リミットを決める:子供に守らせるべき10のルール

2019年1月31日
子供がきちんと社会の一員として育つためには、彼らの言動に一定のガイドラインが必要です。今回はそのガイドラインであるリミットの重要性についてご紹介します。

親でいるということは子供に必要なものを与え、世に出すよりさらに多くの意味を持ちます。人は社会の一員としての役割を果たす必要があり、大人として成熟していくためには一定のルールに従う必要があるのです。

つまりこれは社会とのハーモニーを保ち、共存することを意味します。そのためには子供がまだ幼いうちから、行動の規範を身につけることが重要となります。

まだ小さな子供が責任感や社交性、忍耐強さを持ち、身の置かれた環境に合わせて行動することができる大人に育つためには、制限を設け、それを守らなければなりません。

この制限を基準に、子供は成長していく中で正しい行動ができるようになっていきます。

ルールを決めることの大切さ

まだ小さなうちから行動の規範とリミットを決めることは子供の価値観の発達や、新しいシチュエーションに対する適応力を育てます。

子供の行動に関するガイドラインを決めるのは難しいように感じるかもしれません。しかしこれには、長期と短期、両方の観点から見た利点があります。さらに、これらのガイドラインが子供を人として発達させ、周りの環境に溶け込むために役に立ちます。

また、これらの規範が子供にとっての安全に繋がります。何をしてはいけないのか、特定のシチュエーションにどう適応すべきかを知っていることで、実際にその場に居合わせて行動しなければならない時に、安心感を持つことができるのです。家庭での決まりごとと組み合わせることで、良くわかってくれるでしょう。

子供に守らせるルール

このような言動に関するガイドラインは子供が物事の良し悪しを認識し、自分なりの価値観を築く助けとなります。

 

そしてそれらの全てによって、何を参考に判断したら良いのかはっきりと理解できるよう子供が新しいシチュエーションに適応することを可能にするのです。様々な状況や仮説にも常に尊敬の念と忍耐力を持った行動を基準にし、適切に対応することを学びます。

行動のルールを決めるためのアドバイス

子供のためのガイドラインは常に、それぞれの成長に合わせ調整されるべきです。

子供に何かを教えることは時間がかかります。ですので、ルールを決めたからといってすぐに子供の言動が変わるものではない、ということを覚えておきましょう。また、忍耐力は欠かせません。結果が出ないからといって、すぐに怒ったり、厳しすぎたりするのはやめましょう。

優しく、しかし継続的に子供を導くことで何をすべきで何をすべきではないかを教えることができます。そうすることで、ある一定の安心感と自尊心を子供に与えることができるのです。

ここで、子供のためのルールを決めるための具体的な内容を見てみましょう。

  • 細かいこと全てにルールを決める必要はありません。子供にリミットは必要ですが、何かを探索し、色々と試しながら成長していく余裕も必要です。
  • リミットはそれぞれの子供に合わせて決められるべきです。子供がそのルールを守り、達成できるものにしましょう。
  • ルールは公平で矛盾がなく、それぞれの子供の必要性にあったものであるべきです。さらに、あなた自身の言動も気をつけなければいけません。もしあなたが子供に決めたルールと、あなた自身の言動に違いがあると混乱を生じます。
  • 常に理解のある親でいると同時に、ルールも常にポジティブに伝えられるべきです。何についてもダメというのは、誰にとっても疲れるものです。むしろリミットを決めることによるポジティブな面を強調しましょう。何をしてはいけないかよりも、何をすべきかを言葉にしましょう。
  • ルールが守られない場合の結果についてもはっきりとさせておきましょう。ルール自体をきちんと理解しているだけではなく、子供が自身の言動によって起こりうるポジティブとネガティブ両方の結果について分かっているようにしましょう。

家の中で守られるべきの10のルール

子供の言動に関しては様々なルールをたくさん決めてしまうことも可能です。しかし、どのようなガイドラインを決めるかは、何よりもあなたの子供によって変わります。

子供の能力に合わせて、ルールを調節することを忘れないでおきましょう。

子供の言動に関するルール 子供 ルール リミット

また、決められたリミットはそれぞれの環境によっても調節されるべきでしょう。つまり、教室でのルール、課外活動でのルール、外出した時、家庭でのルールなど、それぞれのルールを決めるのです。

この規範を決めることの目標は、それぞれの新しいシチュエーションに子供が適応できるようにすることです。ここでは、家庭内で守るべきルールをいくつかご紹介します。

  1. いってきますとただいまを言う。家を出る時と帰ってきた時に挨拶することを教えることで、家庭内で顔をあわせる全ての人が重要であることを教えます。
  2. 常に礼儀正しく話し、きちんと注意して話を聞く。より良いコミュニケーションのために、私たちはきちんと自己表現をし、同時に相手の言うことを聞く必要があります。これを理解できると、子供はより良いコミュニケーションの鍵を得るでしょう。
  3. 汚い言葉は使わない。これは上記のルールと同時進行で守られるべきで、親は良い手本となるために気をつけなければなりません。子供は、罵りの言葉や悪い言葉はその場で覚えてしまいます。
  4. 文句を言わずにきちんと食べる。これは、落ち着いて食卓で食べるためだけではありません。食べ物で遊んだり、食べ残しをさせないことも意味します。これにはそれぞれの家庭で大きな違いがあるでしょうから、ご自分の家庭での必要に合わせてより具体的なものにしてください。
  5. おもちゃを片付け整理する。全ての子供は自分の持っている物に責任があります。危ないこともありますので、子供は自分のものを家中に散らかしておくことはできないと理解するようにしましょう。
  6. 家のお手伝いをする。まず、子供の能力を見極めましょう。具体的に何をするか細かく分けて、相応のご褒美をあげましょう。
  7. ものを無駄にしない。家の物を大切にする、蛇口の水は止める、必要のない電気や見ていないテレビは消すなど、家庭の経済面について学ぶ以外にも環境のために良い行いをすることを学びます。
  8. ドアは静かに閉めること。ドアを荒く閉めることは、うるさい音を立てるだけではなくドアを壊すことにもなります。
  9. 何かを頼むときは丁寧に。尊敬について学びます。自分の要求を押し付けるのではなく、丁寧に何かを求めることを子供は学ばなくてはいけません。
  10. ごめんなさいを言えるようになる。もし自分が何か間違ったことをしたと分かったなら、私たちはその事実を認識し、謝らなければいけません。これを子供に教えるための最善の策は、もし子供が何か間違ったことをしてしまったことを認めて白状してきたときに、それを快く受け入れてあげることです。

最も重要なことは子供に、ルールを「意味のない、ただ押し付けられたもの」だと思わせないようにすることです。規範は子供のためになるようにフォーカスされるべきで、子供が社会に適応できるようにするためのものであるべきなのです。