幼少期からヘルシーな食生活を送ることの大切さ

2019年1月30日
子育ての全てに対して言えることですが、栄養についても子供に教える時は親も学習、練習をしなくてはいけません。私たち自身がやろうとしないことを子供ができるようになるとは限らないですよね。

幼少期からヘルシーな食生活を送ることの大切さを教えるのは私たち親としての責任です。子供のうちから、体に良いものや栄養とは何かを理解し始めなれけばいけません。最近では、そんな子育てについて学べる様々なプログラムやコンテンツが毎日のように世に出てきています。そして、その中にはもちろん栄養についてのものも含まれます。

家庭においても、教育の場においても、栄養は注目の話題です。実際、栄養学を科目に取り込んでいる学校もあるほどです。これはその学校がバランスのとれた食生活が子供の発達の基礎であると考えているからです。

また、幼少期からヘルシーな食生活を送ることは質の良い食べ物を摂取するという事です。つまり、糖分や飽和脂肪を可能な限り避けることと言ってもいいでしょう。

そうする事で、子供が栄養のある食べ物を選べるようになり、ジャンクフードを避けられるようになるのです。

もちろん、これが簡単だと言っている訳ではありません。問題はいつも浮上してくると思います。そしてもちろん、親にとってもたくさんの疑問も出てきます。

多くの親が抱く一般的な疑問に、なぜたくさん食べる子供とそうではない子供がいるのかというものがあります。それは、子供達は甘い母乳の味に慣れているからです。

そして離乳食が始まると今まで食べ慣れてきた味とは違う、初めての慣れない味に出会うのです。

小さいうちからヘルシーな食生活を送る大切さ

ヘルシーな食生活のお手本の示し方

子育ての全てに対して言えることですが、栄養についても子供に教える時は親も学習、練習をしなくてはいけません。私たち自身がやろうとしないことを子供ができるようになるとは限らないですよね。

また、ヘルシーな食生活のための第一歩は子供が赤ちゃんの時からすでに始まっていることを覚えておきましょう。つまり私たち自身がまず、良い栄養をとる手本を示さないといけないのです。

そして、私たちが健康的な選択をすることが子供たちのための良い基盤を作ることになるのです。

健康的な食生活は、まず家庭で様々な食べ物を揃えておくことから始まります。すると、子供が様々な味に慣れていきます。

さらに、子供と一緒に座って食事をして食べ物について家庭で教えることを専門家は勧めています。

幼少期からヘルシーな食生活を送るために

もし、あなたが出す食べ物全てを子供が食べてくれなくても、怒ったり、希望を失ったりする必要はありません。もう少しだけ辛抱強くいられれば、子供は少しずつ新しい味に慣れていきます。

家族の食べているものを全部、子供に少しずつ試させるというテクニックを使う親もいます。この方法だと、様々な味を早く覚えていくことができるでしょう。

例えば、実際に無理させることなく食べたいかどうか聞いてみてもいいかもしれません。

また、別のトリックとしては色彩を利用するのも手です。例えば、ジャガイモやカリフラワー、玉ねぎを使って白いソースを作っているとしたら、人参やかぼちゃを使ってオレンジ色のクリームも同時に作ってもいいかもしれません。

小児科医の推奨する生活リズムによると、あらゆる食品群の中から少しずつ新しい食べ物に慣れさせるようにすることが重要だと言われています。

また別の作戦としては、子供に食べ物を触らせるというものがあります。こうすることで、その食べ物を見慣れるようになり、抵抗がなくなるのです。

また、お皿への盛り付け方も見た目に注意を引くような、子供にとって魅力的なものにするのも効果的です。

そして、甘い物たまにしか食べさせないようにしましょう。

もし甘い物の摂取をコントロールしないでいると、子供は食事よりもデザートの方が大切だと思い始めます。その結果として、デザートの前に出てくるものはなんでも嫌いになるのです。

ヘルシーな食生活 幼少期

ヘルシーな食生活を教えるためのその他のコツ

バランスのとれた食事をさせることで、小さなうちから健康的な食事を教えることは子供のこれからの人生の健康準備をさせていることになります。

もし子供がお腹いっぱいに感じたのであれば、そこで食べるのをやめてもいいことにしてあげましょう。

限度を保ちつつも、小さな子供は常に自分が満足するまで食べます。それがいつなのかは子供本人に決めさせてあげるのが良いです。

また、授乳の間に子供の好き嫌いが決まるのは本当です。しかし、子供に嫌いなものがあったとしても、これから先もずっとそれが嫌いだというわけではありません。

場合によっては、もう時間をおいて試してみたら大丈夫ということもあるので、もし子供が新しい食べ物の味が好きではなかったとしても、数日待ってみてもう一回試させてあげましょう。何回か勧めてみれば子供もトライしてみるかもしれません。