脅しを使う子育て:やってはいけない理由とそのやめ方

· 2018年5月28日

脅しを使った子育ては間違いです。脅しは恐怖に頼るもので、恐怖を使うと悪いお手本を見せて教育してしまうことになります。

「今すぐおもちゃを片付けないなら、もう一生おもちゃは買ってあげないからね。」この脅しやこれに類似したものは、子どもに言うことをきかせるためによく使われる方法ですよね。

この記事では、なぜこういった子育てが良くないのか、そしてどうすれば避けることができるのかを検証していきたいと思います。

子どもに脅しを使うことの影響

多くの親が、子どもを教育するのに脅しに頼っています。このことの問題点は、子どもがすぐに親が約束を守らないということに気づいてしまうという点です。そして親が自分で言った脅しに従った行動をとらないということもわかるようになります。

多くの脅しは非現実的です。それを完全に行うことはとても難しいか、不可能です。中身のない脅しは、親の権威に対する尊敬を子どもから失わせることにつながってしまいます。

この罠に陥ってしまわないように、別の子育て戦略を練る必要があります。一番いいのは、子どもの脳がどう働くかをより理解することです。

この戦略を使えば、空っぽな言葉に頼ることなく子どもを効果的に教育することができます。

同じように、脅しを使わずに教育することで、お子さんはあなたをネガティブで偉ぶっている人ではなく、ポジティブで優しい人だと見なすことにもなります。

なぜ脅しを使った子育ては間違いなのか

子どもの行動が間違っていると教えるために恐怖感を使う子育ては間違っています。長い目で見ると、逆効果になってしまうことすらあるのです。その理由がこちらです:

  • 脅しは家族の中に不安と疑念の空気を生んでしまいます。
  • これは独裁的な子育てスタイルで、近代の学習理論に反します。
  • 脅しを使った子育ては、家庭内に暴力を再現してしまいます。
  • 親が言うこととやることに矛盾が生じてしまいます。
脅しを使った子育てがいけない訳

脅しを使った子育ての招く深刻な結果

脅しは子どもを育てるのに良いツールではありません。中身のない言葉に思えても、これは明らかにに心理的暴力をふるっていることになるのです。

ときに脅しは、大声が伴うこともあります。それにより子供の行動や心の健康に悪影響が出る可能性もあります。

脅しを使いすぎることで起こる結果には以下のようなものがあります:

  • 子どもは自分の行動の責任を取らなくなります。脅しには反応しますが、罰を避けるためや利益やご褒美が少なくなるのを避けるためだけにそうするのです。
  • 親は子供の目により信用できない人として映ります。怒っていると、厳しすぎて実行するのが不可能な脅しをしてしまうからです。
  • 子どもは自信をなくします。親が脅しを使うと、親の反応を恐れるようになり、自分の基準を設定したり自己統制をする力が育ちません。
  • 子どもはストレスに悩まされます。これは精神的発育の妨げになります。

脅しは、親にそれ以外の子育ての力が無いことを見せてしまうだけです。

3つの効果的な解決法

親が子供の目に威厳ある人物として映るためには、親が言うことが実際にすることと一貫していなければなりません。

  • ありえないようなことを言わないようにしましょう。これは効果がありません。お子さんはあなたがそれを徹底できないことをわかっています。
  • できるかわからないことを約束するのはやめましょう。
  • 約束を守りましょう。いい約束も嫌な約束もです。
脅しを使わないために

脅しを使わずに子供を育てるには

子どもの行動を正すために親が脅しを使うとき、それは親にそれ以外の子育ての力が無いのだということを示してしまっているだけです。こういった子育てのやり方は、境界線を引くことができない、家族の絆が弱いということのサインです。

このことを心にとめて、以下のようなよくありがちですが効果のない子育てのやり方は避けるようにしましょう:

  • 講義形式
  • 心を操作するような言い方や恐喝
  • 言葉の、あるいは物理的な暴力
  • ご褒美や罰を与えすぎること

そうではなくて、お子さんに間違いを犯すことは誰にでもあることだと教えてあげましょう。間違いやそれを正すことから学ぶのを手伝ってあげましょう。そしてどんな間違いをしようが、お子さんのことを愛し続けるということを伝えてあげましょう。

これはしつけをしなくていいと言っているのではありません。脅しを使った子育てが、短期的にも長期的にも良くない結果をもたらすのだということなのです。

お子さんがやらないとどうなるか怖いからではなく、そうしたいと思えるように、お子さんを理解し、ベストを尽くす手伝いをしてあげましょう。