妊婦が知っておくと便利な自然出産のための準備

2018年10月13日
出産に関する詳細を決めていくことで、自然出産に対して落ち着いて対応し、この特別で幸せな赤ちゃんとの出会いを、満足いく経験にすることができるのです。

自然出産のための準備にまず必要なことは、便利で正確な出産の情報を知ることです。

きちんと自然出産の情報を得ることには、様々な利点があります。例えば、子どもこの世に産み出すための、綿密な出産計画を立てることができます。

ドゥーラや助産師、または出産に立ち会う他の医療専門家と共に、出産計画について話し合って準備をすると良いでしょう。

出産のための医療機関をどこにするかを考えておくのも大切です。それによって妊婦としての安心感を得るだけでなく、このデリケートで個人的な出産という経験を援助してくれる人と話し合いができます。

どの出産も分娩も妊婦によって異なり、生まれてくる赤ちゃんによっても変わります。自分にどんな選択があるのか知って、心準備しておくと、自然出産を成功させることができるでしょう。

分からないことは何でも質問して、自分の理想と出産状況によって、どのような出産援助を必要としているのかを決めていきましょう。

分娩中は気分が激しくなり、感情が高まりますが、事前に正確な情報を知ることで、出産を通しての正しい決断をすることができます。

自然分娩のための準備として、これから紹介するアドバイスを参考にしてみてください。

出産に良い付添人を選ぶ

自然出産のための準備

自然出産の準備をするのに、誰が付添人になるのがいいのかを自分で決めると良いでしょう。出産中に妊婦に対して敬意を持って接してくれるような人を選ぶことが重要です。

ただ良い人というだけでなく、妊婦の要望、期待、好みを理解してくれる人が最適です。出産の段階で妊婦が信用できて、周りにいると落ち着けるような人を選びましょう。

医療関係者や助産師によると、信用できる付添人がいることで多大な効果があり、痛み止めや分娩に必用な器具、帝王切開の必要性が減少するそうです。そして出産経験の満足感が増大するとも言われています。

出産の間、家族の一員や信頼できる友達がいると安心できます。さらに陣痛の痛みに耐えて、自然分娩が少しは楽になるでしょう。

適切な付添人であれば、落ち着いて自信を持たないといけない時に、妊婦を応援して支えてくれます。

また、助産師やドゥーラが立ち会う出産には良い効果が見られるとの研究結果も出ています。知識のある人が出産に立ち会うことで、自然分娩になる確率が高くなるということです。

自然分娩とは、麻酔や陣痛促進剤などの医療処置をしない経腟分娩を意味します。それは局部麻酔を使った無痛分娩や会陰切開、吸引・鉗子分娩の必要性が減少することになります。

さらに、助産師やドゥーラのサポートにより、母乳育児がうまくいく確立も高くなり、出産と分娩の間、常に状況判断をして的確な反応をするという安心感をもたらします。

「我々の文化には隠れた秘密があります。それは出産は痛いものではなくて、女性が強いということです。」

– ローラ・スタヴォ―・ハーム 

自然出産の準備

自然分娩で子どもを産む準備をするのは、妊婦が自分の健康管理をするという事です。

出産環境

自然分娩に理想の環境は安心できる個室です。部屋には、出産に挑む母親のお世話をする選ばれた家族や友達がいるのが良いでしょう。

出産に使われる部屋は、個人の空間であって、居心地良いものでなければいけません。室温は温かく、調整の効く照明があり、分泌に使われる器具は妊婦に見えないようにしておくべきです。

ケア

妊婦は出産の間ずっと誰かにお世話してもらい、様子を見てもらいましょう。

体勢を変える

自然分娩の最初の段階で、子宮口が開き始めます。この時点で仰向けに寝る必要はないと専門家は言います。実際この段階をうまく乗り越えるには、自分に一番心地良い体勢を選ぶのが良いでしょう。この段階が長く続くこともよくあります。

この時、水やジュースなどで水分補給するのが良いでしょう。スポーツドリンクは水分を補給し、ケトン症予防のために少量の糖分を摂取できるのでお勧めです。お茶やカフェイン入りの飲み物は避けましょう。

痛みを乗り越える

出産の経過の中で最後の娩出期での痛みを乗り越えるには色々な方法があります。できれば分娩の際援助してくれる人達が、できるだけ痛みを緩和するよう、妊婦をサポートしてくれるのが理想的です。

この段階で妊婦に一番良い姿勢でいられるように対処できると良いでしょう。以外なことに、出産専門家は仰向けに寝る姿勢を、この時点では勧めません。

なるべく身体が縦になる姿勢(座る、立つ、しゃがむ)、または横向きの(身体を横にして寝る)姿勢だと、娩出期が短くて済むそうです。

妊婦が手とひざを付いて、四つん這いの姿勢になるのも、分娩に良いと言われています。この姿勢は腰の痛みや、産後の会陰部の痛みを和らげます。

この出産の娩出期では、家族・友達・医療スタッフなど、妊婦の周囲にいる人達がとても重要になってきます。

妊婦が専門スタッフのサポートを受けると、自然分娩ができる確率が高くなるという、科学研究結果がいくつも報告されています。それは、無痛分娩、分娩器具の使用、帝王切開などを必要としなくて済むということです。

このように出産に関する詳細を決めていくことで、自然出産に対して落ち着いて対応し、この特別で幸せな赤ちゃんとの出会いを、満足いく経験にすることができるのです。