生徒に良い影響を与える効果的な授業が知りたい!

今回は効果的な授業をスムーズに実行していくための方法をご紹介します!
生徒に良い影響を与える効果的な授業が知りたい!

最後の更新: 25 6月, 2020

効果的な授業というのは、教師が求める最も重要な部分でありながら、それを達成するのはとても難しいものです。特に新米の先生にとっては大変な課題でしょう。いつでも挑戦してくる生徒がいるので、これはベテランの教師にとっても難題になり得るのです。

しかし、様々な方法を取り入れることで生徒をまとめ、学習ツールを把握し、柔軟性のある教育環境を整え、教えて学ぶために効果的な時間の使い方ができるようになるでしょう。

各授業と各生徒によっては、それ自体違ったチャレンジをもたらすことになります。教師は効果的な授業を行うために色々な方針が必要となってくるのです。それでは、教育と学習のための健全な環境を作り出す方法をいくつか見ていきましょう。

効果的な 授業 :生徒に良い影響を与える方法

生徒とポジティブな関係を持って効果的な授業

効果的な授業を行うには、運任せだけでは上手くいきません。先生と生徒の間に健全な関係を持つことが、効果的な授業の基本であると専門家も認めています。それは確かに道理にかなっており、誰もが、自分にとって大切な人に気にかけてもらい、努力を認められたいと思っています。

ポジティブな絆を持つことで、子どもは自分の居場所があると感じて、授業にも参加して協力していくのに役立ちます。さらに生徒は色々試してみることに自信を持ち、学習環境にて不安感を持たずに向上していくことができるでしょう。

生徒とポジティブな関係を持つ方法

明確でシンプルな教育のしくみがあると、生徒は学習環境に積極的に反応します。教師として何を期待されているか、そしてどんな授業を求められているかを知っておきましょう。

教室での規則や条件は実用的でなければいけないことが大事で、一貫してそのルールを補強すべきです。これを実行すれば生徒が教師を信頼するようになります。

同じように、生徒達を尊重して、楽しい学習環境を作り出すようにしましょう。それによって、生徒は自信を持って授業にさらに参加するようになり、社会性が伸びることにつながるのです。

効果的な 授業 :生徒に良い影響を与える

毎日の授業日課を設定する

ルイジアナ大学では、効果的な教師の特徴について研究が行われました。その研究で分かったことは、授業日課をしっかり設定する教師は、生徒の成績基準が高く成功率も高かったそうです。

「ポジティブで統制のとれた教育環境を保つには、日課や宿題のシステムがしっかり設定される必要があります。最初は大まかな部分を決めて、そこから徐々に細かい基準を説明していきます。」

例えば、宿題で苦労している生徒がいたら、手助けになる分かりやすいガイドラインを用意しておくと良いでしょう。他の生徒に教えてもらうこともできます。それでも分からない場合は、先生に聞くように指導してください。

変更が可能な席順

また、2012年ミネソタ大学の研究によると、教室の場所的な設定によって教師と生徒のつながりを強めることができることが分かりました。それによってコミュニケーションや相互の交流を促進します。クラスでの席順があまり厳しくない方が、生徒達とのコミュニケーションがとりやすくなるでしょう。

シェリル・ファインスタインの話では、教師が前に立つ典型的な授業よりも、より効果的になるそうです。

「インタラクティブで変化のある授業の方が、楽しみながら新たな刺激があるので、生徒達にポジティブな効果をもたらし、行動に変化が見られます。」

– シェリル・ファインスタイン –

効果的な 授業 :生徒に良い影響を与える教育方法

席順に柔軟性を持たせると、厳しい席順で起こる典型的な問題点を解決します。変更可能な席順の場合、生徒は動き回って課題以外の会話によって刺激を受けて、動機づけられるようになる傾向が見られます。

ここでご紹介した内容は、各学年や各科目にも応用でき効果的な授業に役立ちます。学校側のサポートが得られないとしても、よりまとまった環境で、しかも自分の生徒達が楽しく興味をそそるような授業を目指すことができるはずです。

こちらの記事もおすすめです。
授業に「ゲーミフィケーション」を取り入れる方法とは?
わたしママ
で読むことができます。 わたしママ
授業に「ゲーミフィケーション」を取り入れる方法とは?

授業に ゲーミフィケーション を取り入れることが、教育現場で増々重要になってきています。ゲームは基本的に文化の一部なのです。そしてさらに大事なのは、遊びが学習となり、ゲームが学齢生徒の学校体験を大きく変える可能性を持っているということです。 ゲーミフィケーション を取り入れる方法を見ていきまし...



  • D. Christopher Brooks. Space and Consequences: The Impact of Different Formal Learning Spaces on Instructor and Student Behavior. University of Minnesota, 2012.
  • Sheryl Feinstein. From the Brain to the Classroom. Hardcover. 2014.