カギとなるしつけの7つのポイント

· 2018年7月11日

親として、しつけにはカギとなる7つのポイントがあることに気づいておくべきです。もちろん子どもはみんな同じではありませんから、聞くことすべてを使うことはできないかもしれません。しかし、アドバイスは全て役に立ち、反映させ解釈にオープンでいる価値があります。

子ども時代は複雑な段階で、個々が身体的にも精神的にも成長する時期だということは良く知られています。また、この時期に性格、良い習慣、態度が形成されます。

親として、私たちは子どもにとって最適な発達ができるように促すという課題を持っています。私たちは子どもとの関係性のバランスをとり、尊重できて、フェアで行儀のよい人間を育てなければなりません。

子どものしつけは、家族、学校、外での子どもの行動を導くための主なツールです。しかし、とても難しい課題でもあります。

7つのカギとなるしつけのやり方

しつけをしたいなら、専門家の賢明なアドバイスを考慮することから始めるのもいいでしょう。親友などからのアドバイスにも耳を傾けることも大切です。

大変な課題を始めるために、以下の役に立つアドバイスを取り入れてみてください:

ポイント1:フェアであること

尊敬は、子どもが信じておかなければならない主な教訓です。尊敬と平等さは、子どものときに習得しなければならない必要不可欠な価値観です。子どもを対等に扱い、劣っているものとして扱わないことで、子どもはもっと貢献したいと思うようになります。

子どもが尊敬からではなく服従して言いなりにならないようにしましょう。権威的になりすぎないことで、ときには譲ってもいいのだということを子どもに理解させることができます。

ポイント2:気を付けること

気を付けていれば、多くの悪を避けることができます。例えば、どの過ぎた罰を招くことなどです。私たちの行為が子どもを混乱させないように、なぜしつけをしているのか理由を話してコミュニケーションをとることが重要です。

ポイント3:自由を許可すること

家族の関係性の一部には、家族の一人一人が同じ権利を持っていて、完全に自由に家族の活動に参加できるということがあります。

そうするためには、子どもに自分の意見を親に言える機会を与えることが欠かせません。これにより信頼が生まれ、自分の意見を聞いてもらえるということを子どもに理解させることができます。

ポイント4:干渉しないこと

しつけの基礎は、個人の自由です。子どもが自分自身の行動に選択の余地があるということに気が付くと、ルールや権威を受け入れやすくなります。

子どもが自分の自由な意思で行動し、親と交渉したりコミュニケーションをとることが大切です。ルールや制限を設定するときに、これはとても重要になります。

ポイント5:基準を設けること

家族のルールが明確できちんと伝わっていると、混乱や不同意がありません。

家でのルールを設定する際、具体的にすることが、子どもをしつける上での最初のステップです。

ポイント6:予告のないご褒美は避けること

習慣や態度について教える際、最初から子どもはご褒美を期待することが重要です。

例えば、子どもになにかやってほしくて、それにご褒美をあげるならば、子どもが事前にそれを知っていることが大切なのです。

つまり、子どもが目標を達成したら、子どもは2つの方法で学習します。一つは親に従ったから、もう一つは個人的な目標を達成したからです。すなわち、子どもは自分自身と親の両方を満足させたことになります。

しつけのポイント

ポイント7:子どもの話を聞くこと

話を聞くことはしつけの基礎です。尊敬、平等さ、自由とそれにともなうルールなど、そのほかの重要なポイントにも関連します。

子どもが私たちに伝えたいことを聞いてあげることで悪いことは何もありません。私たちはそれにより子どもがどう考えるのかがわかり、子どもの行動にもっと上手に反応できるようになります。

話を聞くことは、子どもが私たちのことを信用でき、自分の言い分を話す機会があるのだと理解することにも役立ちます。