パートナーにチームとして動いてもらうには

2018年5月20日

子育てをする時、夫婦はチームとして機能する必要があります。しかし、いつもうまくいくとは限りません。今回の記事では、パートナーとコミュニケーションを取るのに使えるツールと、母親としての役割の中で、あなたがパートナーから必要なものを上手く伝える方法を紹介していこうと思います。

母親業を務めていく上で、お母さんは皆パートナーからの無条件のサポートを必要としています。母親業とは多くの責任を伴う美しく尊い仕事です。

赤ちゃんが家庭にやってくると、新生児のケアと保護に関わる仕事の大半はたいてい母親がやるものだと思われます。

日中赤ちゃんのお世話を担当することで夫婦間に距離ができてしまうことがあります。しかし、この状況を二人の間の絆と愛を深める機会として利用することもできるのです。

そのためにはチームワークが必要です。互いに互いを助け合い、あなたたちの宝物をケアする責任を平等に分け合うのです。

チームとして動けば、赤ちゃんのケアに関わるタスクや日課を整理することができるようになります。そうすることで、母親としてのストレスを大幅に減らすことができます。その結果、より落ち着いて快適に、そしてより楽しみながら赤ちゃんとの時間を過ごせるでしょう。

夫婦として、よいコミュニケーションを維持しようと努力をするべきだということを常に心に留めておくことが重要です。物事を話し合い、自分の気持ちを表現することはお互いをよりよく理解する一つの方法です。

この理解により、あなたの新しい家族を育て教育するという美しく重要なタスクに、より効率的に取り掛かるのが可能になるでしょう。

あなたが何が必要かパートナーに伝えるには

夫婦の話し合いが大切

よいコミュニケーションとは、話すことだけではありません。効果的にコミュニケーションを取るには、状況にどう対処し感情をどうコントロールするかを知っている必要があります。そうすればさらに事態を悪くするようないざこざや誤解を避けることができるのです。

旦那さんとの効果的なコミュニケーションを手に入れるために、以下のツールとアドバイスを提供したいと思います。これを心にとめておいて、旦那さんに最も良い形で気持ちを伝えてみてください。

  • 適切だと思うタイミングを探して気持ちを伝えましょう。彼に家と赤ちゃんの責任を平等にシェアしたいということを知らせましょう。彼のサポートと、彼が一緒にいてくれることがどれだけあなたにとって重要かを話しましょう。
  • 愛されていて価値が認められていることを感じましょう。お子さんの父親が愛と理解を示してくれた時は、あなたは間違いなくとても幸せに感じるでしょう。したがって、あなたのパートナーに夫婦としての素敵な瞬間をもっと共有したい、と伝えることはとても重要です。
  • 家族の絆を強めましょう。自分だけではなく、子どもにもコミットしてほしいということを、パートナーに伝えましょう。子どもは常に父親からのケアとサポートを必要としています。このことにより家族の核を強めることができるでしょう。
  • コミュニケーションはお互いに尊敬しあうことに基づいています。パートナーと話すときは、思いやりのこもった言い方で話すことを心がけましょう。そういう声のトーンや言葉を選んで、感情を常にコントロールするようにしましょう。

よい関係は尊敬に基づいています。

旦那さんとチームとして動くには

旦那さんとチームに

お母さんが価値を認められていると感じるために必要な最も根本的な2つの要素は、サポートと理解です。しかし、ただ単にコミュニケーションをとり互いを理解しているだけでは不十分なこともあります。

だからこそ、仕事の分担をするための計画を立てる必要があるのです。そうすれば、家庭をあなたの家族にとって暖かく平和な場所にすることができます。

最初は難しいかもしれませんが、献身と忍耐があれば、必要なバランスを見つけることができるでしょう。一緒に、夫婦としてあるいは両親として最も心地よい仕事のやりかたを見つけられるはずです。

変化には常に適応の過程が伴うことを忘れないことも大切です。責任を仲良く共有するためには互いに互いを理解する必要があります。

家庭での責任は、フェアでバランスが取れたやり方で分担する必要があります。それぞれの家族のメンバーが行う活動を考慮しなければなりません。例えば勉強や仕事などです。

夫は、できる限り妻とともに家庭内の仕事に携わるべきです。そうすれば、すべての分野に親しむことができます。いつか子どもとお父さんだけが家にいて、家庭という砦を守らなければならない時がやってきますからね。

家族のメンバーのスケジュールと日課に合わせて家の責任を整理するのが一番良いでしょう。こうすれば、順序を整備しより上手に計画が立てられるようになります。責任をどう分担し誰に指名するかを決めるときは、必ず一緒に行うようにしましょう。

私たちはお母さんたちはみんなスーパーウーマンで、何百万ものことも一度にできてしまうのはわかっています。子どものケア、仕事、家事など…。しかし、自分のパートナーに支えられ、愛されていると感じるときほど満たされることはありませんよね。

あなたへおすすめ