子どもの計算力障害の兆候:サポートする方法を理解しよう

2019年11月27日
計算力障害とは計算や算数への理解が困難な学習能力のことを言います。今回はこの障害について詳しくご紹介します。

まずは、この障害について親や教師がしっかりと理解しておくことが大切です。今回はこの障害の主な兆候について詳しくご紹介します。

計算力障害のある子供は、特別なサポートを必要とします。そのため専門的なケアを受けるよう、学校から勧められることもあるでしょう。

この学習障害を持つ子供は多くいます。この障害を抱えていると、算数の基本的な計算ですら習得に苦労します。

こちらもご覧ください 子ども教育のヒント:言語学習のためのベストな教授法

 

数学の力を獲得する

数学の力は徐々に獲得していくものです。子供は少しずつ新たな知識を積み重ねながら学んでいきます:

数字

・連続配列

・計算

・数学的問題解決

・論理的な演習の実施

算数の学習にはその他の広い認知力も必要となります。そのため以下のような能力を伸ばすことも重要です:

・プロトタイプ数値の知識

数字とカウントの知識

・論理的実用

・数値システムの知識

・算術の実用

数学的問題解決

数学

 

ゲルマンとガリステルによると、数え方と計算の発展には、5つの原則が伴います:

1.第1に、数詞と物体のカウントの間に確立されている1対1のつながりについて学びます。

2.第2に、安定した順序で数詞をカウントすることで構成されます。(1,2,3,4、5…)

3.第3は基数です。基数とは何か? カウント時に最後に示される数字が、全体の数量を表すということを理解します。

4.第4は抽象の原則です。これはあらゆるものを数えることが出来るようになります。

5.第5に来るのが順序の無関係性。これは結果を変えることなく、あらゆるシーケンスを使用してカウント出来ることを意味します。

こちらもご覧ください モデリング学習とは?真似をして学ぶ方法について

 

子どもの計算力障害の兆候

計算力障害は学習障害のひとつです。これは算数や計算に影響を与える障害で、知能が低いわけではありません。学習が上手く行かない、成績が上がりにくいのです。もしお子さんが数字に関する問題を繰り返し間違ったする場合は、計算力障害の可能性があります。

次が症状の例です:

簡単な問題なのに指を使ってカウントする

・数字の意味をなかなか理解できない

量の解釈に苦労する

・数字を書いたり読むのに苦労する

・掛け算を覚えることがなかなか出来ない

もちろん、以下のことを考慮した上で考えなければなりません:

子供の年齢

子供の成長度

子どもに計算力障害の兆候が見られたらどうすれば良いのでしょう? まずは学校のスタッフに話しましょう。そうすることで子どもの学習に関する懸念について話し合うことが出来ます。また、こういったケースに関する徹底した評価を行うことが出来るようになります。

実際本当に計算力障害なのかどうかを見極めるテストがあります。このテストは子供の計算スキル、数学のスキル、また頭の中での計算力を評価します。

数字と計算

 

計算力障害の子供のサポート

自宅での計算力障害の子供のサポートは、楽しくプレイフルなものにすることが大切です。プレッシャーやストレスを与えるようなことはしないようにしましょう。以下は算数の能力を改善するヒントです:

数字を組み込んだ趣味や毎日の課題を実行する

・例題を使いながら計算のやり方を教える

算数を使うゲームをする

・数字を実用化する。つまり、日常生活に数字を用いるようにする

子どもの学校が個々の学習ニーズを満たすための措置を取っているか確認しましょう。たいていの場合こういった障害を持つ子供は、特別な知識を持った先生と個別のセッションを行います

そうすることで、あなたや学校側がタッグを組み、子供の算数のスキルを向上させることが出来るのです。

  • García-Orza, J. (2012). Dislexia y discalculia.¿ Extraños compañeros de viaje? Conferencia para el XXVIII Congreso de Aelfa. Revista de Logopedia, Foniatría y Audiología, pp. 142-151.
  • Mastropieri, M. A., Scruggs, T. E. y Shiah, S. (1991). Mathematics instruction for learning disabled students: A review of research. Learning Disabilities Research and Practice, 9, 49-58.
  • Miller, S. P. y Mercer, C. D. (1997). Educational aspects of mathematics disabilities. Journal of learning disabilities30(1), 47-56.
  • Miranda, A., Fortes, F. y Gil, M.D. (2000). Dificultades del aprendizaje de las matemáticas: un enfoque evolutivo. Málaga: Ediciones Aljibe.