子どもが叫ぶ理由とその対処法について見てみよう!

2019年7月14日
子どもが叫んでいる時、どうしたらいいかわかりませんよね。しかし、あなたのリアクションを通して子どもは叫んでも何も得れないということを理解していきます。何かのアクティビティで子どもの気をそらすことも有効です。

子どもが叫ぶことは、あなたのサポートがあれば簡単に乗り越えられるステップかもしれませんが、子どもの環境によって引き起こされた習慣の場合それが継続してしまうこともあります。子どもは叫ぶことで注目を集めようとします。この状態への解決法を見出したい場合は、この記事を参考にしてみてください。

子どもはなぜ叫ぶのか

子どもが声のトーンや時間を考えずに叫んでしまうよくある理由のいくつかを以下に挙げました。

あなたの注意を引くため

子どもが小さいときは自分の声のトーンをうまく調節できません。特定の状況でどれくらいの声の大きさで話せばいいのかもわかりません。ですので、子どもが何かワクワクするものをあなたに見せたいときに叫んでしまうのは普通のことなのです。

会話を通して、人前にいる時に自己表現するときにどんな風にしたらいいのかを教え、子どもが理解できるシンプルな理由を説明しましょう。

子ども 叫ぶ 理由

何かを得るためのかんしゃく

子どもの要求を断ると、子どもはきっとかんしゃくを起こすでしょう。すぐに叫び始め、泣いたりドラマチックに怒りをぶちまけます。

 

こういったかんしゃくは、家の中でも外でも起こります。これは2歳から4歳の間の子どもに典型的です。その場合、この問題を徐々に解決することにおいてあなたのかんしゃくに対するリアクションがカギとなります。

まねをしている

子どもはまねすることで学びます。ですので家族の誰かから自己表現する際に叫ぶという方法を学んだのかもしれません。静かな環境では声のトーンを抑えるように一緒に練習しましょう。

子どもが叫んでいるときにとるべき行動

子どもがかんしゃくを起こしたときには、断固とした態度をとりましょう。根負けして子どもが欲しいものを与えてはいけません。そうすると、これが自分の気持ちを表現する方法なのだと子どもに教えることになってしまうからです。少しずつ、自分の欲しいものがいつも手に入るわけではないということを子どもは理解していきます。

子どもと交渉しようとしてみましょう。例えば、家の手伝いをしたらおかしをあげるね、といったように。子どもにその特定の家事は自分だけで行わなければならないと伝えましょう。

子どもをどなりつけてはいけません。長い目で見ると、それはこの問題を悪化させるだけだからです。子どもに叫ぶことは反応する方法として有効であると教えてしまうことになり、子どもは一番大きな声で叫んだ人が勝つと思ってしまうからです。

子どもが叫ばないようにするにはどうすればいいの?

目標は、叫んでもなにも得られないということを子どもに理解させることです。子どもと対話をし、叫んでいると何を言っているのかわからないということを説明しましょう。または子どもが叫びすぎると、声が枯れてしまうということを伝えるのもいいでしょう。

子ども かんしゃく 対処法

お子さんが会話を理解するには小さすぎる時は、以下のアドバイスを使ってみてください。

  • 基本的なニーズを満たしてあげましょう。長い間お子さんと一緒に家をあけるときは、お子さんのお腹がいっぱいで、よく寝て、トイレにいった後にしましょう。そうすることで不機嫌になったりかんしゃくを起こさなくなることに役立ちます。
  • 一緒に叫ぶ時間を取りましょう。叫び対決にしてしまうことが、子どもに協力してもらうのにベストな方法なのです。こうすることで話しているときに叫びたくなる気持ちや声を荒げたいという気持ちを抑えることにもなります。最後に、これからは静かな声で話そうね、と伝えましょう。
  • 子どもを楽しませましょう。楽しいアクティビティをして、かんしゃくを起こすような機会をなくしましょう。
  • 良い態度でいられたときは褒めてあげましょう。お子さんが良い態度でいられたことがとてもうれしいと伝え、それに対するご褒美をあげましょう。もちろん、子どもがかんしゃくを起こしているときにそれを行ってはいけません。そうすると子どもは自分の欲しいものを得るための方法とかんしゃくを結び付けてしまうからです。

子どもは教わったことをすぐに忘れてしまうので、忍耐強くいることが大切です。そのため、お子さんが叫ばないようになるためには何度も何度も教えてあげなければなりません。