子どもが悪夢を見た時どうしたらいいのでしょうか?

2019年9月2日
子どもが悪夢を見た時、どうしたらいいか悩む人が多いようです。子供の時に悪い夢を見るのは良くあることで、時と共にそれもなくなっていきます。

子どもが怖い夢を見てベッドに行くのを嫌がる時、親はいったいどうしたら良いのでしょう?

ベッドに行くのは大人にとっては何でもないこと。ですが子供にとっては違います。まだ遊び足りないという理由もありますが、悪夢を恐れて行きたくないという場合もあります。

子どもが良く見る怖い夢、またその対処法について今回はご紹介します。悪夢を見た後の子供を落ち着かせる方法を学びましょう。

こちらもご覧ください なんで怖がっちゃうんだろう? 子どもが最も恐れているもの

 

なぜ子供は悪夢を見るのか?

子どもの頃に悪夢を見るのは良くあること。誰でも一度は体験したことがあるでしょう。だいたい2歳ごろから始まり、幼少期を通して何度か経験します。

大人になるとそれはたいてい消えてしまいますが、女性は時折みるようです。

 

ベッドの中の 子ども 悪夢

なぜ悪夢を見るのか、科学的に証明されているものはありません。ですがいくつか考えられる原因があります。

日中経験したことによって引き起こされるものもあります。

・夜遅くまでテレビを観ている。怖い映画を見た。

モンスターや恐ろしいキャラクターの出てくる物語を寝る前に聞いた。

・ストレスの多い状況。口論、家族の死、転校など。

1人で寝ることに慣れていない。寝る時から怖いと思っている。

悪夢を見るからと言って、何かトラウマになるような経験をしたとは限りません。子供にとっては良くあることなのです。ですので医師や専門家に相談する必要はありません。

 

怖い夢を避けるには?

どんな夢を見るかを選ぶことは出来ません。ですが穏やかな気持ちで眠りにつき、悪夢を出来るだけ見ないようにする手助けをすることは出来ます。

心を落ち着かせて眠れるようにするには、以下のことを参考にしてみてください。

寝る時間、起きる時間を決める。ルーティンを大事にする。

子供部屋を出来るだけ心地の良いスペースにする。怖い物を置かない。

・早めに夕食を取る。ゲームやその他のアクティビティを寝る前にさせない。お風呂に入ったり、楽しい物語を読んだり、一緒に寝転んだりなどリラックスさせる。

寝る前に暖かい飲み物を飲ませる。気持ちをリラックスさせます。

夜にテレビを見せたり、怖い物語を良くなど、子供の気持ちを興奮させないようにしましょう。家の中も落ち着ける環境にすることが大切です。

こちらもご覧ください 子供部屋をデコレーションする9つの方法について

 

子どもが悪夢を見たらどうしたらいい?

悪夢を避けることは出来ません、ですので心の準備をしておきましょう。そうすれば子供が夜中に起きてもあなたもしっかりサポートすることが出来ます。

子ども 悪夢

まずは子供に安心感を与えることが大切です。あなたがその場に行くだけでも子供は安心します。それから「大丈夫だよ。何も怖いことは起きないよ。」と優しく話しかけましょう。

夢で見たことは全て現実ではないことを伝えます。愛情と優しさで包んであげてください。

他に出来ることと言えば、夢に沿った解決法です。もし子供が「モンスターが怖い」というのなら、香りのスプレーなどを撒いて「モンスター避けだよ。」と伝えます。子供は安心することが出来るでしょう。

またライトを付けたままにしておくのも良いです。出来るならベッドのそばにナイトライトやランプを置くようにします。

それでも眠れないようだったら、リラックスできる音楽をかけます。朝になったら子供にどんな夢だったのか尋ねましょう。しっかりと話しを聞いてあげてください。

子どもが悪夢を見ても心配することはありません。日常のルーティンを大事にして、子供が怖がるような環境を避けてください。

それでも子供が悪夢を見たら、愛情と優しさで安心感を与えるようにしてください。

  • Morales, E. M., & Narváez, P. M. (2004). Tratamientos psicológicos de las pesadillas: Una revisión. International Journal of Psychology and Psychological Therapy. https://doi.org/10.1016/j.jconrel.2012.06.039 [doi]
  • Covertini, G., Krupitzky, S., Tripodi, M. R., & Carusso, L. (2003). Trastornos del sueño en niños sanos. Arch.Argent.Pediatr.
  • Aldana, A., Samudio Domínguez, G. C., Irala, E., & Rodas, N. (2006). Trastornos del sueño: prevalencia en población pediátrica en edad preescolar y escolar de área urbana. Pediatría (Asunción): Organo Oficial de La Sociedad Paraguaya de Pediatría.