子どもにちょっと怖い本を読んであげる時のアドバイス

26 8月, 2019
6歳以下の子どもに怖い話をするときは、子どもは怖い話が好きだけれども見知らぬものは怖がるということを念頭に置いておかなければなりません。
 

子どもに怖い話をどんなふうにするべきか、というのは親がよく抱く疑問です。恐怖やリスキーな状況、悪いニュースから子どもを守りたいと思うのはもっともです。

しかし、だからといって怖い話を読んだり世界の悲しい現実について話すべきではないということではありません。子どもがそれを自分の中で処理し、必要な質問をし、恐怖に立ち向かいそれを乗り越えるということはとても重要なことです。

子どもは外からの影響をとても受けやすく、すぐに怖がってしまうということを心に留めておきましょう。ですので、子どもが怖い話をしてほしいと言ってきたら、恐怖を乗り越えるチャンスだと思ってそれを生かすことが大切です。子どもにお話をすると、子どもはそれを覚えていて、それについてよく考えます。

子どもの注意をしっかりと引くには、子どもが恐怖を克服できるように一緒に怖い話を読むことが大切です。先生や心理学者は、怖い話を読むことはエンターテインメントのためだけでなく、子どもの発達にとって重要な教訓になると言って怖い話を勧めています。

この記事では、お子さんに怖い話をどうやって読んだらいいかについてのアドバイス、そしてなぜ怖い話を読むべきなのかという主な理由についてお話します。

子どもに怖い話を読むことの重要性

子どもの年齢にもよりますが、子どもは様々なことに対して恐怖を感じているかもしれないということを知っておく必要があります。ある時点では愛されないことを恐れているかもしれませんし、または他の兄弟に比べて愛されていないことを恐れているかもしれません。

 

究極的には、あなたを失うこと、あるいはあなたとあなたのパートナ―が離婚することを恐れているということもあるかもしれません。また、死ぬことなど、たくさんのことを恐れています。

子ども 怖い話 読む

あなたが子どもにどれだけ話しをしていても、子どもはあなたに教えていない密かな恐怖を持っているものです。さらに、意識的な恐怖を抱いている子どももいます。

子どもが怖い話を読んだり、あなたが読み聞かせをしたりすることをお勧めします。そうすることで、自分の気持ちに取り組んで自分の感情を表現することができるからです。さらに、自分の恐怖に立ち無雁、それをコントロールすることができるようにもなります。

子どものための怖い話は恐怖に対処するためのベストな方法の一つです。その話の中で、勇気と知恵で障害物を乗り越える方法を教えてくれていることが多いからです。

子どもがこれらの物語を読むとき、子どもはヒーローやヒロインの良い特性と悪者や魔女の悪い特性に無意識に気が付きます。

6歳以下の子どもに怖い話をするとき

6歳以下の子どもに怖い話をするときは、子どもは怖い話が好きだけれども見知らぬものは怖がるということを念頭に置いておかなければなりません。または魔女や怪物などが大好きということもあります。

 

怖い話は、恐怖で身動きが取れなくなるべきではないということを子どもが理解することに役立ちます。さらに、子どもが自分の恐怖を克服すると、子どもは学び、つながり、シェアし、発見し、無条件に愛することについてよりオープンになります。

6歳以下の子どもに怖い話をするときには、以下のアドバイスに従うといいでしょう:

  • 魔女やバンパイア、幽霊、または適度に子どもを怖がらせるテーマを選びましょう。物語の中で怪物や幽霊の声を読むときは悪者の声を使いましょう。また、ユーモアは恐怖を克服するので、お話の中でジョークを言ったりしましょう。
  • お子さんが話を聞いている中で、子どもがする質問や子どもの抱く恐怖に注意を払いましょう。それと向き合う手助けをし、必要なら子どもの反応に合わせて物語を変えましょう。最も怖い部分は低い声のトーンで、ゆっくりと、声をあまり変えすぎずに読むといいでしょう。

7歳~11歳の子どもに怖い話をするとき

7歳~11歳の子どもに怖い話をするときは、この時期の子どもはとても外の影響を受けやすいということを知っておかなければなりません。以下のアドバイスに従うことをお勧めします:

  • 怖い話の中に、怖い部分とおもしろい部分を混ぜながら話しましょう。予期していない話の転換を織り込んでもいいでしょう。そうすることで子どもを笑わせ、同時にリラックスさせることもできます。それにより、より恐怖に対処しやすくなるのです。
子ども 怖い話
 

  • さらに、話の舞台を作るために声で遊ぶこともできます。音の真似をしたり、魔女のように笑ったり、悪いキャラクターを演じるために静かに話したり、サスペンス感を出すために一瞬間を置いたりしましょう。
  • または、部屋の照明を暗くしたりろうそくを点けることで部屋の雰囲気を出すのもいいでしょう。小さい子と同じように、ユーモアが恐怖を吹き飛ばすということを忘れてはいけません。お話を読みながら、子どもを笑わせることで子どもが恐怖を忘れるのを手助けしてあげましょう。
  • 最後に、怖い話を選ぶときに最も重要なことは、その対象年齢です。また、正義が悪を倒すという点も大切です。そして、子どもに恐怖について話すということは、子どもが人生のための準備をする手助けをすることなのだということを覚えておきましょう。