生後数週間の赤ちゃんと過ごすために必要なこと

22 8月, 2018

妊娠中は、赤ちゃんが生まれた後いったいどのように生活が変化するのか様々なことを考えてしまうしょう。事実、出産後は赤ちゃんとの新しい生活になじむまで多少時間がかかります。最初の数週間は全てが変わりますが、実際にやることはとてもシンプルです。

ですが赤ちゃんを家に迎える前に、心の準備はもとより、知っておきたいことがいくつかあります。

出産後は、妊娠後期の数週間と比べて体の回復が早く、エネルギーがみなぎるのを感じるでしょう。家がどんなに片付いていなくても、赤ちゃんを見るたび笑顔がこぼれる自分に気づきます。

家のほこりよりも写真を撮る方に気をとらえれると思います。これはいたって普通の反応で、恋に落ちた時のように、赤ちゃんのことで頭がいっぱいになります。

ですがしばらく経つと、今度は全てが崩れていくような気がします。すべてが停止し、身動きが取れないような気持ちになります。生活全体が授乳、げっぷをさせる、オムを変える、泣き声を聞く、ほとんど眠れないといったことに支配されるでしょう。

気持ちも安定しなくなり、時折泣いてしまうこともあります。

寝不足

 

子育ては楽ではない:助けを得よう

何回目かの出産だろうが、初めての子供だろうが関係ありません。どんなに心の準備をしていても、生活は完全に変化し、特に最初の数週間はそれに慣れるのに大変な思いをします。赤ちゃんを家に連れ帰った最初の1週間は心も体もまるでジェットコースターのようにアップダウンします。

まずは、親友や家族の助けを借りましょう。こういった人たちは、見返りなど求めることなくあなたに手を貸してくれます。彼らのモチベーションは、あなたに笑顔になってもらいたいという気持ちだけなのです。

あなたの母親だったり、義理の母親、親友、父親、義理の父親、兄弟姉妹、叔母など、みんなあなたを助けたいという気持ちをもって手伝ってくれます。

また、周りの人のアドバイスにも耳を傾けましょう。もしかしたらぐっと楽になるいいアイディアを持っているかも知れません。

こちらもご覧ください 子育てによる母親と父親の疲労感の違いはなぜ?

 

外に出る

たとえ気分じゃなくても、外に出ましょう。もし1人で行けるなら更に良いです。散歩をして新鮮な空気を吸うなど、単純なことが大きな気分転換になるので、たった30分の散歩だけでも良い効果が見られます。

赤ちゃんとは膨大な時間を過ごします。ですのでパートナーや信頼できる人にたまには赤ちゃんを預けて外へ出てください。深く息を吸って、エネルギーを蓄えてください。そして笑顔でまた赤ちゃんの元へ戻りましょう。

赤ちゃんへキス

 

最初の数週間でするべきその他のこと

最初の数週間にするべきことはたくさんあります。洋服、食べ物、ベビーカーだけではありません。その例をいくつかあげましょう。

・外にご飯を食べに行く。

・家族に料理を作って冷凍しておくように頼む。そうすればいつでも温めて食べることが出来ます。

・温かいお風呂につかる。

・自分のケアをしっかりする。好きなことをする。

赤ちゃんの寝ている姿を見る。

・パートナーとの関係を大切にする。