生徒の声を聞くことの大切さ:子どもの声を聞くとはどういうこと?

27 3月, 2020
子どもも自分の考えや意見を持っているので、私たちはそれに耳を傾け、それを考慮するべきです。
 

教育システムは人間を形成する機会と特権を持っています。これは学業的な意味にとどまらず、価値観についても言えることです。つまり、学校は将来のより良い社会を作る理想の場所ということになります。

この目標を達成するには、子どもの話に耳を傾け、彼らの意見を聞くことが重要です。ですので、この記事では生徒に発言させることについて詳しく見ていきたいと思います。

私たちには子どもを教育する義務がありますが、同時に彼らから学ぶ義務もあります。ですので、教育者は自分の生徒の意見に積極的に耳を傾けなければならないのです。そうすることで、生徒がどのように世界を見ているのか、どんな観点を持っているのか、そしてどんなことに不安を抱いているのかを理解することができるでしょう。

子どもの声を聞くとはどういうこと?

「子どもの声を聞く」という表現は世界中で人気を集め、重要度が増しています。この概念が意味することは学校環境の特定の面において、生徒の自主性や参加度を高めようとすることを指しています。

生徒 発言 生徒の声

そうするためには、学校が子どもたちに、もっと自分で意思決定ができるような手段やツールを与える必要があります。つまり、生徒自身の教育や学習において受動的ではなく能動的な役割を与えるということです。

 

また、すべての生徒は以下のようなことに関わらず、差別を一切されることなく意見を述べることを許されるべきです。

  • 障害
  • 年齢
  • 性別
  • 国籍
  • 宗教
  • 学業成績

生徒が自分の話を聞いてもらう機会を与えられることが大切です。すべての生徒が自分の能力や性格とは独立した意見を持っていて、それらの意見は全て重要だと理解する必要があるでしょう。

生徒の声を聞くためのアクティビティ

生徒の声を聞くということは、学校を良くすることに参加させるということです。これは変化のためのツールともなり、学校がより包括的で民主的な教育を行うのにも役立ちます。

先生が生徒の声を聞くためにできるアクティビティを挙げてみました。

  • 相談する機会:意見箱や投票、嘆願パネルなど。
  • ロールプレイ:ロールプレイを使ってグループ活動を行うこと。
  • レゴシリアスプレイ:このレゴが作った方法は、レゴブロックを使って問題への解決法を表すようなものを作るというものです。
  • 社会・参加型マッピング:これは、問題や解決法を表す様々な図表的要素を取り入れた地図を作るというものです。

新しい先生のメンタリティー

子どもの声を聞くということは、先生や教授が自分の役割は教育を行う者だと考えるメンタリティーを変えることも意味するので、これまでの伝統的な教育法を忘れ去る必要があります。

昔から、先生が教室の注目の的であり、生徒は情報を受け取るだけの存在でした。生徒の声を聞くということは、この関係を変えるということを意味します。

また、先生は自分の権威的なポジションをいったん脇に置き、生徒を学校生活に参加させなければなりません。これにより生徒は個人的な自立性を高め、責任感を感じ、自信を持った個人になることができるのです。

 

「教育の目的は独立した個人を作ることであり、他の人に頼らなければならない人を作ることではない。」

-ハーバート・スペンサー-

子ども 声を聞く 生徒の声

まとめ

学校は、生徒の声が聞けるような包括的教育実践をしなければなりません。それが、平和的に共存することや、学校を変化させ改善するための適切な教育サポートを促すことにもなるのです。

ですので、今こそ生徒に自分自身の教育にもっと参加するよう促すべき時なのです。

「参加するということは、他の人と一緒に学び、経験を共有しながら協力することである。そのためには、学習することや教育についての発言権を持つことに積極的に関わらなければならない。さらに深く言えば、それは認められ、受け入れられ、自らに価値を置かれることなのである。」

-ブース、エインスコウ―

もちろん、子どもが参加することは教育的環境に限ったことではありません。むしろ、子どもの意見を聞きそれを尊重することは、家庭やコミュニティを含むすべての領域で行われるべきことです。

結論として、参加を促し生徒の声を聞くということには、長期的なメリットがあると言えるでしょう。これは子どもの教育に良い影響があるだけでなく、将来社会に積極的に参加する市民を育てることにもなるからです。

 

「学校は、子どもが自由に自分について学び、自分を表現する場所であるべきだ。」

 
  • Booth, T. y Ainscow, M. (2015). Guía para la educación inclusiva: desarrollando el aprendizaje y la participación en los centros escolares. Madrid: OEI.
  • Fielding, M. (2011). La voz del alumnado y la inclusión educativa: una aproximación democrática radical para el aprendizaje intergeneracional. Revista Interuniversitaria de Formación de Profesorado, 25(1), 31–61.
  • Susinos, T. (2012). Las posibilidades de la voz del alumnado para el cambio y la mejora educativa. Revista de Educación, (359), 16-23.
  • Susinos, T. y Ceballos, N. (2012). Voz del alumnado y presencia participativa en la vida escolar. Apuntes para una cartografía de la voz del alumnado en la mejora educativa. Revista de Educación, (359), 24-44.