問題を抱えるティーンエイジャーのグループホームとは?

2019年11月9日
親にとって、自分の子供をグループホームに連れて行くという決断はとても難しいものです。子供にとっては良いことだと分かっていても、それを受け入れるのは簡単ではありません。

今回は問題を抱えるティーンのためのグループホームについて詳しくお伝えします。お子さんの更生を促すオプションとして考える時のヒントにしてみてください。

思春期は様々なことにぶつかったり、問題を抱えやすい時期す。中には特に反抗的で親にとって扱いがとても難しい子もいます。その時に絶対してはいけないが、無視をすること。口論や喧嘩をしたくないからとそのまま流してしまう親も少なくないのです。

ですがこの態度は時間と共に徐々に悪化してしまい、最終的には手の施しようがなくなることもあります。どうしようもなくなったら、必ず専門家の助けを借りましょう。

こちらもご覧ください 思春期になる前に子供が学ぶべき10の教訓とは?

 

問題行動のあるティーン

問題行動のあるティーンとの非常に複雑な状況に直面する親や教師はたくさんいます。ここ数年の社会問題のように感じるかも知れませんが、実はこれは昔からあること。

最近の問題とは、問題行動があるにも関わらずそれに対して何の処置も取られないという事実です。

子どもが意図的に基本的な素行から外れるような行動をとったとしても、親や保護者などがあまり気にしないケースが多いようです。いたずらや失礼な行動も、最初の頃であれば特に親は目をつぶり、そのまま受け流してしまいがちです。

怒っている子供 グループホーム

ですがそれは子供の行動に対して誤った分析をしており、親としての正しい行動を取ることが出来ていません。多くの場合は、子供の反応やそこから起きる争いを恐れているためです。

こちらもご覧ください 自分を傷つけてしまうティーンエイジャー:自傷行為について

 

助けを求める

子どもの行動に問題が生じ始めた時最初にすることは、親子関係の悪化を防ぐことです。それを防ぐベストな方法は、こういった事を専門としている心理学者の助けを借りること

ティーンの問題の原因は様々な要因が絡まったものです。育ちに関わるものもあれば、個人の性格が原因の場合もあります。

実際子供の行動に問題が出始めると、家族の関係が徐々に複雑になっていきます。ほとんどのティーンは自分自身の殻のこもり、より反抗的になります。そのため助けを借りることが重要となるのです。

心理学者によるサポートは、親に正しい選択をする勇気を与えてくれることもあります。また子供にとっても家族以外の、それも良し悪しを決めつけない第3者に話を聞いてもらうことが出来るという利点があります。

 

問題行動のレッドカード

問題を抱えるティーンと一緒に住むというのは簡単ではありません。ですので警告サインに注意を向けることが大切になります。行動を起こすべきタイミングを逃さないようにしましょう。場合によっては、ティーンのためのグループホームがとても役に立ちます。

普通、問題を抱えるティーンエイジャーは、社会に対して苛立ちと反抗心を抱いています。親子間の溝はどんどん深まっていきます。こういった子供たちは、学校でのアクティビティに対するモチベーションも低いです。また原因の不確かな落ち込みや不安を感じることもあります。

ティーンの問題 グループホーム

問題を抱えるティーンエイジャーは、将来についても無関心なことが多いようです。ドラッグやアルコールに手を出したり、食べ物も食べすぎたり、あるいはほとんど食べなかったりと極端です。

 

ティーンエイジャーのためのグループホームの目的

問題を抱えるティーンエイジャーへの対処法として、グループホームというオプションがあります。

ここでは様々な手法を通してセルフコントロールテクニックを発達させるサポートをします。また特定の社会的スキル、怒りの表現のコントロール法なども教えます。例えば許しを求めたり、交渉したり、人を助けたり、喧嘩にならない方法など。

ティーンエイジャーのためのグループホームとは、周りの社会へ溶け込む方法を学んだり、自尊心を改善する場所です。罰を与える場所ではありません。むしろポジティブな方向へ向かう励まし、人生の新たなフレーズへの一歩を踏み出すための勇気を与える場所なのです。