フラストレーションとうまく向き合えない子供たち

· 2018年11月10日
フラストレーションは、物事がうまくいかなかった時や、希望や望みが叶わなかった場合に生じる感情的反応です。こういった状況にうまく対処する方法を子供に教えておくことが、将来の忍耐力や決断力に大きく貢献します。

この記事では、フラストレーションをうまくコントロールできない子供をどう扱うべきかについて説明します。子供が日々の生活において、様々な状況に対処するためにも、幼い頃から不満に対処する方法を学んでおく必要があります。

まず、フラストレーションは、物事がうまくいかない、希望や望みが叶わない時に生じる感情的な反応であることを理解しておかなければなりません。

そして、フラストレーションが悲しみや、怒り、不安、苦痛といった感情を生みだすのです。フラストレーションに対する反応は子供によって様々です。だからこそ、耐性のない子供を見極める方法を知っておくことが重要です。

フラストレーションに耐性の無い子供の特徴

子供をフラストレーションから守る、または、いつでも欲しがるものを与えることは子供のためにはなりません。

子供たちの健全な成長を促すためにできることは、人生が失敗と成功の両方から成ることへの理解を手助けしてあげることです。

怒る子ども

  • せっかちで、衝動的。
  • 自分の感情を制御することが難しい。
  • 多くを望む。
  • 今すぐにニーズを満たそうとし、待つ必要がある場合には、泣く、ないし喚くことがある。
  • 大きな困難や葛藤に直面した際、うつ病や関連する症状を発症する可能性が高い。
  • 適応能力が低く、柔軟性がない。
  • 自身を過大評価し、世界は自分を中心に回っていると錯覚している。ルールや境界を不公平とみなし、なぜ望むすべてが手に入らないのかを理解することが難しい。
  • 考え方が両極端になりがち。妥協を知らない。

フラストレーション耐性の低い原因

子供がフラストレーションとうまく向き合うことができない原因をいくつか紹介します。

  1. 自分のニーズや欲望が今すぐに満たされることが多い。いつも欲しいモノを欲しい時に手に入れることができる子どもは、待つことを知らないのです。そういった子供は目先の小さな利益を優先し、後々得られるであろう大きな利益にまで目がいきません。
  2. 限界を教えられずに育てられる。このような行動をとってしまう子供は、限界を教わらずに育てられているケースが多いです。つまり、「ノー」を突きつけられずに成長してしまうのです。
  3. 決定権が親にある。ある程度リスクを伴う決定をしなければならないときに、多くの両親が子供を失望させまいと、子供に変わって決断してしまいます。

「子供の健全な成長を促す方法の一つとして上げられるのが、人生が失敗と成功の両方から成ることを子供が受け入れる手助けをすることである。」

フラストレーション耐性の低い子供への手助け

フラストレーションとうまく向き合うことのできない子供たちを助けることはとても簡単です。では、具体的な方法をいくつかの紹介します。

  • 子供の反応の裏側にある具体的な理由に焦点を当ててください。
  • 間違いを犯すことがいたって普通のことだと繰り返し伝えてください。子供に感情を積極的に表現させることが、フラストレーションと正面から対峙する力を養います。
  • 子供に欲求と、必要性の違いを教えましょう。これが結果的に衝動を制御させることへ繋がります。
  • 親として我が子の年齢や能力を考慮した、目標や制限を儲けましょう。これによって必要以上の不満が生まれません。
  • 時に、ちょっとしたユーモアが困難な状況に直面した子供たちへの大きな助けとなることもあります。

フラストレーション耐性の低い子供たちに対してしてあげられること

こういった子供達へのセラピーやエクササイズは、バランスのとれた成長を促す素晴らしいサポートツールであると言えます。

こういった取り組みが、我が子な不満をコントロールする力を養うことにつながります。

フラストレーション耐性の低い子供へのセラピー

  • リラクゼーションテクニック。子供へのセラピーテクニックとしてリラックスさせることが挙げられます。リラクゼーションテクニック取り入れることで、逆境に対してよりポジティブな姿勢で対峙することができるようになります。身体と心をリラックスすることで、フラストレーションへの耐性が高まることを教えてあげましょう。
ヨーガ フラストレーション

  • 不満を認識することを教える。フラストレーション耐性が低い子供たちにとっては、不満、葛藤を抱えていると自分で気が付くことが大切です。
  • 子供に、いつでも助けを求めてよいと伝える。そして解決策を探すように促してください。子供が特定の事象にフラストレーションを感じる場合には、怒ってしまう、諦めてしまう前に他のやり方や、他の事柄に取り組むように伝えましょう。

他に親としてできること

  • ポジティブな振る舞いを褒めてあげる。我が子が不満足や困難な状況にうまく対応できたときには、子供しっかりと褒めてあげることが重要です。
  • タスクを変更する。望みを叶える方法が一つではないと示してあげましょう。
  • ロールプレイ。フラストレーションが生じる状況をゲームとして子供と一緒に再現します。まずは、不満を感じる立場を演じさせます。それから、逆の立場を演じさせます。最善のの解決方法を見つけるためにも、子供が積極的に話すように促すことが重要です。

フラストレーションへの耐性が低い子供に対する対処として最善の方法といえるのは愛、そして理解です。

人生において、フラストレーションが避けられない状況があることを考えると、最も重要なことは、子供にそれを認識させるツールを与えることです。

そうすることで、自分の気持ちを伝え、必要なときに助けを求めることがより容易になります。

https://youaremom.com/children-low-frustration-tolerance-tips/