ドーマン法で1歳になる前から子供に読み書きを教えよう!

2018年5月4日

読み書きは他の動物と人間を区別することのできる能力です。知性を育てるには、この読み書きがキーとなります。ドーマン法を使い、1歳になる前から子供に読み書きを教えましょう。

赤ちゃんは1歳になる前には読書に関連する分野で知性を発達されることができます。これはグレン・ドーマンによって発見されたもので、子供が短い間に読書から何百もの言葉を吸収できることを証明しました。

他の研究では、産まれたすぐ後から本を読み聞かせることで、言語に対する知性が発育されることがわかっています。

本の内容を理解することは難しいですが、情報を吸収することで、赤ちゃんの脳は発達します。

ドーマン法は、子供の毎日の中の出来事を、言葉に表現して教えるという方法です。フラッシュカードやポスターなどを使い、言葉とその意味の関連性をつくり、読み書きを覚えさせます。

1歳になる前から子供に読み書きを教え-Flash-Cards

ドーマン法は少し大変な作業に聞こえますか?疑い深い人は1歳になる前から子供に読み書きを教えるのは不可能なのでは、と思うかもしれません。普通は、単語を教える前に、「あいうえお」から始めますよね。ここがドーマン法と他の教育法との違いとなります。

Dr.ドーマンはこの教育法を子どもが良く知っている身の回りのことから始め、そして抽象的な分野に進むべきだと考えています。このやり方は、子供の学びの早さをうまく利用しています。子供はいつも情報、知識、新しいことを知りたがるからです。

ドーマン法は世界中で認知されていて、アメリカでもポピュラーな教育法となっています。子供の認知、感情、そして身体アクティビティを利用している素晴らしい方法だと絶賛されています。

それでは1歳になる前から子供に読み書きを教えることができる、ドーマン法について詳しい内容に入りましょう。

ドーマン法の詳細

1歳になる前から子供に読み書きを教え-learning

まず初めに、ドーマン法は10分以下の短いセッションで行います。1歳以下の子どもに対しては3分間教えることが好まれています。子供を飽きさせず、学ぶことに対しての意欲を保つためです。セッションは毎日行い、新しい単語に触れさせます。

あなたの子どもが18か月以下であれば、使うフラッシュカードは縦15×横60cmと大きめにします。文字は12cm以上の高さで、2cm以上の太さにします。文字は赤色で印刷され、カードを見せる時は子供から45cm離れたところに置きます。細かいようですが、これらのルールを守ることは非常に重要です。

1歳半を過ぎた子供には、カードを縦10×横60cm少し小さめにします。文字は黒色で、7.5cmの高さで1cmの太さにします。子供から1メートル離れたところからカードを見せます。

セッションを義務づけるのはやめましょう。遊び感覚で子供が興味を保てるように工夫します。

単語を家族、家、体のパーツなどのカテゴリーに分けて教えます。1つのカテゴリーにつき、5つの単語を用意します。1つ1つの単語を別々のカードに記します。初日は1つのカテゴリーを見せます。次の日は前の日のカテゴリーとさらに新しいカテゴリーを加え10単語見せます。3日目には2日間分のカテゴリーと新たなカテゴリーを見せるので合計15単語となります。この作業を5日間続け、5日目には合計で25単語のカードを見せます。

ドーマン法は1日に3つのセッションを持ちます。5日間で15セッション行うことになります。この方法は、子供が一つの単語を繰り返し見ることができます。

準備としては、200の単語フラッシュカードを作ります。これは1か月間で十分の単語数となります。一番重要なことは、1日に10分以下の短いセッションを3回行い、遊び感覚を忘れない、ということです。この方法の良いところは、家でもどこでもできるということです。子供と一緒に楽しみながら言葉を教えましょう。

子供に馴染みがある単語から始めることも重要です。おかあさん、ママ、おとうさん、パパ、ベッド、おふとん、手、鼻などです。抽象的な言葉はその後にしましょう。

家庭の中の身の回りにある単語のカテゴリーを終えたら、次は違う環境の単語に移りましょう。例えば、公園、幼稚園、おばあちゃんの家などです。色などいろいろな単語に挑戦してみてくださいね。

新しい単語を教える際には、そのモノ自体を指し示すようにします。子供にとってどのことを言っているのかわかりやすくしましょう。

この方法は身近なものから、抽象的なものに対して知識を広げ、文字と発音の理解力を上げていきます。単語を覚え始めれば、「あいうえお」の理解や他の単語や文章の理解が速くなることでしょう。

ドーマン法は1歳になる前から子供に読み書きを教えるだけの教育法ではありません。覚えることの楽しさを子どもとシェアし、同時に知性の発達を促すことができます。ぜひこのドーマン法をトライしてみてはいかがでしょうか?あなたが自信を持って子供に教えれば、きっとうまくいくはずです!

 

あなたへおすすめ