子どもにテーブルマナーを教えることの大切さ:それはなぜ?

· 2019年5月2日
子どもに食事中の適切なエチケットを教えることは、子どもが礼儀正しく人を尊敬できるようになるのに役立ちます。テーブルマナーには、口を閉じて食べたり、食器を正しく使ったり、食卓にいる人に礼儀正しくすることなどが含まれます。今日は、この重要なミッションを達成するのに役立つアドバイスをご紹介します。

子どもに良いテーブルマナーを教えることは、親が直面する初めての、そして現在進行形の課題の一つです。子どもはもともと落ち着きがなくふざけたがるものです。食事の時間は、学習と楽しむことの両方の機会を与えてくれます。

しかし、子どもは食事の席で気が散ってしまったり、かんしゃくを起こしたり兄弟げんかを始めることがよくあります。これは家族の食事を楽しみたいと思っている親にとっては頭の痛くなることかもしれません。ですので、お子さんに食事の席で敬意を払い、良い振る舞いをする方法を教えるためのアドバイスをご紹介しようと思います。

子どもにテーブルマナーを教えることがなぜ大切なの?

何世紀にも渡り、社会はその人の教育レベルと性格を、テーブルマナーに基づいて判断してきました。食べるという行為は、世界中どこでも常に尊敬の時間であり文明への敬意を表すものと考えられてきました。実際、これは何か恐れられているものや宗教に近いものなのです。

今日まで、家族が席につき食事を分け合い感謝するということが、家族がうまくいっているということを意味してきました。ですので、テーブルマナーがなぜとても重要なのかは明らかです。また、お客さんと食事をしたり外食したりするときにも、子どもがいいマナーを持っていることがとても重要であることも明白です。

子ども  テーブルマナー  教える

食事の時にマナーの良い子どもとは?

食卓や社会的なイベントで食事をするときに適用されるエチケットのルールはたくさんあるということは事実ですよね。そして私たちの多くが厳密な儀礼や正確なルールを認識していません。

例えば、グラスをどう持つべきなのか、または食器をどんな順番で並べるべきか、みんながみんな知っているわけではありません。ましてや、各コースでどのフォークを使うべきなのかなど、わからないことも多いでしょう。

ですので、いいマナーがどんなものかを知るために、テーブルのエチケットについてのマスターになる必要はありません。子どもが食卓で礼儀正しく、尊敬を表すために必要な振る舞いには世界共通のルールがあるのです。

良いテーブルマナーを身に付けた子どもとは、落ち着いていられる子どものことです。急いで食べたりせず、何か欲しいときは礼儀正しくお願いし、必要な時は許可を求める子どもです。また自分の食べ物や食器で遊ばず、食事が出されたら「ありがとう」と言える子です。

もちろん、小さい子どもが食卓でどう振舞うかについてのすべてのルールを覚えることは簡単なことではありません。しかし、子どもが笑顔で、お願いしますやすみませんが言えて、じっと座っていられるなら、礼儀という点ではすでにかなりいい所まで来ていると言えます。

「食べるという行為は、世界中どこでも常に尊敬の時間であり文明への敬意を表すものと考えられてきました。」

礼儀について子どもが知っておくべきこと

4歳になるまでに、子どもは食卓での礼儀の基本的なルールを学び始めることができます。以下は、子どもが簡単に覚えられ、従うことができるシンプルなステップの一覧です。

  • 夕食の前に手を洗うこと:これは良いテーブルマナーに関することだけでなく、基本的な清潔感の問題です。手を洗うことは健康でいることの一部でもあるのです。
  • 食卓の準備をするのを手伝ったり、夕食の時間だよと呼ばれるまで我慢強く待っていること。
  • 食卓についたら、親やお客さんが食べ始めるまで待っていること。
  • 食べ物や飲み物をお願いするときは、お願いしますやありがとうを言うこと。
  • テーブルに肘をつかないこと。
子ども  テーブルマナー  教える

  • ゆっくり噛んで、噛んでいるときは口を閉じること。
  • ナプキンを使って顔や手をきれいに保つこと。
  • スープや飲み物をすすらないこと。
  • 食器で決して遊ばないこと。フォークやナイフ、スプーンは食べるためだけのものです。使っていないときは、お皿と平行にして置いておきます。
  • 子どもが食べ終わったら、テーブルをたっていいという許可を待ちます。
  • テーブルをたつときは、ごちそうさまを言い、テーブルやキッチンで片づけを申し出るようにします。

最後に、子どもの本当の性格は食事の時間に明らかになるということを覚えておきましょう。子どもが無礼だったり、不機嫌だったり、自分のやりたいようにするためにかんしゃくを起こす場合、テーブルマナーはほとんど使えないでしょう。

この場合は、親が努力をして、食事中だけでなく一日中いい振る舞いを何度も教えようとすることが大切です。