子どもに読書を教えるためのベストな方法を見てみよう!

07 4月, 2020
子どもが読書を習うことは、学校での学習で最も重要なことです。読書を教えるベストな方法を知っておくのは、親にも先生にも非常に大事なことなのです。
 

子どもが読書を習うことは、10歳になる前に教えられる最も重要なことです。子どもの知的発達のすべてにおいて、語彙を増やすことから主要科目の成績まで、読む力と関連しています。このように読書を教えるベストな方法を知っておくのは重要なのです。

子どもは誰でも同じような方法で読書を習うわけではありません。そこでいくつかの違う教授法があるのです。読書の教え方を探しているとき大事なのは、大抵の場合一つの方法に決めたら、それを継続することです。

しかし教師の場合は、多種の教授法や方針を組み合わせる方が良いでしょう。そうすることでクラスの子ども達のニーズに合わせることができます。生徒によって学習の特定な必要性がある場合には、特にそれが重要になってきます。

覚えておくべきコツは、子どもを動機づけてやる気を出すようにすることです。子どもが学校や学習一般に対して、ネガティブな考えを持たないように忍耐強く子どもに接してください。

読む以前のスキル

子どもは生まれた時から、読書をマスターするのに必要なスキルを習得し始めます。実にたった6か月の子どもでも、自分の母国語と外国語の音の違いをすでに分かっているのです。

 

2歳児になると、母国語の音素を理解して大体50語ほど口にすることができます。2~3歳の間に子どもはいくつかの文字を認識できるようになるでしょう。

微細運動能力が上達すると、書く、描く、形をまねる力を習得し、これらを組み合わせて文字を書き始めるのに役立つでしょう。

子どもの読む前のスキルを促すために、親としてできることがたくさんあります。本を読んであげる時に文字を指さすのも一つの方法です。子どもに今日一日の様子を聞いてみること、そして毎日子どもと話すことで、語る力が上達するようになるでしょう。

子どもを書店や図書館に連れて行って、一緒に読書することも重要です。子どもが両親、教師、お世話する人と共に読めば読むほど、読書が自然と家族で過ごす時間となるでしょう。

フォニックスで子どもに読書を教える

音素は最も小さい音韻単位で、母音と子音の最短分節です。音素は話し言葉の基本ユニットなのです。

アルファベットを使う言葉では、音が文字となり、文字が組み合わされて単語を表します。そこで読書というのは、単語を音の組み合わせに戻す(デコード)能力を各自が持ち合わせているかに拠ります。エンコードは読むことの反対で、スペルを学んで文字を組み立てていくことです。

音声メソッド(フォニックス)によって、音節、単語、フレーズを作る基となる、文字と音を読む方法を学びます。

最も簡単な音から徐々に複雑な音へと進歩していく方法です。まずは最初の文字を認識して、その音節を読むところから始まるので簡単です。難しい部分は、まず文字を読み、それからもっと上級の言葉へと進むところで、少しずつ文章全体が読めるという目標へたどり着きます。

 

これは子どもに読書を教える最も人気のある方法の一つであり、最もよく利用される方法でもあります。始めたばかりの頃は上達が遅いものなので、読むときに何度も止まってしまうかもしれません。しかし、初めは認識するプロセスがゆっくりと文字の間で「翻訳」していても、その内に自動的に流暢に読めるようになるでしょう。

肉眼で読む方法

この方法では、一単語ごとに読むように指導します。子どもは(音の組み合わせに)デコードする段階を飛ばして、単語の中の文字や分節を発音することすらしません。むしろ、書かれた単語を認識しながら読む方法を学ぶのです。

書かれた内容が重要なので、子どもにイメージを与えるのが役立ちます。より見慣れた単語を最初に見せておいて、それを短い文章の中で使い、そして最終的には長い文章の中でも認識できるようになるでしょう。子どもの語彙が増えてくると、その規則やパターンを引き出すことができるので、新しい言葉を読む時に役立ちます。

このメソッドで読むのは自動的なプロセスなので、時には「パッと見で読む方法」とも呼ばれます。いくつかの単語を何度か見ているうちに、子ども達は初めて見るボキャブラリーでも大体読めるようになるでしょう。

子どもに 読書 を教えるためのベストな方法とは?
 

言語体験方法

この言語体験というメソッドで読書を教えるのは、個別化された学習となります。この方法では各子どもに合わせた単語を教えます。これは子どもが聞き慣れている言葉を学ぶ方が簡単だという考え方に基いています。

教師と両親がこの方法を利用して、子どもの好きな単語が違う状況で使われている物語を作ります。子どもがその言葉について絵を描いて、それをまとめて綴じると特別な本を作ることもできます。

その単語を児童書の中で見つけたり、話の内容で子どもが知らない単語が出てきたら意味を言い当てることもできます。これは子どもの理解力を向上させる良い方法です。

つまり子どもに読書を教えるには、子どもが何を必要としているか、そして何に興味を持っているかを考慮することが欠かせません。子どもの成長具合をよく見て、子どもの具体的な必要性に常に注意するようにしましょう。

 
  • Lilliana Borrero Botero. Enseñando a leer: Teoría, práctica e intervención. Editorial Norma, 2008.