子供向けのリラックス法5選

これからご紹介するリラックス法はどの年齢のお子さんにも使えるので是非試してみてください。とてもシンプルですが、共感や忍耐、そして強い心が必要になります。
子供向けのリラックス法5選

最後の更新: 14 1月, 2019

今回は心を落ち着かせたり、エネルギーを蓄えてくれる子供向けのリラックス法をご紹介します。

子供はエネルギーに満ち溢れていると思われがちですが、急に落ち込んだり疲れすぎてしまわないよう、しっかりとケアをしてあげる必要があります。

少し時間を置いてリラックスし、それからまた夢中になっているもの、興味のあるものに戻るようにしてあげると、子供はより多くのことを吸収することが出来ます

子供はいつも楽しそうにしていますが、常に何かを学び、心身ともに目まぐるしくアクティブであるため、非常に疲れやすいのです。

これからご紹介するリラックス法はどの年齢のお子さんにも使えるので是非試してみてください。とてもシンプルですが、共感や忍耐、そして強い心が必要になります。

 

子供受け5つのリラックス法

1.呼吸法

このタイプのリラックス法は子供から大人まで誰にでも行うことができますし、効果的です。

まず子供をベッドに寝かせ、片方の手を胸に、もう片方の手をお腹の上に置くようにしてください。

そして、まるでゲームをしているかのように話しかけ、鼻から深く息を吸い、口からゆっくりと吐き出します。

途中で休憩を入れながら、少なくとも5回はさせましょう。あなたがそばにいることで、より安心してリラックスできるはずです。

お風呂に入った後、寝る前にすることをおススメします。きっと夜ぐっすり眠ってくれますよ。

ぬいぐるみを抱きしめる少女

 

2.ぬいぐるみを抱きしめる

これは小さなお子さんを落ち着ける時に効果的です。ぬいぐるみや小さな枕などをギュッと抱きしめながら、深く呼吸するよう話しかけます。

少しずつ、腕に注意を向けるよう導きます。口からゆっくり息を吐きださせてください。このテクニックは、筋肉と精神のリラクゼーションに役立ちます。

こちらもご覧ください 赤ちゃんに最適な8つのおもちゃ

 

3.羽ぼうき、もしくはボールを使ったゲーム

3つ目のリラックス法も簡単にできるでしょう幼い兄弟や友達同士でやるのが良いです。

子供を柔らかい場所に、目を閉じて横にならせます。兄弟は羽ぼうきを使って、上から下へ向かって手や足を撫でます。

羽ぼうきがなければ、小さな柔らかいボールでも構いません。3分から5分続けたら交代です。

正しいやり方で行うよう、しっかり指導しましょう。

 

4.マッサージ

子供へのマッサージも効果的です。プロでなくたって心配いりません。子供がリラックスするよう時間をかけて行ってください。

ほんの少しのエッセンシャルオイルを使って、手の甲などをマッサージします。ゆっくりした動きの方が、よりリラックスすることが出来ます

手の甲だけでなく、手のひら、足の裏なども良いでしょう。

マッサージ 子供向け リラックス法 

 

5.イマジネーション

これは、寝る前に最適なリラックス法です。子供が何かを怖がっていたり、怖い夢を見た時などに効果的です。

子供に目をつむるよう言いましょう。おでこを優しくなでながら、場所、状況、物など、子供が幸せな気持ちなるようなことを話しながら、それを想像するよう導きます。

嬉しいことや好きなものを想像し、そちらに気を向けることで、怖い夢などのことを少しずつ忘れることが出来ます

最も簡単なのは、本を読んだり、短い物語を話してあげることです。ですが、子守唄を歌う時は、腕の中に子どもを抱きながらの方が良いかもしれません。

ご紹介したリラックス法を、ぜひお試しになってみてください。

もしお子さんが過度にストレスを感じているようだったり、筋肉の動きがおかしいようなら、迷うことなく専門医に診てもらいましょう

こちらの記事もおすすめです。
授業で瞑想をするメリットについて
わたしママで読むことができます。 わたしママ
授業で瞑想をするメリットについて

子どもは大人ほど偏見や障害物、先入観に圧迫されません。これは 瞑想 をするときにとても役に立ちます。また、これは生徒にたくさんのメリットをもたらしてくれます。ですので今回は授業で瞑想をすることの利点について見てみようと思います。まず、瞑想は精神運動・身体運動の両方であるということを理解すること...



  • Erkert, A., & Hoppe-Engbring, Y. (2001). Islas de relajación: 77 juegos llenos de fantasía para relajar a los niños y potenciar su creatividad. Oniro.
  • Justo, C. F. (2018). Relajación creativa, creatividad motriz y autoconcepto en una muestra de niños de Educación Infantil. Electronic Journal of Research in Education Psychology, 6(14), 29-50. http://ojs.ual.es/ojs/index.php/EJREP/article/view/1260
  • Nadeau, M. (2001). 24 juegos de relajación: para niños de 5 a 12 años. Sirio.
  • Snel, E. (2013). Tranquilos y atentos como una rana: la meditación para los niños con sus padres. Editorial Kairós.