学校における組織論:特徴について詳しく見てみよう

21 2月, 2020
学校がどのように機能しているか理解するには、学校の組織論について知る必要があります。この記事では、その主な特徴についてお話します。

この記事では、まず一般的な組織について説明することから始めたいと思います。そして学校の組織論が意味するところとその主な特徴についてお話します。

組織とは?

まず組織とは「幾つかの物とか何人かの人とかで形作られる、秩序のある全体。」を意味します。

つまり何かの理由があって人が集まったグループのことです。また、そこには共通の目的があります。互いにコミュニケーションをとり、個人的な活動や共同で行う活動を実行します。

組織の中には自然に発生したものもあれば、もっと形式ばったものもあります。ですので、明確でフォーマルなものもあれば、そうでないないものもあるのです。

学校についてはどうかというと、これは具体的なアクティビティと規定の手段を持っており、定められた目標のある構造をしています。

学校の組織論

今回お話する学校の組織論は、具体的な課題やアクティビティを行っていて、しっかりと定義された構造を持つ教育施設、公式の組織のことを指しています。こういった組織が選ぶことのできるルートには実に様々なものがあります。

学校 組織論

学校やその要素、そしてその中で行われるプロセスについての研究が、学校の組織論の基礎になっています。そしてそれをどのように使うかを決めていくのです。

学校の組織論の特徴

学校組織には非常にたくさんのタイプがありますが、すべてが科学に基づいているべきだということに合意しています。さらに、すべてがビジネスの世界の理論を使って、これを学校にあてはめています。

まず学校の組織論は学校が学びの場であるということに基づいています。学校のさまざまな部分がどのように共に機能すべきかを理解するためのものです。

この意味では、学校の組織論は組織自体だけに限られたものではありません。実際これはどうすれば向上しよりよく機能することができるかについて見ていくことなのです。

学校を構成している様々な部分は人間、物的資源、行政、司法が含まれます。これらが協力して生徒の手助けをする必要があるのです。また、学校の組織論には様々な理論があります。何に焦点を当てたいかによって、特定の側面が強調されたりされなかったりしています。

様々な学校の組織論

実存主義者理論

この理論は学校の存在への疑問に対する答えというところから始まっています。

  • 組織がない:このグループでは、学校の中にはルールがあるべきではないと考え、学校施設は衝動で機能します。
  • 柔軟な組織:ルールと楽しむことのバランスを見つけようとします。
  • フォーマルな組織:しっかりと機能する学校のためにはルールと権威が欠かせないと考えます。

伝統的理論

この理論では学校とは機械的な構造であると考えられ、人間は抽象的にとらえられています。そしてそれが一緒にプロセスを機能させているのです。

新しい理論

新しい理論は人や人がどのように感じるかにより焦点を当てています。仕事やアクティビティをしている時に、人がどのように感じるかを考慮しているのです。

  • エルトン・マヨモデル:人間関係が組織に直接的に影響すると言及しているモデルです。
  • マートンモデル:組織が成功するのは、仕事をしたり学習したりしているときに、人々がそうなるように行動しているからだと考えられています。
  • セルズニックモデル:これは全員が責任を持っていることの重要性を強調しています。
学校 組織論

  • グールドナーモデル:問題がより少なくなるような一般的なルールが大切だと言います。また、これらのルールは客観的なものであるべきという考えです。
  • 解釈理論:この理論では、主観的な価値観や信条が重要になります。
  • 政治的理論:これは個人の政治的グループや考えが組織を定義するとしています。

まとめ

結論として、学校の組織論は様々なアプローチから最も重要でよく説明されている要素を取り入れるべきだということを強調したいと思います。そうすれば複雑な学校について理解を深めることができます。

そして理論の中でも提案されている通り、学校は人間を基本的な要素として考慮するべきです。