授業で演劇を行うことで得られるメリットを見てみよう

24 2月, 2020
授業に演劇を取り入れることは素晴らしい教育材料になります。子どもは楽しく価値のあるスキルを身に着けることができますよ。

授業に演劇を取り入れることは、生徒の教育全般に役立てるのに最も価値のある方法の一つです。これはまた楽しみながら学習を助けるのことにもなります。

授業に演劇を組み込むと、子どもが様々なスキルを身に着けるのに役立ちます。その結果、子どもは表現とクリエイティビティの世界を探検することができるのです。

フェルナンド・アレマンはその著書「Children’s Theater in Spain: A Challenge(スペインでの演劇授業とその課題)」の中で、子どもの演劇と演劇は別々の物だと考えられがちであるということを指摘しています。しかし、子どもの演劇は独特で世界的な概念だということを覚えておくことが重要です。

「授業での演劇は(そのアクティビティによって)様々な特別なスキルをもたらしてくれ、それは子どもの演じる役にとって発達します。」

演劇は学校や初期の児童教育が始まる前から、ほとんどの子どもの生活の自然な一部で、多くの場合空想ゲームのような形で表れます。そうして現実世界のパラレルワールドでフィクションの状況を探索し、自分のアイデンティティを理解していくのです。

「演劇は子どもの教育に取り入れられなければならないものです。子どもにとって、演劇はゲームであり、この段階の子どもは学ぶためには遊ばなければならないからです。」

授業における演劇とは

子どもの教育の中での演劇とは、子どもが演じる劇のことも指しますが、子どもが観客としてデザインされ脚本が書かれた演劇のことも含みます。

しかしこの記事では、子どもによって行われる演劇に焦点を当てたいと思います。自分たちがやりたい劇を決める際に子どもがイニシアティブをとり、先生たちがそのプロセスを通してサポートしてあげられるといいでしょう。

授業 演劇

スペインの小説家で映画脚本家でもあるアルモニーア・ロドリゲス・ラザロによると、子どもによって行われる演劇は以下のような性質を持っている必要があるそうです。

  • 子どもの教室で行われること。
  • すべての子どもが劇に関わること。
  • 子どもが演者であり主役であること。
  • 即興が基礎となること。
  • 先生が生徒のクリエイティビティを刺激しながら生徒を導くこと。
  • 子どもが自由に自己表現するためには、ゲームのような性質が欠かせません。
  • 原文は芝居じみたものでないこと。
  • 音楽やダンス、ビジュアルアートが、作品の作成に重要な補完要素となります。

さまざまなスキルを発達させること

子どもは他の人と関わり合うことが大好きです。演劇ではまさにそれを行うことができます。静かに座って話を聞いているのではなく、演劇をすることで動き回ったり互いに話したりすることができます。

こういった演劇アクティビティでは、子どもはクリエイティビティ、研究、コミュニケーション、共感、自尊心、協力、リーダーシップ、そして交渉などの基礎的なスキルを身に着けることができます。

「これらの中で最も重要な点は、演劇はいつでも楽しいということです。なので学習は好ましいものになり、一生忘れられない経験になります。」

演劇を通した学習

授業の中で演劇を行うことは、さまざまな教科において強力なツールになりえます。具体的には初期の読み書きといったスキルを発達させるのに役立ちます。

また、口頭での表現やリスニング、語彙の拡張にもなるでしょう。さらに、子どもが異なる見方を理解し表現することも促します。

授業 演劇

演劇を通して、子どもは自分の感情を表現できるようになります。演劇はそれを行うために作られた環境だからです。自分とクラスメートの文化的価値観を探り始め、それにより理解が深まります。

演劇はまた子どもがクリエイティブに考え行動できるようにもしてくれます。また、学習のさまざまな領域に生かすことのできる問題解決スキルを身に着けるのにも役立ちます。さらに、より意欲的に責任をとったり意思決定をしたりするようになるのです。

先生たちも目標と共に学習プロセスにも焦点を当てることで、授業によりオープンなアプローチをすることができます。

演劇を通して、子どもは学習に積極的に取り組む機会を得ます。そしてその姿勢を教育が進んでも持ち続けることができるのです。しっかりと組み立てられた演劇は子どもの発達にとって素晴らしいツールとなります。

  • Daste C.; Jenger, Y. y Voluzan, J. (1978). El niño, el teatro y la escuela. Madrid: Villalar.
  • Eines, J. y Mantovani, A. (1997). Didáctica de la Dramatización. Barcelona: Gedisa.
  • Navarro Solano, M. (2007). Drama, creatividad y aprendizaje vivencial: algunas aportaciones del drama a la educación emocional. Cuestiones pedagógicas, 18, 163-174. https://idus.us.es/xmlui/bitstream/handle/11441/12845/file_1.pdf?sequence=1
  • Núñez Cubero, L. y Romero, C. (2004). La educación emocional a través del lenguaje dramático. Addenda a la II Ponencia: Los lenguajes de las Artes. Escenas y Escenarios en Educación, XXII-Site-Sitges Conference.
  • Núñez Cubero, L.; Bisquerra Alzina, R.; González Monteagudo, J. y Gutiérrez Moar, M.C. (2006). Emociones y educación: una perspectiva pedagógica. En J.M. Asensio; J. Carrasco García; L. Núñez Cubero y J. Larrosa (Coords.) La vida emocional. Las emociones y la formación de la identidad humana (171-196). Barcelona: Ariel.
  • Tejerina, I. (1994). Dramatización y teatro infantil. Dimensiones psicopedagógicas y expresivas. Madrid: Siglo XXI.