男の子の成長が止まるのはいつ?:成長に影響する要因

· 2019年4月26日
子どもの成長ほど両親の興味をそそるものはありません。子どもの成長が止まるのはいつなのか、身長はどの位になるのか気になるところでしょう。この記事ではその影響に関する要因についてお話します。

子どもの成長発達の秘訣は、バランスの取れた食生活だということを親なら誰でも知っていることでしょう。それでも食生活だけがその決定要因ではありません。他にも子どもの発達と成長が止まるのに影響する要因があります。

子どもの成長について質問や心配があるとしたら、ぜひこの情報を参考にしてみてください。

子どもの成長とは?

成長とは両親がすぐに注目してしまう、身体的変化段階のことです。それは懐妊と共に始まり骨格構造と性的発達が成熟した時点で終わります。

そこで成長発達に関しては、子どもの身長だけが問題ではありません。むしろ成長は、完全に機能を果たす人間の身体に行き着くまでの、何段階にも及ぶ発達変化のことを指します。

その変化とは、体重が増え、毛が伸び、乳歯を失い、思春期に達することまでも含まれます。

子どもがどの位成長するか予想できるか?

「うちの子はいつ成長が止まるの?」と聞きたくなることでしょう。しかし両親の多くは、子どもが大人になった時の身長にとても興味があります。

以下小児科医の協力により、子どもが成長し終わった時の大体の身長について3つの規定をご紹介します。

  • 将来の子どもの身長を予想するのに最も正確なのは骨の年齢です。そのためには子どもの左手と手首のレントゲンを撮ることが必要です。その映像によって、小児科医がどの程度の軟骨組織が残っているか検査することができるでしょう。軟骨の部分が閉鎖するとそこで成長が止まります。
  • 小児科医が表やグラフによってパーセンタイル値を確認できます。これで標準に対する子どもの成長を比べることが可能です。子どもの身長、体重、頭位(頭の大きさ)に基づいた数値を使います。
  • 子どもの将来の身長を予想する3つ目の方法は、両親の身長を考慮することです。母親と父親の身長を足して2で割ります。男の子の場合はそれに6.4㎝加えてください。

しかしお子さんが成長し終わる時の身長を確実に予想する方法はありません。そして息子さんの成長が止まる正確な時期を予測することもできません。

どちらも子どもの遺伝と家系、その他の要因によって影響するものなのです。

男の子   成長   止まる   いつ

子どもの成長に影響する要因とは

遺伝による影響以外で、子どもの成長発達を左右するその他の要因もあります。次のようなことが挙げられます。

  • 栄養
  • 慢性疾患
  • 運動
  • 精神的健康
  • 睡眠パターン
  • 内分泌系機能(ホルモン)
  • 薬品

何歳の時最も成長するのか?

正常な状態で、子どもは生まれて最初の12か月の間に最も早く成長します。その1年の間に赤ちゃんは平均25㎝も発達します。

その後2年目以降は、子どもは1月ごとに1㎝伸びるでしょう。しかし、思春期にはまた急激な成長期に入ります。その時期の加速成長は数年以上にも及びます。

「小児科医が表やグラフによってパーセンタイル値を確認できます。これで標準に対する子どもの成長を比べることが可能です。子どもの身長、体重、頭位(頭の大きさ)に基づいた数値を使います。」

男の子はいつ成長が止まるの?

一般的にこの第二成長期は2年から5年続くものです。男の子の場合は第二成長期が9~14歳頃に始まることが多いでしょう。

この成長段階で、子どもは俗に言う成長期を体験して、大人の身長が決まってきます。思春期に行き着くのに時間がかかる子どもは、20歳になってもまだ成長していることもあります。

20歳を過ぎてから身長がやっと最高値に達する人もいるでしょう。しかしそれは稀なケースと言えます。

そこで同年齢の2人の男の子が全く異なる発達段階を経験し、違う成長パターンであることもあるのです。それでも両方の子どもの成長は正常な範囲内と見なされます。

子どもの 成長  男の子   成長   止まる   いつ

子どもの成長が他の子と違ったら?

お子さんが周りの友達に比べて背が低いから高いからと言って、お医者さんに連れて行く必要はありません。

しかし、もしその違いが過剰である場合は専門家に相談することもできます。医学専門家が何かしらの成長異常かどうかを確認できるでしょう。

結論として両親のDNAだけが、子どもの成長と発達に貢献する訳ではありません。栄養、休息、運動、心のサポートなど、子どもが必要なことを全て提供してあげることが大切です。

子どもの成長期はたくさんの急激な変化を遂げる期間であることを忘れずに、ぜひお子さんのサポートをしてあげてください。