子どもの読解力を高めるのに効果的な7つの方法とは?

15 2月, 2020
今回は子どもの読解力を高める方法をご紹介します。この記事では、子どものコミュニケーションスキルの向上に役立つ方法についてもお話します。

子どもの学習を伸ばすためには、読解力を高めることが欠かせません。読んだことを理解できないと、子どもはこのとても重要なことをするのにイライラを感じてしまう恐れがあります。読解力とはつまり、文や文章を読んで言葉の意味を理解し、全体としての意味を理解する能力なのです。

「子どもは幼稚園から読み書きの能力に触れ始めますが、本当にその学習が始まるのは1年生になってからです。それぞれすでに身に着けている能力やリズム、ニーズに差があります。ですので、先生はそのすべてに対応できるようになる必要があります。」

なぜ自分の子どもは学校の成績が悪いのか、あるいは特定の科目の出来がよくないのかと不思議に思っているなら、お子さんの読解力をチェックすることが大切です。幸い、先生の助けを借りて、ご家庭で読解力を伸ばし強化することができます。

正しい方法を使えば、読解力の概念を確立し、そのレベルを高めてあげることができます。例えば、文字の読み方、推論的読み方、批判的読み方などをお子さんが学ぶのを手伝うことができるのです。

子どもの読解力を高めるには

1.つながりや関係をつくること

お子さんとなにかを読むときには、実際の生活とその概念をつなげて見せてあげましょう。実は、読んだものを記憶し価値のあるものにする一番のコツの一つは、それを応用できるということがわかることなのです。

まず、言葉でこれらの関係を確認するように言ってみましょう。その後、言葉に出さなくてもそれができるようになり、もっと楽しんで自立した方法で行えるようになります。

子ども 読解力

2.文を理解するための質問をしましょう

文の中の情報に関する質問をお子さんにすることで、カギを探すことを教えることになります。文と関わって自分に関係する情報を選び出すよう動機づけをしてあげましょう。

読解力を高い人の特徴の一つは、質問をして答えを探す能力です。一つの文からでも、その他の情報源でも構いません。

3.読解力を助ける精神的イメージをつくりましょう

文章は文字がただ羅列してある紙切れではありません。それはさまざまなものを発見し探検することのできる宇宙なのです。お子さんに自分の想像力を使って物語をイメージし、再現させてあげると、それをよく覚えられるようになります。

それをするのに使える方法が、子どもの視点で文脈や概念を絵にさせることです。目で読むだけでなく、五感すべてを使って覚えることができるからです。

4.読んだことについての仮説を立てましょう

文字通りでの理解レベルは、そのページ上の情報だけです。それを質問や答えで深めることができます。しかし、さらに上のレベルの理解があります。それは、子どもに状況の結果について考えさせるようなものです。

一方で、問題の原因について考えさせることもできます。お子さんが読んでいる本で、次に何が起こると思うかお子さんに質問してみましょう。

5.主なポイントや要素を特定しましょう

読んでいるものの要点を特定できることが大切です。つまり、話の発展に直接影響するような要素や性質です。

この意味では、お子さんにさまざまなジャンルの読み物を与えるのが良いでしょう。ノンフィクションやフィクション、冒険物語などもいいですね。こうすることで、タイトルや太字、イタリック、挿絵や表などの目印となるようなものについても学ぶことができます。

6.わからない部分を読みなおしましょう

最初に読んだときはすべてを理解することができないかもしれません。完全に理解するには同じ場所を数回読み直さなければならないこともよくあります。

さらに、読む度にその文章を理解するのに役立つ詳細をさらに学ぶことになるでしょう。実際、さっと読む方がいいこともあれば、声に出して読む方がいいこともあります。

子ども 読解力

7.知らない言葉はチェックしましょう

わからない言葉がたくさんあると、読んでいるものを完全に理解するのは難しいでしょう。さらに、定義を調べたり注釈を使うことで子どものボキャブラリーを増やすことにもなります。読むのが上手な人は、自分の書く分の中でも定義で遊ぶ能力を持っています。

最後に、この記事を読むとわかるように、子どもの読解力を高めるための方法は、子どものコミュニケーションや認知能力を高めることにもなります。これをご家庭で使うことで、お子さんの学校でのパフォーマンスを高めることができます。さらに、読んでいるときの批判的思考力も発達させることができるのです。