各年齢の子どもにベストなおもちゃの選び方

· 2018年7月5日

子どもにとってベストなおもちゃを選ぶことはたやすいことではありません。みなさんもご存知のように、お店に売っているおもちゃの種類はものすごく多く、さまざまなものがあります。

さらに、適切なおもちゃが子どもに重要な利益をもたらします。しかし子ども自身がどものおもちゃが最も適切なのかを判断することは困難です。

では、それぞれの年齢の子どもにはどのおもちゃが適切なのでしょうか。そして選ぶ際にはどんなことに気を付ければいいのでしょうか。

子どもが遊ぶとき、子どもの心と身体は一緒にはたらきます。遊ぶことで子どもは自分と他人について学んでいきます。すべての新しいおもちゃやゲームは、攻略するための新しいチャレンジやテストなのです。適切なおもちゃには明確な利点があります。聴覚と視覚に関するもの、身体を同時に動かすもの、姿勢に関するものなどです。

ですので、おもちゃは子どものそれぞれの成長段階において、知能、運動、感情、そして社会的な発達を刺激するのです。遊びの発達はゆっくりと続くもので、それぞれの段階が一つ前のものの積み重ねになっているということを理解しておくことがとても重要です。

おもちゃが子どもの発達を助けます

安全性と発達

おもちゃは子どもの身体的、精神的、そして社会的にバランスのとれた発達に貢献します。子どもは気持ちを表現し、大人になると完成する社会的な役割を遊びの中で実践するので、遊びは学びの形なのです。

そこで、子どもに遊ぶ場所を作ってあげることは必要不可欠です。子どもの感覚を刺激するのにベストなおもちゃを与え、幼いころから世界を豊かにしてあげましょう。

そしてもう一つ絶対に考えなければならない要素が安全性です。つまり、ある年齢層の子どもはおもちゃのタイプによっては怪我をしてしまう恐れがあるということです。ほとんどのおもちゃは深刻な怪我が起こらないようにできていますが、最もひどいケースではおもちゃを不適切に使用したために死亡事故や永久的な怪我をしてしまうこともあるのです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、間違ったおもちゃで遊ぶとひっかき傷や転落、やけど、窒息、首がしまったり中毒になったりすることもあります。ですので、子どもが安全に自分の能力を伸ばせるような適切なおもちゃを、大人が慎重に選んであげなければならないのです。

ベストなおもちゃを選ぶための5つのアドバイス

  1. おもちゃはお子さんの年齢に適したもので、さまざまなスキルや態度を発達させるものであるべきです。
  2. おもちゃは安全でなければなりません。破片が出たり、壊れたり、割けたりするような素材でできていてはいけません。無色のものや、毒性のない素材を選びましょう。子どもが小さければ小さいほど、おもちゃは部品は大きいものにしましょう。
  3. おもちゃはシンプルなものにしましょう。こうすれば、子どもが自分で別の遊び方を発明することで想像力を育み、象徴的なものを理解することに役立ちます。
  4. おもちゃは性格を補完するものであるべきです。例えば、お子さんが内向的ならば、複数人でプレイするゲームなどのお子さんが他の人と関わるようなおもちゃやゲームを選ぶのです。とても活発な子どもには、集中力を長引かせたり、芸術の才能を高めるようなおもちゃを選ぶのが良いでしょう。
  5. おもちゃを与えすぎると想像力が抑えられ、退屈にさえ感じてしまうということを覚えておきましょう。
子どもに適切なおもちゃを

各年齢の子供に適したおもちゃ

  • 生後0~6ヵ月:赤ちゃんには、目に留まるようなもので、自分の身体について発見ができ、触感や形、色が区別できるおもちゃが必要です。適したおもちゃは、がらがら、メリー、お人形、歯固め、ぬいぐるみ、プレイマットなどです。
  • 生後7~12ヵ月:子どもは今やものをよく調べ、声を認識することができるようになります。異なる触感と色のものを選び、また音や光る色のあるものを選ぶのも良いでしょう。ボール、ぬいぐるみの人形、楽器のおもちゃなどが良いでしょう。
  • 生後13~18ヵ月:この年齢では、子どもは歩き、ものの性質がわかります。積んで遊べるブロック、三輪車、車がこの年齢には理想的です。
  • 生後19~24ヵ月:子どもは話をして理解することもできます。そしてまわりの世界のことがわかり始めます。車、ホワイトボードや黒板、絵の具、楽器、人形、動物や紐をひっぱるおもちゃなどが理想的です。これらのおもちゃはカラフルで扱いやすいものでなくてはなりません。例えば形を合わせるゲームや大きなブロックなどです。
  • 2~3歳:この発達段階では、子どもは名前に興味を持ち、家族のできごとの真似をするようになります。三輪車、ボール、バケツとスコップ、パズル、絵の具、電話、車や人形などがこの年齢ではベストです。その他にはぬいぐるみの人形や動かせる人形、変装や、スポンジなどでできた大きくてシンプルなパズルなどがあります。
  • 6~8歳:この段階では、子どもは足し算や引き算ができ、読み書きもできます。スケート、リモコンカー、クイズや実験が入ったゲーム、関節がある人形や人形のおうち、キッチンの食器などなどを与えるとよいでしょう。この年齢では従わなければならないルールがあるおもちゃを選ぶといいでしょう。例えば記憶ゲーム、ボードゲーム、トランプ、カラフルなイラストの載った大きな本などです。
  • 9~11歳:この年齢では、子どもはより複雑な活動に興味を持つようになります。スポーツ用品や、戦略ゲーム、視聴覚あるいは電子ゲーム、実験などを楽しみます。日記、スケッチブック、電車のセット、車のトラック、模型キット、ボードゲームやその他の知能を高めるようなおもちゃがおすすめです。