教育心理学:親として知っておきたいことを見てみよう

2019年8月29日
教育心理学者は、学習方法を効率的にして教育機関の運営を向上するために、学習計画や教育モデルを構築します。同様に教育心理学では心理学の教えと原理に基いて、学校における学習に応用させます。

教育心理学の専門家は、教室内で使われている教育方法が、きちんと生徒達の認識能力の発達に役立っているかどうかを確認します。

教育心理学とは?

教育心理学は心理学に属する分野の一つで、精神的なプロセスや人間の行動について研究する科学です。その研究の焦点は、教育機関にて質の高い学習が実施されているかどうかにあります。

そこで教育プロセスと知識の習得を、効果的に向上させることが教育心理学の目的です。つまり各生徒がどのように発達していき学ぶかということを詳しく見て分析するのです。

例えば学習方法を適合させて、学習機関がより効果的に教育するようにします。

教育に関する心理学理論

教育心理学者は人間の発達と学習プロセスについて理論の研究をします。学習全般を向上させる知識を習得する部分がその焦点となっています。

ここで重要なのは、教育心理学者がいわゆる教育そのものの発達のために、研究を続けているということです。

ジャン・ピアジェ:4つの思考発達段階

スイス人の心理学者ジャン・ピアジェによると、子どもの経験には4種類の認知発達段階があると見ています。その理論の一つとして、11歳以降から抽象的な論理思考が発達してくることに注目しています。

心理学の分野において、ピアジェはある意味最も影響力のある存在とも言えます。

教育心理学 :親として知っておくべきこと

レフ・ヴィゴツキー:学習、社会、文化

ロシアの心理学者レフ・ヴィゴツキーは、社会と文化が子どもの認識発達に影響すると分析しました。子どもが成長する時の社会環境によって、子どもはそれに適合した行動バターンをすることについて、ヴィゴツキーは主に研究しました。

さらに研究は、教育的骨組みと、その近位部分に属する発達についての概念を解明する方へと向かいました。その思考は今日も研究が続けられています。

アルバート・バンデューラの社会的影響

アルバート・バンデューラは社会的要素とその人の環境が、どう学習に影響を与えるかについてとても興味がありました。バンデューラは自己効力感という概念を強調し、人が自分自身の能力を意識することで逆境や苦しい状況を乗り越えることを主張しました。

これは目標達成の妨げになるような事を乗り越えて、毎日のチャレンジに対応していく行動をするという、とても重要な概念です。

マリア・モンテソーリのパラダイム

マリア・モンテソーリは独自の教育論理をいくつも開発した、とても有名な教育者です。モンテソーリは、子どもの教育における4本の柱を提唱しました。その研究によると、学習する環境と、生徒が子どもであっても大人であっても学習者の心がとても重要であると見ています。

さらにモンテソーリは感受性の高い時期に興味があり、生徒がよく学ぶことができる期間があるということです。

個別化された学習プロセス

教育心理学者は生徒の性格を分析します。同様に各生徒の個性を大事にして、それを利用しながら子どもの発達や学習を強化するようにします。

想像力、やる気、コミュニケーション、知性などは、教育心理学者にとって重要な側面となります。

そういう意味では、やる気を起こすのは必須であり、生徒が知識を得ようとする気持ちを持って、人生の目的を達成しようとすることはとても重要です。

教育心理学者は教室での学習を強化するために、生徒の動機付けに力を入れています。この方法では学習目標と一致するような課題も実施しています。

学習障害と教育心理学

教育心理学は学習障害にも従事しています。生徒が他の学生と同じように学習できない場合、心理学者はその理由を探求します。

そこで教育心理学者のもう一つの仕事として、失読症や、その他の学習障害である注意欠陥症や多動症の治療にも関与します。

教師と共に、各生徒に合わせた教育計画を立てることになります。ここで大事なのは、学童、児童、学生、大人でも、学習に対して否定的な影響を与えないようにすることです。

うつや不安症などの疾患、いじめによる問題も、教育心理学の研究課題に加えられます。そして教育心理学者は個々にセラピーを勧めたり、必要であれば、カリキュラムを変更したりします。

教育心理学 :親として知っておきたいこと

教育心理学の歴史

教育心理学に関する研究と子どもの行動に問題がある状態について、初めて記録されたのは1880年代です。その後、教室内外両方での子どもの行動で、心理的問題が特定されて言及され始めたのは1920年以降です。

同時期ころから、専門家は学習における情緒にも目を向け始め、生徒の感情的、社会的発達に注目し始めるようになりました。

学習に関して専門的に訓練された心理学者が初めて登場したのは1955年頃からです。これは教育心理学者の貢献が、学校や教育機関でやっと見い出されてきた時期です。

しかし1970年代に入り、教育心理学者が独自の教育モデルを作り出し、思考のさらなる変革が起こりました。例として、教育心理学者が保護者団体と協力しながら、私立学校にてその学習方法を実験的に実施してみたのです。

結論として、今日の学習における教育心理学の役割は明確になりました。この専門家の協力により、各自の学習能力に合わせて、生徒それぞれが最大限の学習を達成できるようになります。

さらに教育心理学者は教師のための訓練も行い、生徒の家族までサポートできるのです。つまり教育心理学者の仕事は、教育と学習プロセスの発達を成功させるためには不可欠な存在なのです。