気難しい子供と良い関係を築くためのアドバイス

子供はどんな年齢であっても、彼らの小さな、そして大きな問題への解決法を学ぶ必要があります。
気難しい子供と良い関係を築くためのアドバイス

最後の更新: 19 12月, 2018

扱いの難しい子供が正しい方向へと成長してもらうために、彼らと上手く関係を築く方法を知っておくことは大切です。

気難しい子供を扱う前にまず知っておかなければいけないことは、このような子供の言動は、実は親の気質を表したものだということです。

気難しい子供の言動の多くは、家庭で目にしたもの、そして学んだものなのです。

しかしその他にも、子供の人格の成長に影響を及ぼす要因があります。そしてそのために、親としての面目を保つことが難しくなるようなことにもなるのです。

まず、このようなシチュエーションになった場合にできる最善のことは、衝動的なリアクションを子供の前で取らないようにすることです。

大人として、あなたが自分の感情を抑え、適切ではないと思う行動を取らないようにすることを学ぶことが重要です。

これから紹介するコツをふまえて、お子さんとの関係をより良いものとしてみましょう。

「通常、このような問題となる子供の言動の影にあるものは、甘やかした子育てです。親が子供にルールを守らせることができないと、子供の問題行動に対処するのが大変難しくなり、「放っておいて」という子供の要求にも折れてしまうことがよくあります。」

-ウースラ・ペロナ (心理学者)

どうしたら良いのか?

議論する場を賢く選ぶ

子供は社会へ適応していくときに、多くのことが自分には受け入れられないと考えるようになります。

毎回のように家族の間で議論、口論になると、子供にとって言葉は意味を失い始めます。

優先的に問題視すべきは、危険性を帯びて攻撃的な子供の言動です。そこまで「ひどくない」ものについては、一時休戦の策をとりましょう。

常に一貫して子供にルールを教えるためには、不適切な言動をとったときには何らかの結果が待ち受けていることを押教えてあげなければいけません。

扱いの難しい子供とその扱い方

深呼吸をして落ち着く

子供の問題行為を扱うのがどうしても難しい場合、自分の返答を調整してみましょう。落ち着きつつも毅然とした声のトーンで、がっかりしたような言葉ではなく、子供を傷つけるような言葉でもない言い回しを使いましょう。

家庭では日頃から、何かを提案してみたり、前向きな表現を使って話しかけるようにしましょう。落ち着いた、愛情のある家庭環境が、議論や攻撃的な言い合いよりもよっぽど良い状況へと導いてくれます。

子供の問題行動に同意できない場合、それは子供の言動であって子供の人格ではないことを忘れずに正してあげましょう。

子供は、自分に対するあなたの愛情には変わりはないことを知る必要があります。あなたはただ、子供を手助けしようとしているだけだということを、子供は知る必要があるのです。

共感することで問題を治める

子供に、なぜ攻撃的な言動がいけないのかを教える最善の方法は、第三者の視点で客観的にシチュエーションを見させることです。

自分の言動が引き起こしかねない結末や、そのことで他人が感じるであろうネガティブな感情について考えさせましょう。

もしこれが早い段階から教えられていれば、子供は他人の気持ちにより繊細に気がつくことができるように成長できます。

子供の言動が難しいときは、受けいれる、ということも考慮しましょう。

自分の意見を与える

口論抜きに、自分の望むような行動を子供に期待するためには、多くの方法があります。

部屋を掃除するように子供に言いつけるよりも、子供に選択肢があるかのように信じさせることです。

家庭でのお手伝いをより小さなものに分け、どれをやりたいかを選ばせるのです。

自分が重要な意味を持ち、自分で何かを決める力を持っているということがわかると、人は責任感を持って行動するようになります。

自分が妥協できる範囲内での選択肢を子供に与え、そしてそれが、あなたの望む子供の言動へと結びつくようにしましょう。

感情を抑える対策法を考える

難しいシチュエーションでは、感情が乱れることはあります。

そこで子供にとって重要な教訓は、より健全な方法でそれらの感情を表現する方法があるということ、そしてネガティブな方法で表現しないように理解することです。

呼吸法を練習して、子供を散歩に誘いましょう。そして何よりも重要なのは、他人の気持ちを怒りに任せて傷つけないように教えることです。

子供の感情を何とかコントロールし、コミュニケーションが取れた後は、子供が解決法を探す手伝いをしてあげましょう。

子供はどんな年齢であっても、彼らの小さな、そして大きな問題への解決法を学ぶ必要があります。

気難しい子供 の扱い方

間違いを認める

親としての仕事として、自分の間違いを認め、そこから何かを学ぶということがあります。

それは自分が良い見本にならなければならないのです。時には、私たちも間違いをします。本当は意味しないことを口にしてしまったりします。カッとなってしまうこともあります。

そんな時は、勇気を持って自分が間違いを犯したことを認めましょう。大人だってたまには間違いをするのです。

気難しい子供を扱う時には、認めるということも考慮すべき重要な要素です。

子供の問題行動を正し、将来に起こりうる課題を防ぐことが本来の目的とはいえ、子供の人格や性格を理解する努力も怠らないようにしたいものですね。

こちらの記事もおすすめ
どうやって子供に上手くダメと言えばいいの?
わたしママで読むことができます。 わたしママ
どうやって子供に上手くダメと言えばいいの?

子供が何かを欲しがる時にダメというのは、誰にとっても楽しいものではありません。残念ながら、時には親としてダメと言う事は重要です。ですから、どうやって適切に ダメ と言えばいいのか知っておきましょう。可愛らしいのは子供に与えられた特権です。そのために親が正常心を失ってしまうこともあります。