兄弟ができたときに知っておきたい:兄弟の嫉妬を避けるには?

2019年4月13日
嫉妬を絶対に感じないことはほとんど不可能でしょう。この感情を一生の中で感じたことのない人はいるでしょうか?ですので、新しい兄弟が誕生した際に、子どもが嫉妬を感じないようにすることは親にとって大きな課題となるでしょう。

新しい兄弟が家族にやってくると、親の愛情がなくなるかもしれないという脅威に対して、子どもが嫉妬を抱くのは自然な反応です。しかし、親からの愛情を競い合っている間にも、子どもはたくさんのことを学ぶことができます。今回は、兄弟がやってきても嫉妬することがないよう導いてあげるための方法をご紹介します。

 

次の子が生まれるのを待っている間にできること

新しい子どもの誕生は、家族にたくさんの変化をもたらします。年上の子どもは赤ちゃんの誕生を待っている間に間違った考えを持ってしまうかもしれません。ですので、兄弟が誕生する際に嫉妬を抱かないように、できるだけ早く心の準備をさせてあげることが役に立ちます。

まずは他の人から知らせを聞く前に、お腹に赤ちゃんがいることを子どもに教えてあげましょう。さらに、赤ちゃんは自分の力で生きていけないので、たくさんのケアが必要なんだということを子どもに説明する必要があります。これを行うために、お子さんが赤ちゃんだったころの写真や映像を見せてあげるとより理解しやすくなるでしょう。

また、赤ちゃんの誕生に備えて準備をするとき、お子さんも仲間に入れてみてください。お子さんにエコーを見せたり、赤ちゃんに話しかけるためにお腹に触らせてあげるのもいいでしょう。

兄弟が生まれる前の嫉妬の症状

全ての子どもが嫉妬を同じように表現するわけではありませんが、以下のような症状が現れることがあります:

  • 怒り、苦悶、不安、悲しみ。こういった感情は頭痛や不眠症、めまいなどの身体的な症状として現れることもあります。
  • 兄弟に対する完全な拒絶。
  • 幼児退行をして、幼い兄弟の真似をしようとするかもしれません。この場合、指しゃぶりなどすでにやらなくなった行動を再び行います。
  • どんなことをしてでも注意を引こうとし、兄弟のことを嫌うこともよくあります。
  • 攻撃的な態度を見せることもあります。言葉によるものから、物理的な攻撃に出ることさえあります。
兄弟間の嫉妬 兄弟 嫉妬

兄弟が生まれてから嫉妬を避けるには

もちろん、兄弟が誕生した時に嫉妬を避けるための魔法の方法は存在しません。しかし、正しいツールを使用すれば、この感情を正しい方向に向けるのを手伝ってあげられます。以下は実践的なアドバイスのいくつかです:

時間をとってあげましょう

お子さんと二人きりで充実した時間を過ごす努力をしましょう。この要素は、お子さんが新しい赤ちゃんの誕生で自分が取って代わられたと感じさせないためにとても大切です。

お子さんに手伝ってもらいましょう

新しい兄弟のお世話に関わらせましょう。お子さんの年齢にもよりますが、お兄ちゃんお姉ちゃんに課題を与えてもいいでしょう。こうすることで、お子さんに自分は重要な家族の一員だと感じさせることができます。もちろん、お子さんがやりたくないと言うなら無理強いしない方がいいでしょう。

お子さんに理解するよう教えましょう

お子さんに理解することの大切さを教えましょう。子どもが他の人の気持ちを理解できるようになることが必要です。ここでは、一番年上や年下になることの利点を教えてあげましょう。

「年上の子どもは赤ちゃんの誕生を待っている間に間違った考えを持ってしまうかもしれません。兄弟が誕生する際に嫉妬を抱かないように、できるだけ早く心の準備をさせてあげることが役に立ちます。」

子どもを平等に扱いましょう

それぞれの子どもとバランスよく関わるようにしましょう。愛情は平等に分けられるべきですが、多くの場合特別扱いをしなければならなくなるでしょう。こういった状況では、子どもの年齢と性格によって扱い方が変わります。

他の大人の助けを借りましょう

家族にも友達にも、一番年上の子のことを忘れないように言っておきましょう。そうしないと、あなたの努力や頑張ってきたことがくつがえってしまったり、子どもの身近な人によってそれが無かったことにされてしまうことさえあるからです。

シェアすることを教えましょう

子どもが自立性を発達させ、他の人を尊重できるよう手伝ってあげましょう。成長するにつれ、子どもは兄弟とスペースをシェアする方法がわかるようにならなければなりません。

状況に対処するときにやってはいけない5つのこと

新しい兄弟の誕生の時に、家族の関係を強化しながら嫉妬を避けたいと思っているなら、以下のアドバイスを念頭に置いておきましょう:

日課を変えないこと

新しい赤ちゃんの誕生前にお子さんが慣れている日課を変えてはいけません。同時にたくさんの変化が起こりすぎると、吸収するのが難しくなるからです。できれば、新しい赤ちゃんの誕生と引っ越しや転校などが同時に起こらないようにしましょう。

子どもは兄弟を欲しがっていないと考えないこと

嫉妬は、お子さんが兄弟を欲しがっていないというサインなんだと考えてはいけません。ほとんどの場合、お子さんは時間と共に、そして人として成熟するにつれて兄弟との間に切っても切れない愛情を持つようになります。

比較をしないこと

子どもを比較してはいけません。単純に客観的なコメントをしただけのように思われても、言い方次第でお子さんには大きな衝撃となる可能性があるのです。

兄弟に嫉妬しないように 兄弟 嫉妬

コメントに気を付けましょう

とがめるようなことや子どもの行動を誤解しているような発言は避けましょう。例えば、お子さんに「赤ちゃんに近づかないで」とか「赤ちゃんに触らないで」などと言うことで、お子さんが赤ちゃんを拒絶するようになってしまう恐れがあるのです。

必要なら訂正しましょう

悪い行動は訂正し、それをさせないようにしましょう。赤ちゃんをけなしたり、ひやかしたり、脅したりすることで注意を引こうとする子どももいます。こういった感情を非難するべきではありませんが、間違った行いをしたときに褒めてはいけません。

 

つまり、新しい兄弟の誕生の際に嫉妬を避けることは、実質的には不可能です。しかし、忍耐強く愛情を与えることでお子さんがこういった感情をコントロールする手助けをすることはできます。こうすることで、お子さんは共生すること、自分の責任を受け入れること、そしてお互いに尊重しあうことを学んでいきます。