子どもが心配?:学校での問題対処の秘訣について

· 2019年6月11日
学校で起こる問題を解決するには、教師、保護者、生徒の3者がきちんと話し合うことが重要です。問題対処のためのガイドラインを参考にしましょう。

最近では、学校での問題はもはや避けて通れないものとなりつつあります。教育機関は学習の場であるばかりでなく、毎日の学校生活の上での人間関係を築く所でもあるのです。学校は常に意見の不一致が起こりやすい場所とも言えるので、その対処法について見ていく必要があります。

言い争いなどは学校でよくある事かもしれませんが、できるだけ生徒と先生の間で納得のいく解決方法にたどり着けるようにすることが重要です。以下、学校での問題について掘り下げて見て、解決策を探していきましょう。

学校での問題とは何か?

まず初めに焦点である問題について見てみましょう。2人以上の人が、何かについて意見が一致しないために問題や論争が起こります。日々の生活の中で論争は避けられません。

学校では、生徒と教師の間、または生徒同士の間でも論争などの問題が起こります。論争の種類によって、またその問題の対処法によっては、クラスの学習状況や勉強のペースにも直接影響を与えるでしょう。

学校での問題対処の秘訣

それぞれの状況は違うので、全ての問題解決に通用する方法はありませんが、学校での問題を対処するにあたって共通のガイドラインが挙げられます。

大人同士や子ども同士など、どんな状況であっても、子どもも含めて論争の解決に臨むことで、包括的な対応と協力体制について子どもが学ぶことができます。

学校での問題 について 学校 問題 対処法

学校での問題を防止するには?

まず教室内ではポジティブな雰囲気のもとで、校則を守るように生徒に指導することです。教員を含め責任のある大人は、悩んでいる子どもへの対応に尽くし、できれば個人的に相談にのるようにしましょう。

教育者として子どもにきちんとした価値観を教え、また心の教育にも目を向けることで、対人関係を築くことのできる子どもに養育する必要があります。クラスでグループ課題を与えるのは良い練習になるでしょう。

一方クラス内での論争など問題が起きないようにするには、各教師が生徒と共に学校で共存するための基本的な規則を設定することです。クラス全体での話し合いを奨励して、生徒みんながいざこざのない関係を築けるような課題を計画すると良いでしょう。

コミュニケーションを促す

会話と共に非言語のコミュニケーションによって、学校での人間関係が生まれます。そこで生徒同士、または生徒と教師の間でもコミュニケーションを必要とする課題を与えることが重要です。

クラス全体のムードを作っていく教師の方も、コミュニケーション方法に関して努力することが大事です。

問題が起こるのをいつも避けることはできませんが、その解決策としてコミュニケーションは不可欠です。論争を呼ぶ状況に対処していくには、オープンダイアローグとアクティブリスニングという方法に従って対応することをお勧めします。

教育者として子どもにきちんとした価値観を教え、また心の教育にも目を向けることで、対人関係を築くことのできる子どもに養育する必要があります。

問題の内容、深刻さ、永続性を分析する

学校で起こる問題は、社会的、文化的、勉強、人間関係など多岐に渡り、その深刻さにも違いがあるでしょう。それに対処するには、論争の焦点を見極めて、それに関与する人と影響される人を探し出します。

学校での問題 に対処する方法 学校 問題 対処法

問題解決のための仲裁に入る基本方法

多くの場合、問題に関わっている人だけでは解決できないものです。そこで仲裁に入る人が必要となってきます。生徒同士で問題がある場合は教師が仲裁に入って解決するべきです。

クラスの複数の生徒が関わる時には、両親や教師など大人が調停して、全員が納得いくように協力する必要があります。

学校での問題について対処するのに、仲裁に入るのはとても効果的な方法です。この方法は主にコミュニケーションに基づき、皆が平等に自主性を尊重する形で行われます。

関わる生徒が対立的な場合も、仲裁に入ることで、公平で平等な結果を生むことになるでしょう。

結論として、生徒が自分達の間でも権力のある人に対しても、ポジティブなコミュニケーションを心がけるよう、教育現場で働く人が指導しなければいけません。

学校という場は、大勢で過ごす場所なので、何らかの問題があることでしょう。論争があった場合はそれに対処していき、生徒たちの学習に影響しないように努めることが重要です。