ペットに赤ちゃんを迎える準備をさせよう

22 2月, 2019
今日の記事では家庭に新しく赤ちゃんを迎える際、ペットにその準備をさせることの大切さについてお話します。ぜひチェックしておきたい使えるアドバイスもご紹介します。
 

新しく赤ちゃんを迎える時にペットにその準備をさせるための使えるアドバイスをチェックしてみてください。

赤ちゃんの誕生とは赤ちゃんをおうちに連れて帰るまでの9カ月間の冒険です。家族にとって最初の赤ちゃんなら、そのプロセスはもっと大変なものになるでしょう。妊娠のプロセスと新生児を迎えることをさらに大変にする要素としては、すでに家族であるペットの存在があります。あなたの家族にも当てはまるなら、お子さんの誕生の前にペットにしっかり準備をさせることが重要です。

 

親が新しく生まれた息子や娘に全ての注意を向けることは当たり前のことです。しかし、これは家にペットがいる場合問題になることもあります。

あなたのペットはかつて受けていたのと同じだけの注目を得ることができず、それが態度の変化を引き起こすことがあるのです。一般的には、不安になるか、憂鬱になるかのどちらかです。

ペットは変化によって苦しむ

ペットの環境に変化が起こると、ペットはそれをすぐに感じ取ります。この場合は猫や犬ですが、もちろんその好奇心のために怖がってしまうということはとてもよくあることなのです。

ですが、動物がどのように反応するかを知ることは不可能ですし、私たちにできるのは推測だけです。全く同じように、新生児の誕生に備えて、ペットに準備をさせることがベストなのです。これは大きな変化ですからね。

目標は、ペットに新生児の誕生を怖がるのではなく、わくわくしてもらうことです。ペットが怖がっていると、不適切な反応をするかもしれないからです。

 
ペットに赤ちゃんを迎える準備をさせる

ペットに赤ちゃんの誕生の準備をさせるには

赤ちゃんの誕生のずっと前に、あらゆる予期せぬ状況に対して、ペットに準備をさせなければなりません。赤ちゃんは驚きに満ちていて、赤ちゃんが家にいるとどんなことでも起こりえるということを覚えておきましょう。

 

ペットにとって快適な場所を探しましょう

これはまず最初に考えなければならないことです。ペットが一切の制限なく走り回ることに慣れている場合は特にそうです。

そして家の中にはペットが入ってはいけない場所があるということを学ばせる必要もあるかもしれません。

例えば猫を飼っている場合、赤ちゃんの部屋に入ってはいけないということを教えなければなりません。猫のような動物はどんな側面でもジャンプして登ることができるので、新生児にとって安全とは言えませんよね。

また、赤ちゃんのベビーベッドに登ったり、その中で寝ないように猫に教えることも特に重要です。

犬については、赤ちゃんと仲良くし、辛抱強くいることを教えなければなりません。もちろん、細かい所は犬種とこれまで一緒に過ごしてきた時間にもよります。

犬の中には子どもを守る役になって、お世話をするためにベビーベッドやベッドの下で寝たりする犬もいます。

 

新しいアクティビティを探しましょう

猫や犬にお子さんの誕生の準備をさせるためには、あなたがいなくても楽しめるアクティビティを見つけてあげる必要があります。これはペットがあなたの後をついてまわって多くの時間を過ごすことになれている場合は特にそうです。

新生児がやってくると、何時間も新生児に注意を向けていなければなりません。ペットはすぐに自分は取って代わられたと思い、落ち込んでしまいます。

ペットに新しい音に慣れさせましょう

動物はとても発達した聴覚を持っていますよね。それは人間よりもずっと優れています。ペットは長時間赤ちゃんが泣くのにもおそらく我慢しなければならなくなるでしょうし、それにより怖気づいてしまう恐れがあります。

ペットが怖がり過ぎないようにするためには赤ちゃんの泣き声の録音を使うという方法があります。または、ラジオを小さなボリュームでつけっぱなしにするというやり方もおすすめです。それにより、犬や猫が自分の環境の中で特定の量の音を聞くことに慣れることができるのです。

赤ちゃんの部屋に慣れさせましょう

あなたはおそらく赤ちゃんの部屋で何時間も過ごすことになるでしょう。ですので、ペットにも事前にこの現実への準備をさせてあげましょう。

あなたがその部屋で時間を過ごすのを見ることに慣れさせるのです。さらに、さまざまな赤ちゃんグッズにも親しませるようにしましょう。赤ちゃんのシャンプーやローションのにおいをかがせ、赤ちゃんのおもちゃの音を聞かせ、赤ちゃんの服を見せてあげましょう。

 

こうすることで、ペットはあなたの赤ちゃんもあなたの家族の一員なのだということを理解します。

赤ちゃんを迎える   ペット   準備

新生児を迎えてから

家族に新しくメンバーが加わることへ、ペットに準備をさせる上でのコツがいくつかおわかりになったと思います。しかし、赤ちゃんが家にやってきてからのことについて、話しておくべき大切なことがあります。

まず、ペットを仲間はずれにすることは避けましょう。ペットにもあいさつをして愛情をかけてあげるのです。ペットにあなたがどれだけペットのことを愛しているか、そしてペットがどんなに良い子かということを思い出させてあげましょう。

ペットが怖がらないように、少しずつ赤ちゃんを紹介しましょう。だんだんあなたの猫や犬も新しい息子や娘の匂いや存在に慣れていくでしょう。

新生児との最初の数か月

最初は、ペットが入らないように赤ちゃんの部屋の入り口にはゲートを設置するのがベストです。より大丈夫だと感じるようになったら、限られた時間あなたと一緒に部屋に入ることを許してもいいでしょう。

赤ちゃんが小さいうちは、決してペットと赤ちゃんを二人きりにしてはいけません。猫や犬は赤ちゃんを必ずしも傷つけようとしているわけではありませんが、急な動きで赤ちゃんに怪我をさせたくないですよね。

 

ペットが乱暴な遊び方に慣れていない場合は、赤ちゃんがはいはいをし始める前に準備をしてあげましょう。赤ちゃんは危険を予知することができません。赤ちゃんは好奇心から猫や犬を引っ張ったり、つねったり、押したりするかもしれません。

赤ちゃんがはいはいを始める時には、赤ちゃんはすでにペットと強い絆を作っている可能性が高いでしょう。しかし、赤ちゃんがペットと関わっているときは必ず傍にいて見守ってあげましょう。