子供部屋をデコレーションする9つの方法について

2019年4月25日
この記事では、クリエイティブで教育的な子供部屋をデザインするための方法をご紹介します。

子供部屋のデコレーションは親と子供の両方にとって楽しいトピックです。 赤ちゃんが生まれた瞬間から、この部屋は子供の精神運動の発達を助けることができます。

部屋のデザインは子供の年齢によって異なります。 ただし、最初からうまく設計すれば、成長に合わせて小さな変更を加えるだけで済みますよ。

子供部屋のデコレーション方法

1. 良い部屋を選ぶ

使用していない部屋、もしくは寝室の一角を遊び場専用にすることができるでしょう。

部屋の中には子供の運動能力と創造性を伸ばすのものを置くと良いでしょう。おもちゃを機能的な方法で配置して整理整頓することを教え、秩序と組織について学ぶ機会を与えます。

2. 怪我を避けるために工夫をする

あなたの子供が怪我をしないように、角の周りに枕やクッションを置きましょう。床にゴム製のマットを敷いても良いでしょう。ゴムマットは耐久性及び防水性が高い上に掃除が簡単です。

3. 黒板を設置する

おもちゃやゲームを与えるのも良いですが、その代わりに黒板を部屋に設置すると良いでしょう。あなたの子供は黒板を使って自分自身を表現し、学び、さまざまな活動をすることができます。様々な色のマーカーやチョークをあげると良いでしょう。

粘着ビニールも良いアイディアです。部屋の素敵な装飾になるだけではなく、子供たちが壁に直接お絵描きするのを防ぐこともできます。

4. 遊ぶためのスペースを確保する

ゲームやおもちゃを選ぶときは、子供の年齢を考慮しましょう。常に十分なスペースを確保し、ボードゲーム、ブロック、ビデオゲームなどの収納場所を工夫すると良いでしょう。

母親と子供遊び 子供部屋 デコレーション

5.  勉強机

子供部屋には、宿題や勉強をするための机が必要不可欠です。また、あなたの子供の身長にあったものを選ぶことも大切です。遊びと勉強の両方に使えるものを手に入れると良いでしょう。

クレヨン、お絵かき用の紙など、必要なすべてのものを用意することも重要です。あなたの子供の想像力を掻き立てるものは全て準備しましょう。

6. 部屋の明るさを確認する

子供の想像力を高めるには自然光が理想的ですが、それが不可能な場合は机の近くに小さなランプを設置しましょう。

部屋に窓がある場合は、カーテンをあけて光を入れることができます。光の量を調節して太陽が子供の目を傷つけないようにしましょう。装飾を追加するのも良いでしょう。

7. 仕切りを活用する

仕切りを活用すれば部屋の見栄えを良くするだけではなく、子供に片付ける習慣をつけるのを促すことができるでしょう。機能別におもちゃを整理すると良いでしょう。おもちゃを常に同じ場所にしまうことで、子供にとってもおもちゃを見つけやすくなります。

ブロックは緑色の仕切りに、レースカーは赤色の仕切りに、恐竜は茶色の仕切りに入れるなど、各カテゴリごとに異なる色を使用すると良いでしょう。おままごとは紫色、コスチュームはピンク、人形はオレンジの引き出しにしまう、などとルールを決めるのです。

使い終わったおもちゃを子供に片付けさせることで、幼い頃から組織的習慣をつくることができます。この習慣は大人になっても役立つでしょう。また、方向感覚も刺激します。

8. 色をうまく利用する

最適な壁の色は柔らかい、中立的な色です。壁を色を塗った後、子供にテーマを選ばせることができます。子供の本能を信頼し、彼らが好きなテーマを選ばせましょう。

遊び場には宿題や勉強をするための机が必要不可欠です。

最適な壁の色は柔らかい、中立的な色です。壁を色を塗った後に子供にテーマを選ばせることができます。子供の本能を信頼し、彼らが好きなテーマを選ばせましょう。

全てあなたの子供の好きなものによりますが、部屋を共用している場合は、動物園のテーマなどで装飾することができます。

子供部屋をデコレーションするには、色が与える影響を活用すると良いでしょう。色は社会的、感情的、および認知的発達を刺激し促進します。

色は子供の気質や性格にも影響を与えます。例えば、赤いおもちゃは子供たちにエネルギーを与えて、動き出したくなるような気持ちにします。エネルギーを必要とする静かな子供たちにお勧めです。

黄色いおもちゃは通常、集中力を持続できない子供たちに適しています。黄色は認知発達を高め、思考能力を高めるのを助けるでしょう。

青いおもちゃにはリラックス効果があります。また、睡眠を促進するのにも役立ちます。活動的、またはいらいらしやすい不機嫌な子供たちにお勧めです。

遊び部屋 子供部屋 デコレーション

9. 本棚を設置する

子供がいつでもアクセスできるように本棚を子供部屋に用意しましょう。 まだ字を読めなくても、本を開けて絵を見たいという動機を与えるでしょう。

あなたが子供と一緒に座って読書できる肘掛け椅子を置くと良いでしょう。 一日の終わりに家族で時間を過ごすための素敵な部屋になることでしょう。