにつれて様々な感覚を経験します。ときに、理由なく退屈したり精神的に参ってしまったりするのです。

同時に、いつもより元気で楽観的に感じる日もあるでしょう。こういった日には何かやることを探したり家族との時間を楽しんだりすることができます。

こういった感情のアップダウンや不安を避けるためには、規則正しい生活を送ることが重要です。規則正しく生活していれば、朝起きたら一日に何が起こるかがわかりますよね。そしてそうすることで、外出規制中の日々をより耐えやすく生産的に過ごすことができるのです。

カギはルーティーンの確立

コロナウイルスと闘うためには、自分と他の人を守るために健康の専門家の勧めに従わなければなりません。家にいる間、毎日読書をしたり新しいことを学んだりすることができます。また、注意力や記憶力、集中力を鍛えることも大切です。

さらに、健康的な食事をし、なにかしらの運動もしなければなりません。こうすることで健康なまま、エンドルフィンを放出し、モチベーションを保って楽観的でいることができます。そして規制中には、これらを上手に一日の中に組み込んで、これが終わるまでの間のルーティーンを確立するのがベストなのです。

外出規制 規則正しい 生活

規則正しい生活を送るということは、やる必要があることを注意深く考えながら準備を行うことで、これこそが私たちがやる必要のあることなのです。落ち着いていてポジティブな態度を維持するためには、毎日の計画をしっかりと立てましょう。これは達成したいと思う目標や課題、活動を設定することでうまくいきます。

外出規制中に規則正しい生活を送るためのアドバイス

予定を立てる

これは絶対に必要です。次の日に何を食べるかを前の日の夜に決めるのも、秩序を保つのに役立ちます。そうすることで、食事の時間になった時に、おそらくあまりヘルシーでない手っ取り早いものを適当に食べるということが起こりにくくなるでしょう。また、メニューを計画すると、尊重し達成するべきタスクとして料理に対してポジティブな見方ができるようになります。

さらに、1週間の食事を計画できるとさらにいいでしょう。お買い物メモを作って必要なものを買っておけば、不必要にお買い物に行く必要もなくなります。これは家にある食べ物をちゃんと使って無駄を出さないという意味でもとてもいい方法です。

ゴールや目標を立てる

外出規制中の毎日においては、ゴールや目標を立てることも大切です。そうすることで、毎日なにかしらやらなければならないことがあると感じ、それがあなたを集中させてくれます。

この意味で、在宅勤務をしている人なら一つの方法としてホームオフィスを作るといいでしょう。他にも家事のタスクなら服や本などを整理するのもいいですね。

家にある古い写真や雑誌、携帯やパソコンの中のデータなどを整理するのもいいでしょう。なんらかの運動をしたり、大好きなテレビシリーズの最新エピソードを観るというのも選択肢の一つです。

例えば外国語を勉強したり、オンラインのコースを受講したり、おもしろいと思う話題に関する遠隔会議に参加するなど学習活動をするのもおすすめです。

スケジュールに沿って生活する

外出規制中に規則正しい生活を送るには、ゴールや目標を設定しましょうというお話をしました。次のポイントは、毎日やりたいことを決めたら、それぞれの活動にどれくらいの時間を割きたいかを決めます。

スケジュールや時間制限を設けることで、それぞれの活動が互いを邪魔することはありません。また、食事や休息などの基本的なニーズを妨げることにもならないでしょう。

外出規制 規則正しい生活

スケジュールに沿い、毎日同じようなルーティーンを維持することは、外出規制中には大きなメリットがあります。これにより集中し、比較的計画通りに一日を過ごすことができます。そして毎日が長すぎる、あるいは短すぎると感じることもなくなります。これらの感情は生産的になっていないときに感じる気持ちだからです。

リラックスと内省の時間

最後に、毎日の計画を立てる時に、リラックスしたり内省する時間を含めることを忘れてはいけません。これらは適当でもバラバラでもない2つの活動です。これら2つはセットなのです。

現在のような状況の中で大きな不安を感じることは至って普通のことです。しかし今起こっていることに関して、誰も責めることはできないということを忘れてはいけません。ですので、リラックスし、この問題に対して意見を言ったり話したりする前にこの状況についてしっかりと考える必要があります。そして特に子どもの前では楽観的に共感しながら自分の意見を言うように心がけましょう。

一日の中でリラックスし、呼吸を整え、瞑想したりする時間を設けることも重要です。そしてよりよい人になり、よりよい社会を作るためにコロナウイルスが教えてくれていることについて、心を落ち着けて考えてみましょう。