学校での神経教育学ついて知っておきたいこととは?

12 1月, 2020
神経教育学とは、学校での学習を最適化するために脳機能を理解する学問です。

今回は学校での神経教育学についてお話します。これは教育革命にもなる得る新たな変化の波を起こしつつあるテーマです。

ここ何十年にも渡り教育システムはあまり変化もなく、教育方法は明らかに時代遅れとなっています。どのように生徒を教えるか、そして教室でどう知識を伝達するかについて、変革が必要なことはますます明確になっています。

神経教育学とは何か?

神経教育学とは、神経科学と子どもの教育研究学を組み合わせて、学習体験を最適化することを目標としています。

この専門分野では脳機能(脳がどのように情報を吸収し、規則化して、記憶すること)を理解して、それを教育指導に応用する方法を探求します。その結果として教師はより良い教育方法を作り出すことができるのです。

人間が何か学ぶ時は統合プロセスを利用して、学習経験の際、思考、感情、行動が全て切り離されずに相互に関係しています。

これを考慮し、神経教育学では脳の学習法を理解して学ぶ方法を深め、それを学校での指導法に適合させようととしているのです。

学校での神経教育概念の基本

脳の適応性:知識を吸収するのは、けして静的な機能ではありません。私達の脳は柔軟性があり、学習を継続することによってニューロン結合を形成し修正します。

ミラーニューロン:この種類の脳細胞は、単なる自分の経験だけでなく、周囲の観察によっても学ぶことできます。さらにミラー神経細胞によって思いやりの心を育み、知識を取得することができるのです。

学校での 神経教育学 について

遺伝と経験の統合:私達の現実的な能力や吸収力は、エピジェネティクス(後成遺伝学)によって決定されます。これは自分の遺伝的要素と経験が組み合わされたものです。

つまり、どのような仕事や知識に魅力を感じ、何が得意であるかが基本となって形成されます。さらにエピジェネティクスに基いて、自分の経験が形成され修正されて能力となります。

感情的学習:情報をうまく習得するには、生徒は理論的な思考に触れるだけでは足りないのです。同じように人の感情を呼び起こすような学習内容であれば、楽に情報を習得して記憶に残ります。

意味ある学習:何かを本当に理解するには、それを「現実世界」に移し替えて試してみることが必要です。例えば、とても利用価値のある情報を発見して、何か実用的なレベルで学習内容と関わっていけるようになります。

神経教育学をどのように学校で応用できるか

今では教育者が脳機能を理解して、学習法の個人差があっても生徒の学力を最適化する方法を知るのは非常に意味あることです。

神経教育学のフレームワークを学校に適用していくにあたり、次のような基本があります。

学校での神経教育学:学習がどのように起こるべきか

  • 学習には興味を持つことが不可欠です。生徒にやる気と先天的な学びたいという気持ちを起こし、学習しながら知的な挑戦と冒険を与えましょう。
  • 学習は積極的であるべきです。生徒が消極的に情報を得るだけではダメです。情報を利用して、学習プロセスに積極的に参加しなければいけません。
  • さらに感情的に意味深いレベルの学習であることも重要です。

教室での環境はどうあるべきか

  • 教室の物理的空間も適切でなければいけません。心地良く、秩序が整っていて、適応性がある空間です。変化ある刺激に対して子ども達が集中できるでしょう。
  • 教室の飾り付けは、随時学習内容に合わせて変化しやすくしておくべきです。教室にはできるだけ自然光を取り入れるようにしましょう。
  • 課題内容に適する場合、静かなバックグラウンドミュージックを流すと生徒の不安を和らげる効果があります。
学校での 神経教育学 と子どもの学習

教師の行動はどうあるべきか

  • 先生はポジティブな雰囲気で授業を進める努力を心がけ、常に生徒に対応できるようにして、子ども達の気持ちを理解しましょう。
  • 子ども達が自分の感情を認識して、それに対応することがとても重要です。それは生徒達が発作的な反応をしない方法を覚えることです。機嫌が悪くても怒っていても、中立的な方法で対応するべきです。
  • 生徒に構築的で補強性のある意見を聞かせるようにしましょう。子どもに単に数字を与えるだけでは充分とは言えません。もっと詳しく説明して、生徒の間違いをどう改善していくか指摘する必要があります。さらに正しく回答できた事にも言及し、生徒を動機付けるのも忘れないようにしましょう。