子供の食生活の悪さが引き起こす結果

2018年11月25日
食生活は、子供の健康にとって最も重要な要素の1つです。我々は親として、子供に必要な栄養を与え、健康的な食生活を提供する義務があります。

乱れた食生活は子供に重篤な疾患を及ぼす危険性があります。それは生涯にわたって子供を苦しめてしまうでしょう。

バランスの取れた食生活を送ることは、健康的な生活習慣の一部を担うとともに、後々の多くリスクを軽減することを可能にします。

治すのではなく予防する:食生活による悪影響を避けるために

医師の間で定説となっているのは、予防は治療よりも優れているということです。幼い頃にすべての食品群をカバーするバランスの取れた食事を摂ることで、生涯にわたって一定のリスクから身を守ることができます。

一方で、幼い頃に親から学んだ悪い習慣は、子供の中に生涯にわたって残り続けてしまう可能性があるのです。

子供が果物、野菜、魚を食べることを嫌がった場合には、親はこの栄養素を摂る他の方法を模索しなければなりません。

幼児期の健康的で、バランスの取れた様々な食べ物が成人した後の代謝を形作るのです。

子供の発達の遅れや、集中力の欠如、怠惰が乱れた食生活の結果の一例と言えるでしょう。たとえば、適切な栄養素を十分に摂取できていない子供は、読書や勉強に苦労することが多いようです。

また、栄養失調の子供が肌や髪に問題を抱えていることも珍しくありません。慢性的な栄養欠乏や食生活に関連する疾患は結果として、視覚の問題や、身体的、精神的発達の遅れを引き起こしてしまいます。

体重の増減

食べる量に関わらず、栄養失調は身体に深刻な結果をもたらします。

その一例が、過剰な体重の増加、減少です。その後の影響としては、高血圧、骨粗鬆症、腎臓病および心臓病が考えられます。

また、乱れた食生活を送る人は、高コレステロールや一部の癌になる可能性が高く

子どもの食生活-体重

鉄欠乏症

鉄欠乏症は貧血につながる栄養失調の一つです。子供の知能への影響は避けられません。そしてその影響は取り返しのつかないものです。分析力や理解力、知性の可能性を制限してしまうかもしれません。

筋力低下

筋肉の不足や重症筋無力症も、乱れた食生活がもたらす結果の一つです。こういった子供には、無気力、血色不良、成長スピードの低下、頻繁に泣いてしまうといった症状が見られます。

身体能力が低く、学校での成績不良といったリスクも考えられます。通常、筋肉量の少ない赤ちゃんは歩き始めが平均に比べて遅くなります。

「子どもの食べ物に対する親の監督不行き届きが、子どもの乱れた食生活の原因の1つである。」

肥満

急速な体重増加は、子供の移動や遊びを困難にします。また、ホルモン障害、糖尿病、高コレステロール、骨に関する問題、呼吸器疾患や肝臓疾患を引き起こす可能性があります。

子どもが食べるものに対する親の監督不行き届きは、子供の乱れた食生活の一つの要因です。

子供が加工食品、惣菜、加工肉、高脂肪のファーストフード、炭酸飲料、お菓子、揚げ物ばかりを食べるようになればその結果はすぐに現れるでしょう。

炭水化物やタンパク質、脂肪の過剰摂取が健康上の問題を引き起こすこともあります。つまり、適切なバランスを見つけることが非常に重要なのです。

タンパク質:過多、不足

タンパク質は筋繊維の成長に不可欠です。しかしそれが過多になると、体内の毒素を排出する役割の腎臓や肝臓に負荷をかける場合があります。

排出が困難になると、余分なカルシウムが蓄積してしまいます。この蓄積されたカルシウムが痛みを伴う腎臓結石を作り出すのです。カルシウムが過多になると、食事からミネラルを十分に吸収できなくなります。

一方でタンパク質が不足すると、疲労、筋肉萎縮、虚弱体質、衰弱および無気力などの問題を引き起こす可能性があります。

炭水化物:過多、不足

幼い内に炭水化物を過剰に摂取すると、肥満に加えて糖尿病や心臓病が起こる可能性があります。また、砂糖の過剰摂取によって虫歯や、気分にムラができ、集中力や落ち着きの欠如が引き起こされることもあります。

反対に十分な炭水化物を摂らなければ、疲れやすく、無気力になるかもしれません。炭水化物は身体の燃料です:適切な量の炭水化物は私たちに必要なエネルギーを与えるものです。

子どもの 食生活 -野菜

脂肪:適切な量と種類

脂肪の多い食事は体重増加につながる可能性があります。しかし、必須脂肪の不足は、ビタミンA、D、E、Kの欠乏、イライラ、集中力の欠如や無気力の原因となります。

そして、ビタミンの欠乏が甲状腺異常、疲労、貧血、壊血病やくる病を引き起こします。親として、疲労、けいれん、頭痛、気分障害、精神的能力の低下といった子供の症状に注意を払いましょう。

食生活による悪影響は一時的なものとは限りません。幼い頃からの多様でバランスのとれた食事が長く、そして健康的な生活を送る鍵です。

子供に様々な栄養価の高い食品を食べさせることは大変かもしれません。しかし、将来を見据えればその投資は不可欠です。

  • Seravalle G., Grassi G., Obesity and hypertension. Pharmacol Res, 2017. 122: 1-7.
  • Wu G., Dietary protein intake and human health. Food Funct, 2016. 7 (3): 1251-65.