社会性を子どもに教える:自尊心と積極性について

2019年9月19日
社会性はその他の特性と同じように教育できるものなのか、親も先生も疑問に思うものです。しかし現在では、とても内気な子どもでも社会性を身に付けるように指導できるのです。

社会性を身に付けるように教えると、子どもの心の健康につながり問題解決に役立ちます。この力の基本となっているのが自尊心と積極性であり、自分に対する自信をしっかり持つことが根本となっています。

重要なのは教師や子どもの世話をする人が、子どもに洗練された社会性を身に付ける手助けをすることです。社会性を磨く指導には、まず大人がそれを実践していなければいけません。

そこでこの記事でご紹介するアドバイスを実行するにあたり、両親や保護者各自が周りの人との交流の仕方を見直してみると良いでしょう。

社会性を子どもに教えるために何をする?

家庭においてまた大勢の子どもが関わり合う学校でも、子どもが人とうまくやっていく方法があるのは確かです。

社会生活を送る毎日の中で、人との関わり方についてグループで話し合う時間を持ってみましょう。それにより社会性について子どもに教えるのはとても意義あることとなります。

1.社会性の意味と必要性

この課題を子どもに教え始める時、社会性がどのように集団生活を向上させるか見てみるのが良い方法でしょう。

子どもの年齢に合わせて、ゲーム、物語、映画、適切であれば高学年用の本を読むことで理解が深まります。

2.一つずつ特性を導入する

社会性に含まれるたくさんの特性を一度に教えようとするのは良くありません。できれば一回につき一つのスキルを選び、それに合わせた課題や授業の計画を立てるのが理想的な方法です。

例えばその週の課題として「分けてあげることと、分けてもらうことについて考えてみることができます。大人が説明することをもっとよく理解して、自分なりの方法で特性を活かしていけるようになるでしょう。

3.対人関係のスキルについてよく考える

子どもに社会性を教えるにはいくつかの方法があります。重要なのは、子どもが自主的によく考えてみることです。どう見られるかなどと心配しないで、子どもが自分の意見を表現できるようにしてあげましょう。

良い練習になる方法として、2列ある表を使ってみましょう。1列目に社会性のスキルを書き出して、もう片方には子どもが考え付いた社会性に当てはまる行動例を挙げてもらいます。

社会性 自尊心 積極性

4.習得したことを実践する

各子どもの年齢に合わせて内容調節した上で、習ったことを練習するのがスキルを吸収して社会性を高める一番の方法です。ロール・プレイングやクイズは、社会性の実践に役立ちます。

5.立ち止まってよく考える

各スキルを学んだ後は少し中断して、習得したことを行動に移す機会を子どもに与えましょう。そうすることで、子どもが実際に習ったことを反映させた行動に気付いて、その社会性のスキルについて一緒によく考えてみることができます。

子どもに自分の行動についてよく考えることを勧めてみましょう。自分が思っていること、また大勢のグループとしての意見についても立ち止まって検討することもできます。

さらに社会性の中でも交渉するというスキルは複雑になってきますが、学校でも子どもの成長に好影響を与えるでしょう。

社会性を教えるには自尊心と積極性が必要

社会性を教えるもう一つの側面として、子どもが自分に対してどんなイメージを持っているかが関わってきます。男の子も女の子も自尊心を持って、自分自身を愛して、自分の権利や興味のあることを守る方法を知っておくべきです。

自分を愛する方法を教えるのに不安があったら、「自分がなり得るベストの自分でいられるようにする」というのが良い方法です。以下に挙げる項目も考慮しておきましょう。

  • 子ども同士を比べることは全然役に立ちません。
  • 質の高い時間を過ごすことが子どもには必要です。
  • スキルを実践する様々な機会を与えるべきです。
  • 子どもの努力や長所に気付いてあげましょう。
  • 自主的な行動を勧めましょう。

つまり積極性と自尊心は道徳的な原則で、自分が持つ権利を大事にして、他の人の権利もきちんと意識することです。まさに小さな子どもが大声で叫んだりして相手を怖がらせるのは、自分の権利を主張していることもあるのです。

社会性 自尊心 積極性

子どもが社会性を身に付ける時に、積極性と自尊心を持つことが重要であるとよく考えてみると良いでしょう。自分の感情をコントロールするには、積極的であることが不可欠です。さらに自分に対して確信があることが、問題解決、交渉、説得に関わる際に大事になってきます。

結論として、社会性を子どもに教えることは大人にとってもかなりのチャレンジとなります。この社会性習得プロセスを家庭環境で早めに始めることは、子どもへの最高の贈り物となるでしょう。

根本的な価値観は子どもが自主性を持ち、自他を尊重する話し合いができることです。そして社会性を教えるには、子どもと一緒に努力して、子どもの感情を意識して気持ちを表現できるようにしてあげることが重要になります。