子どもが勉強をしたがらない時はどうすればいいの?

2019年7月30日
お子さんが勉強をしたがりませんか?お子さんを叱るのではなく、なぜ勉強したくないのかを理解しようとしてみましょう。

子どもが勉強したがらないんですがどうしたらいいのでしょう?これは親がよく尋ねる質問です。子どもが勉強したがらないということはよくあることで、それにはいくつかの原因があります。

それは家庭でのプレッシャーのせいかもしれませんし、クラスメートからいじめられているためかもしれません。または単に反抗期を迎えているせいかもしれません。

お子さんが学びたい、勉強したいと思えるようになるのに役立つ方法をご紹介していきます。

子ども 勉強したがらない

上で述べたような要素に加えて、テレビからの悪いアドバイスや習慣も子どもに影響を与えます。例えば、有名人の中には勉強しなくても成功したので、勉強するのは無意味だと自慢している人もいるかもしれません。

こんな時、子どもが勉強したがらない理由をあなたが見つける努力をしなければなりません。そして子どもからの答えに応じて、必要な助けの手を差し伸べてあげましょう。

もちろん、青年期やその前の段階などの反抗期を経験している場合、子どもとコミュニケーションをとるのは簡単ではありません。ですので、辛抱強くいる必要があります。

お子さんが勉強したがらないときのアドバイス

しっかりと耳を傾ける

落ち着いて子どもの話を聞いてあげましょう。くじけたり、希望を無くしたり、怒ったり、子どもが話したがらないのではないかと怖がったりしてはいけません。子どもが気持ちを吐き出したい時にさえぎってはいけません。そうすると子どもはあなたに気持ちを打ち明けるのを不快に感じてしまいます。

しかしあなたが理解してくれているということが子どもに分かれば、あなたと一緒に問題に取り組もうとしやすくなります。

他の活動もさせてあげる

子どもは、小さい子も若者も、学校のことに集中するだけでなく余暇の時間が必要です。(音楽を聴く、スポーツをする、ダンスをするなど)他の活動に正当な理由もなく参加させてあげないと、子どもは勉強をしないことであなたに対して反抗的になるでしょう。

ですので、「学校だけ」というような態度ではなく、他の活動に参加する時間と余裕を持たせてあげましょう。そういった活動に子どもと一緒に参加するのもいいですね。その結果、子どもは人生ではすべてにおいてバランスを取らなければならないのだということがわかるようになります。

理解を示す

受け身になってはいけません。必要な時は子どもの間違いを訂正しましょう。しかし、つらく当たってはいけません。あなたが柔軟に対応できれば、子どもからの信頼を得られるでしょう。

子どもの毎日の中で怒っていることを何でも話してくれ、繊細な問題についてもあなたのことを信用してくれます。そうすれば一緒に解決法を思いつく機会が持てます。

子ども 勉強 しない

将来のことを考える手伝いを

一緒に、勉強しないことの結果を分析するのもいいでしょう。その良い点と悪い点を見せてあげましょう。その時間を生かして、お子さんの将来の目標や、自立したらやりたいこと、どんな仕事に就きたいのかなどを聞いてみましょう。

これらは自分の目標を達成するにはどんなことをしなければならないのかを子どもが理解するのに役立ちます。おそらく子どものやりたい仕事について調べてみると、もっと勉強に集中するべきだと思うようになるでしょう。

偉い人になって世界から認められるには一生懸命頑張って自分を磨かなければならにということを教えてあげましょう。