絶対に子供に伝えるべきこと

2018年6月9日

人生で愛情を感じることは重要ですよね。愛は我々の成長に欠かせないものです。愛があるからこそ、我々は人生の可能性をひらくことができると言っても過言ではないでしょう。このことから、子供にあなたの愛情を伝えることはとても重要となります。

人間として、周りからの肯定感、感謝されている感、愛されている感は、子供にとって幸せになるうえで大切です。より愛されると感じることで、幸福感を得ることができることでしょう。

子供に伝えるべきこと:愛情(なぜ大事?)

子供が精神的に丈夫に育ち、幸せになるためには、親が愛情を示す必要があります。我々大人の気持ちを子どもに素直に伝えることで、子供は嬉しく思うことでしょう。愛情表現をすることで、子供の幸福感は上昇します。

愛情を表現をするということは、すべてのことを子供のためにやってあげるということとは違います。これは、子供の甘やかしすぎにつながるので、子供の教育上良くないこととなります。

今回は、言語での愛情表現の重要さについて説明したいと思います。言語の愛情表現は子育ての中で大切です。良い表現は、心の底から感じた愛情、子供への理解、子供を受け入れることから湧き出てきます。言葉での愛情表現は「ポジティブな子育て」として、子供は愛されているという意識だけでなく、親から守られていると感じることができるでしょう。

子供に伝えるべきこと-CHILDREN-570

子供の良いところを見つけて褒めてあげるというのも効果的でしょう。彼らの存在が親にとってどれほど重要なことなのかを伝えてあげることで、子供は精神的にも強くなり、幸福感をより感じることができるでしょう。

正しいタイミングで正しいことを正しい表現を使って子供に伝えることは、教育上大切な役割を果たします。

8つの子供に伝えるべきこと

  • 愛してるよ・大好きだよ!:直接的な表現ほど、子供と親の間で絆が深まるものはないでしょう。
  • あなたがいてくれて、とても幸せ:子供にとって、自分の存在が他人にとって重要だと思われてることを知る機会になります。
  • ○○ちゃん/くん、すごいね:子供が何か良い行いをした際には、誉め言葉をかけてあげましょう。子供の自信にもつながり、自分が価値のあるものだということを理解できるようになります。子供は褒められることで、安心感を持つこともできるので、とても効果的な一言です。
  • あなたなら大丈夫!:これは、子供がぜひ聞きたい一言でもあると思います。とても重要な表現になるので、何度言っても良いと思います。何か目標に向かって努力するということを学ばせることができます。何かにつまづいていることも、この一言があれば、子供にとって大きな励ましになることでしょう。子供は何かうまくできないことがあると、落ち込み自分はダメなのかなと思いがちです。そんな時は親が子供の背中を押してあげましょう。
子供に伝えるべきこと-baby

  • あなたのことを誇りに思うよ:これは日本語では、あまり直接的に言わない表現なのかもしれません。けれでも、子供が何かを成し遂げる過程の中で、とても励ましになる言葉だと思います。子供は親の感情にとても敏感です。この一言を聞けば、肯定感を持つことにつながり、子供も次のステップに自ら進んでいこうと思うことでしょう。
  • あなたならできるよ!:親として、子供の能力ややり遂げる力に自信を持っているということを伝えられる一言です。例えばスポーツの試合に負けたりしたときも、試合に勝った時も関係なく使える表現です。
  • 一緒にいると幸せだよ:子供と親が過ごす時間はとても重要です。もちろん態度でも幸せ感は表せますが、言葉でも言うことができると、より効果的でしょう。子供が成長するにつれて、親と過ごす時間が減っていくことでしょう。それは成長の証でもあり、親にとってうれしいことですが、たまにはこのような表現を子供に伝えて、子供と過ごす時間がいかに大切なものかをリマインドしましょう。
  • あなたの存在に感謝:子供がこの世に生まれてきてくれて、ラッキーだと感じるのが親の素直な気持ちでしょう。子供にとって、親がいるのは当たり前です。けれども、親子の存在はどれだけ幸せでラッキーなものかをこの表現で子供に伝えることができるでしょう。

言葉で表現するのは、少し恥ずかしいと感じるかもしれません。ただ、いつも仲良しなあなたと子供でも、言語でのアピールは特別なものになり、より絆が深まること間違いありません。子供に伝えるべき愛情表現をすることで、子供の将来の幸福感につながることでしょう。

あなたへおすすめ