出産時に会陰切開を避けるには?:赤ちゃんの誕生

2019年7月22日
最近では、妊娠中の女性の大きな不安となる出産時の会陰切開を避けるために役立つ方法が生まれてきています。

妊娠中の方は、出産時に会陰が割けたり会陰切開をしたりするのが怖いと思っていらっしゃるかもしれません。しかし、多くの専門家によって、本当に必要な時以外は会陰切開を行わないことが提案されています。この記事では出産時に会陰切開を避けるためのアドバイスをご紹介します。

会陰切開とは?

これは赤ちゃんの頭が出てくる膣と直腸の間の会陰を小さく切開することです。赤ちゃんが出てきやすいようにこの部分を3~4センチ切るのです。

この施術を行う理由は、出産時に会陰の筋肉が割けないようにすることです。そしてスペインでは80%の女性に行われているほど一般的になっています。

会陰切開 避けるため

出産時に会陰切開を避けるには?

会陰の部分に温かいものをあてることで、赤ちゃんが出てくる時間をゆっくりにすることで会陰を守ることができます。出産前6週間くらいの間、会陰にオイルを塗ったり、ケーゲル体操をすることもおすすめです。

理学療法士であり助産師でもあるアスンシオン・ゴメスのような専門家によると、会陰の状態がよければリスクは低いと言います。さらに、ゆっくりと自然に拡張させてあげなければなりません。

出産時に会陰切開を避けるためには、助産師に頼るという選択をとることができます。これによりできるだけ自然な方法で出産を行うことができるので、本当に必要な時だけ会陰切開を行うことになります。

より自然な出産を行えますし、少なくとも医療的介入を最小限にすることができます。または水中分娩を行うことでも、一般的に痛みを軽減し会陰切開の可能性を低くすることができます。

ケーゲル体操

ケーゲル体操を行うと、骨盤の筋肉を引き締めたりリラックスしたりすることができます。その一つの方法は、脚を開いてトイレに座り、おしっこを5秒のインターバルを置いて止めてみましょう。そして脚を動かすことなく出し、ゆっくりと呼吸をします。

このセットを一日を通して10回繰り返しましょう。可能なら筋肉のリラックスと引き締めを20秒間まで伸ばしてみましょう。

この目標は、会陰の筋肉を強化し、より強く伸縮性が高くなるようにすることです。ですので、妊婦さんはこの部分をリラックスさせ、柔軟性を高め、赤ちゃんが生まれる時に会陰の部分がよく広がるようになるのです。

こうすることで、赤ちゃんの頭が出てきやすくなり、出産時に会陰切開を避けることができるのです。

会陰のマッサージ

このマッサージは妊娠後期に行うことができます。お風呂に入った後で行いましょう。

会陰全体にローズヒップオイルやアーモンドオイルを塗ります。親指を使って、Uの字を書くように少し下と外側に向かって押すようにしながらこの部分をマッサージします。軽く痛みを感じるまでこの動きを繰り返します。

この動きを長く続けて行うことで細胞が柔らかく伸びて、会陰の伸縮性が高まります。また、出産時に感じることになる緊張や圧力の感覚への準備にもなります。

会陰切開を避ける マッサージ

会陰切開をすべき時とは?

会陰切開は、胎児にストレスがかかるリスクがある時に行われます。例えば合併症が起きていたり難産である場合、そして前回の出産時に膣が割けたことで苦しんだことのある場合などです。

会陰切開が適切に行われ、しっかりと縫合されれば、回復は順調に進み、不快感も数日で消え、縫い目も自然と消えていきます。

不快感を和らげるためには、温かいお湯につけた布をその部分に当て、清潔感を保つことです。傷を洗った際には、よく乾かしできるだけ頻繁にその部分を覆いましょう。また、渋い食べ物は避けるようにしましょう。

  • Carroli, G., & Belizán, J. (2008). Episiotomía en el parto vaginal. La Biblioteca Cochrane Plus, (2)
  • Liljestrand J. Episiotomía en el parto vaginal. Comentario de La Biblioteca de Salud Reproductiva de la OMS (última revisión: 20 de octubre de 2003); Ginebra: Organización Mundial de la Salud
  • Signorello LB, Harlow BL, Chekos AK, Repke JT (2000). «Midline episiotomy and anal incontinence: retrospective cohort study»