人前でかんしゃくを起こさせないために

2018年5月16日

人前にいるときに、お子さんがかんしゃくを起こしたとします。周りがみんな自分を見ているような気がして、最初に感じるのは恥ずかしさです。そして、親として何か間違ったことをしているのではないかと不安にさえなります。でも希望を失ってはいけません。人前でお子さんにかんしゃくを起こさせないための素晴らしいアドバイスを読んでみてください。

母親業は素敵な瞬間に満ちています。しかし同時にそうでもない瞬間もあります。例えば、お子さんが手に入らないものを欲しがったとき、特に人前にいるときにです。そういったことが起こると、子どもたちは控えめに言っても居心地が悪く、イライラするような状況を作り出しがちです。

時には子どもたちは「かんしゃく大賞」をめぐって競争しているのではないかと思われることもあります。そして私たちも、手に負えないときもありますよね。こういった状況になっても申し訳なく思う必要はありません!折に触れてこのような態度が出てしまうのは普通のことです。

そして幸いなことに、この大きなスペクタクルを避けるために使えるトリックがいくつかあります。お子さんが泣き始めても、降参しないでください。私たち母としての役割は、子どもたちと一緒にいて助けてあげることです。しかしそれは同時に、子どもたちがいつも自分たちのやりたいようにはできないのだということを教えることでもあるのです。

人前でかんしゃくを起こさせないようにするには

人前での気まずいかんしゃくにさよならを言うために、有効なアドバイスがこちらです。

  • 家を出る前に、お子さんの欲求がすべて満たされているようにしましょう。お子さんが適当な時間に食事を済ませ、いつもの時間に昼寝をするという計画を整理しておくとよいでしょう。
  • 毎日の日課を守ることで、お子さんがいらいらしにくくなります。家を出ることでお子さんのいつもの食事やお昼寝のスケジュールが乱れると、その代わり疲れて短気になりやすいのです。
  • 事前に計画を立て、きちんと子どもに準備させましょう。銀行など子どもにとって退屈な場所に行くときには、おもちゃやゲームを持っていきましょう。どこか暖かいところに行くなら、冷たいフルーツやお菓子を持っていきましょう。そうすればお子さんを落ち着かせておくことができます。
  • これから一緒にすることを、お子さんに明確に伝えましょう。子どもは論理的です。子どもにパン屋さんに行くと言ったら、子どもは論理的にドーナツが買ってもらえるという結論に至るでしょう。
  • いざこざを避けるためには、何を買う予定なのかを説明しておくとよいでしょう。子どもがどんな選択ができるのか明確な限度を示しましょう。例えばシリアルを買うつもりなら、お子さんに食べたいシリアルを選んでいいよと伝えましょう。

お子さんの限界を知るようになりましょう。この情報は、あなたとお子さんにとって可能な限り最も良い方法で、困難な状況を乗り越えるのに役立ちます。

子どもの限界を知りましょう

子どもの限界を知りましょう

外出中に望まないかんしゃくを起こさせてしまう状況を回避するために、以下にいくつかのアドバイスを挙げておきます。

  • お子さんに、どこに行くのか、どんな順番で、どれくらい時間がかかるのかを伝えておきましょう。これはお子さんに自分の期待を制御するために必要な情報を与えることができるので、素晴らしい作戦です。
  • 外出中に行う予定の活動について、心をこめて話しましょう。これにより、お子さんがこれから起こることに対して精神的に準備しやすくなります。
かんしゃくを回避しましょう

  • 起こりそうなかんしゃくを察知して、前向きでいましょう。私たちが「ノー」と言うとき、子どもの頭の中には何千ものことが浮かんできます。いざこざを防ぐための最も良いやり方は、予防をすることです。
  • お子さんをお気に入りの場所に連れていく前に、一息ついて事前に計画を立てましょう。例えば、今公園にいて、もうすぐ帰らなければいけないとします。そこで、お子さんに声をかけ、遊ぶ時間はあと10分であること伝えます。こうすることで、お子さんが楽しんでいることをちゃんとわかっていることが伝わります。同時に帰らなければならない瞬間に備えて、理解しようとすることにもなります。
  • その他のやり方としては、お子さんの注意の方向を変えるという方法があります。お子さんがアメが欲しいけれどもらえないとしましょう。これから泣こうとしているのがわかります。そこで、犬の散歩に行く時間だよ、といって注意をそらすのです。これは楽しいことだと思わせるようにしてみましょう。気を散らせて、乗り越えさせるのです。

バトルは選びましょう。ときには甘くするのもよいでしょう。しかしときには厳しくダメと言わなければなりません。状況はいつも違うので、正しい戦略と立場を選ぶのはあなた次第です。

一度ダメと言ったら、その立場を貫くこともとても重要です。子どもがかんしゃくを起こしている最中にあなたが決心を変えてしまうと、間違ったメッセージを送ってしまうことになります。お子さんは自分の行動が、自分のやりたいことを通すのにうまくいったと思ってしまいます。その結果、これからもっともっとかんしゃくを起こすようになってしまうのです。

一度ダメと言ったら、心変わりをしてはいけませんよ。

あなたへおすすめ